「試験運用」とは?

関連ニュース

移動無料化へ! 新サービス「nommoc」βテスト参加者募集! - 08月22日(木)16:00 

電車、バス、新幹線、飛行機……移動手段は多いが、お金がかかる。遠出をしたくても交通費がかさむから近場にしたという経験はないだろうか? 株式会社nommocは移動無料化へ向けた新サービス「nommoc」を開発。サービス開始に先駆け、東京エリアでβテストを行うため、参加者の募集を開始した。 「nommoc」とは 「nommoc」とは、スマートフォンアプリで配⾞し、目的地まで無料で乗れるサービスである。アプリを立ち上げ、性別や年齢、趣味嗜好を入力し、表示されるマップ上で乗車位置を指定すると配車されるというものだ。車内ではユーザーに関心のある情報(広告)を見ることができる。 将来的にはAIを導入予定で、行動パターンを分析し、先回りして配車することも可能になるとのこと。また、好みを学習し、おすすめのスポットや情報を教えるサービスも展開するそうだ。 βテスト参加者募集要項 参加にはスマートフォンアプリの事前ダウンロード・アカウント登録が必要(対応機種iOS11.0以降)。アカウント登録でエントリー完了となる。なお、アカウント登録の締切は8月24日(土)15:00まで。当日は、参加可能な時間にnommocの車両で移動するのみ。 実施日時は、8月28日(水)、29日(木)、30日(金)10:00-20:00の3日間で、エリアは、渋谷区、新宿区、世田谷区、目黒区、千代田区、港区、中央区、江東区(一部...more
カテゴリー:

ユニクロとジーユー、Googleの画像分析AI活用した「着こなし検索アプリ」 - 08月21日(水)09:50 

ユニクロとジーユーは8月20日、両社で共同企画・開発した着こなし検索アプリ「StyleHint(スタイルヒント)」を今秋に公開する予定だと発表した。公開に先駆け、試験運用を同日から開始し、ユニクロとジーユーの会員など約1万名が参加する予定。
カテゴリー:

110番現場ライブ中継 実証実験始まる 状況素早く把握 ただし有料 - 08月19日(月)16:15 

 スマートフォンのビデオ通話機能を使って、110番の通報者に交通事故や災害の現場を詳しく知らせてもらう実証実験を、兵庫県警が20日から始める。現場の状況を素早く正確に把握し、警察官を現場にどう配置すべきか判断するのが狙い。来月10日までに試験運用して効果を検証し、来年度からの本格導入を目指す。県警に
カテゴリー:

東京五輪ゴルフで使用のリザルトシステムが公開 - 08月15日(木)14:08 

20年東京オリンピック(五輪)ゴルフ競技テストイベントとなる日本ジュニア選手権(埼玉・霞ケ関CC)で試験運用されているリザルトシステムが15日、五輪組織委員会から公開された。 五輪で使用される霞ケ関CC東コースの各ホールに1台あたり2人…
カテゴリー:

小田急電鉄、傘シェアリング「アイカサ」新宿エリアで試験運用開始 - 08月09日(金)17:21 

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する「Nature Innovation Group」と小田急電鉄は、新宿駅周辺で「アイカサ」の試験運用を14日から実施する。新宿駅西口地上改札外・地下改札外、南口改札外など10カ所に傘スポットを設ける。
カテゴリー:

ユニクロとジーユー 着こなし検索アプリ試験運用開始 - 08月22日(木)06:30 

 ユニクロとジーユーは、今秋公開を予定している着こなし検索アプリケーション「スタイルヒント」の試験運用を20日から開始した。ユニクロ、ジーユーの会員など約1万人が参加し、先行モニターの意見をもとにサービス内容を改善...
カテゴリー:

ファストリが画像認識を搭載したアプリを今秋ローンチ グーグルとの協業の一環 | WWD JAPAN.com - 08月20日(火)17:33 

ファストリが画像認識を搭載したアプリを今秋ローンチ グーグルとの協業の一環 | WWD JAPAN.comアプリ「スタイルヒント」のイメージ画像 ファーストリテイリング(以下、ファストリ)傘下のユニクロ、ジーユーは共同で、グーグルの解析サービスを活用した“着こなし検索アプリ”「スタイルヒント(StyleHint)」を今秋ローンチする。サービス開始に先駆けて8月20日から試験運用を行っており、「ユニクロ(UNIQLO)」「...
カテゴリー:

英国、ハンズフリー使用時を含めた自動車運転中のモバイルデバイス使用禁止を検討 - 08月17日(土)11:39 

英国でハンズフリーデバイス使用時も含め、自動車運転中のモバイルデバイス使用禁止が検討されている(BBC Newsの記事、 Neowinの記事、 英下院運輸委員会の報告書)。 英国では2003年に自動車運転中の携帯電話使用が禁じられたが、ハンズフリーによる使用禁止は取り締まりが難しいなどとして適用が見送られた。しかし、その後も運転中のモバイルデバイス使用が原因の一つとみられる交通事故が多数発生している。ある専門家は下院運輸委員会に対し、ハンズフリー通話による集中力低下はイングランドとウェールズにおけるアルコール血中濃度の法定レベルと同等だと述べたという。 そのため運輸委員会ではハンズフリーを合法とする現在の法律が運転中のハンズフリー使用を安全だという誤った認識を与えるとし、規制が難しいからという理由だけで許可すべきではないとの考えを示している。また、ハンズフリーやカーナビなどを含む運転中のモバイルデバイス使用に関するリスクだけでなく禁止による影響や取り締まりの現実性も検討する必要があるとしつつ、運転中のモバイルデバイス使用禁止の対象拡大について2019年中に意見募集を行うよう政府に勧告している。なお、これにより交通法規が変更されても、個別に交通法規を定める北アイルランドには適用されないとのことだ。 すべて読む | モバイルセクション | モバイル | ...more
カテゴリー:

Chromeがネイティブlazy-loadをサポート、JSなしで画像を遅延読み込み可能に | 海外SEO情報ブログ - 08月15日(木)07:24 

Chromeがネイティブlazy-loadをサポート、JSなしで画像を遅延読み込み可能に | 海外SEO情報ブログ[レベル: 上級] Google Chrome 76 がネイティブ lazy-load をサポートするようになりました。 JavaScript のライブラリを利用することなく、ブラウザの標準機能として画像の遅延読み込みが可能になります。 ネイティブ lazy-load は開発版 Chrome (Canary) で試験運用されていました。 自動で遅延読み込み 次の動画は子...
カテゴリー:

トランプ大統領、「銃乱射犯を事前に検知する技術」の開発を求める - 08月07日(水)16:38 

米国では銃乱射事件が相次いで起きているが(過去記事)、これを受けて米トランプ大統領が司法省やソーシャルメディアを運営する企業に対し、大量殺人事件を起こしそうな人を検出するツールを開発するよう求めたという(Verge)。 「ツール」が具体的にどのようなものなのかトランプ大統領は明かしていないが、プラットフォーム上での活動履歴からユーザーの活動予測を行って事件を起こしそうな人物を事前にあぶり出すというようなシステムを想定していると思われる。 すべて読む | ITセクション | 犯罪 | ソフトウェア | SNS | アメリカ合衆国 | 関連ストーリー: 米フロリダ州で開催されていたゲーム大会で銃乱射事件が発生、複数の死傷者が出る 2018年08月27日 米国の犯罪予知システム、効果がないとして使用を取りやめる警察署が相次ぐ 2019年07月13日 米サンタクルーズ、「犯罪予知システム」を試験運用 2011年08月20日 イギリス警察、AIを使って犯罪を犯す可能性のある人に「危険スコア」を付けるシステムをテスト運用 2018年12月06日 神奈川県警が犯罪発生をAIで予測するシステム導入、2020年頃に試験運用目指す 20...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「試験運用」の画像

もっと見る

「試験運用」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる