「試験活用」とは?

関連ニュース

【「ベネッセ」の教育利権】#英語民間試験 ごり推しの裏に…高校も大学も逆らえない - 11月15日(金)05:41  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592186-shincho-pol 英語民間試験ごり推しの裏に「ベネッセ」の教育利権…高校も大学も逆らえない 11/13(水) 5:58配信 欠陥を指摘されても準備の遅れが露呈しても、文部科学省がかたくなに見切り発車しようとした、大学入試共通テストの英語民間試験活用。萩生田文科相のおかげで欠陥がわかりやすく伝わり、見送られたが、そもそも問題は、入試改革が某企業ファーストであることにあった。  教育現場の大混乱を受けて、全国高等学校長協会が見送りを強く主張していた...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】来年度から始まる大学入学共通テスト。民.. - 11月10日(日)06:15 

【政治】来年度から始まる大学入学共通テスト。民間試験活用に至る経緯もさることながら、ベネッセ主催「GTEC」の採用基準、同社関連法人による国数の記述式問題の採点業務の受注決定などベネッセをめぐる疑惑が噴出しています。
カテゴリー:

「大学入学共通テスト」の英語試験民間活用延期を.. - 11月09日(土)06:30 

「大学入学共通テスト」の英語試験民間活用延期を公表した萩生田文科相。受験生の声を受け止める気はない模様。テスト中止を求める約4万2000人分の署名について「読まれましたか」と問われるも「暇がなかった」と答弁。悪びれた様子もありませんでした。
カテゴリー:

英語試験民間活用の延期を公表した萩生田文科相で.. - 11月08日(金)16:23 

英語試験民間活用の延期を公表した萩生田文科相ですが、大混乱した受験生の声を受け止める気はサラサラないようです。大学入学共通テストの中止を求める約4万2000人分の署名について、「読まれましたか?」と問われた萩生田氏は、「読む暇がなかった」と答弁。少しも悪びれた様子もありませんでした。
カテゴリー:

英語民間試験延期 萩生田文科相記者会見 全文 - 11月01日(金)12:45 

 萩生田光一文部科学相の1日の閣議後記者会見での主な発言は以下の通り。  冒頭、私から大学入試英語成績提供システムにかかる今後の方針を報告する。私は就任以来、試験を受ける高校生のことを一番に思いながら、英語民間試験活用のための大学入試英語成績提供システムのあり方について、これまでの進捗(しんちょく)
カテゴリー:

【逃がすな!許すな!】英語民間試験 123億利権に群がった役人・教育者・企業たち - 11月11日(月)22:00  newsplus

英語民間試験 123億利権に群がった役人・教育者・企業たち 2019.11.11 07:00 「身の丈に合わせて頑張って」──。萩生田光一文科相の失言は受験生やその親を憤慨させ、準備不足も露呈したことで「英語民間試験」は延期に追い込まれた。背後にある教育を“食い物”にする構図とは──。ノンフィクション作家の広野真嗣氏がレポートする。  文科省の調査によれば、2020年度で123万人が受けると見込まれていた。試験の価格帯は5000円台から2万5000円台と幅があるが、仮に中間値の1万円をとって掛け算すれば123億円の巨大市場が出現すること...
»続きを読む
カテゴリー:

来年度から始まる大学入学共通テスト。民間試験活.. - 11月09日(土)14:40 

来年度から始まる大学入学共通テスト。民間試験活用に至る経緯もさることながら、ベネッセが政界といかにしてつながり、文科省との“蜜月”関係を築いていったのか、キーマンは下村元文科相だといいます。記事は本日の15面に掲載。日刊ゲンダイは駅売店かコンビニで。
カテゴリー:

共通テスト 受験生も野党も「記述式も延期を」 政府・与党にも懸念 - 11月08日(金)21:57 

 2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストを巡り、事実上の白紙に追い込まれた英語の民間試験活用に続いて国語と数学Ⅰ・Aに導入される記述式問題についても高校生らの不安が広がっている。世論の動きに敏感な政府・与党内にも、記述式問題が「英語の二の舞い」になることへの懸念が出始
カテゴリー:

「たがが外れた安倍政権締め直す」 野党、対決姿勢強める 英語民間試験見送りで勢い - 11月01日(金)19:27 

 野党は、大学入学共通テストへの英語民間試験活用を見直しに追い込んだことに勢いづく。6、8両日の衆参予算委員会で、民間試験を巡る混乱や閣僚辞任が相次いだことへの責任を安倍晋三首相にただし、政権との対決色を強める構えだ。
カテゴリー:

英語民間検定試験、大学入試への導入見送り。その経緯は? - 11月01日(金)12:24 

文部科学省が2020年4月から導入する予定だった「大学入試英語成績提供システム」について、萩生田光一文部科学大臣は11月1日、実施を見送ることを発表した。民間試験の活用の有無も含めて検討を進め、2024年度での新制度の導入を目指すという。英語の民間試験は、なぜ大学入試の合否判定に使われようとされ、反対の声が上がっていたのか。その経緯を振り返る。■なぜ民間試験?鍵は「4技能」文部科学省が英語の民間試験活用に踏み切った背景には、英語を用いたコミュニケーション能力に課題があるという問題意識がある。高校3年生の英語力について特に「話す」「書く」能力に課題があるとして、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランス良く伸ばすことが重要だとしている。一方で、現在の大学入試センター試験で測れるのは「読む(リーディング)」と「聞く(リスニング)」の2つの分野のみ。この試験で「話す」「書く」力を測定することについて、文科省は「日程面も含めて現状において実現は極めて困難」としている。そこで文科省は「話す」「書く」力も試される民間の英語試験を大学入試の合否判定に使えるようにすることで、高校で行われる受験を意識した英語教育を改善させようと考えたのだ。■2回分のスコアを登録実施された場合、どのような運用になるのか。文科省の資料によると、受験生はまず「共通ID」の交付を受け、国が選んだ民間事業者の試験を受...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「試験活用」の画像

もっと見る

「試験活用」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる