「試験方法」とは?

関連ニュース

マイクロバイオームの研究成果をいち早く消費者に届けたいスタートアップの挑戦 - 04月19日(金)18:30 

2009年、米国立衛生研究所は、ヒトの腸に棲息する無数の微生物とヒトの総体的な健康との関係を解明する新分野の医療研究を促進するために、1億5000万ドル(約168億円)規模のプロジェクトを立ち上げた。 さらにその10年前から発達を遂げた遺伝学を採り入れ、この新分野の研究者は、ヒトのゲノムだけでなく、ヒトの体内に棲息する微生物の遺伝子配列をマッピングして、その機能と、宿主であるヒトの健康を保つ役割の特定を進めてきた。 10年後、投資家たちはその結果を商品化しようと、 uBiome、Viome, Finch Therapeutics, Kallyope, Second Genome, Human Longevity, Maat Pharma, Seedなどなどといった数多くのスタートアップ企業に多額の資金援助を行っている。 全体としてそれらの企業には、5億ドルを超える資金が投入された。 そうしたなかで、uBiome、Viome、Finch Therapeutics、Kallyope、Second Genome、Human Longevity、Maat Pharma、Seedといった企業は、大手製薬企業の世界に正面から乗り込み、正道の研究技術や治験を通して病気の治療法を開発している。 その一方で、uBiomeやViomeなどは、まずは消費者と直接向き合うことにした。一般消費者向けのマイク...more
カテゴリー:

風や重さにふんばりが効く ふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤ DUNLOP「エナセーブ RV505」新発売 - 04月19日(金)10:00 

2019年4月19日 住友ゴム工業(株) 風や重さにふんばりが効く ふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤ DUNLOP(ダンロップ)「エナセーブ RV505(アールブイゴーマルゴ)」新発売  住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、ミニバン特有のカーブや横風によるふらつきを抑えるとともに、ライフ性能、静粛性能も向上させ安全性能と快適性能を高次元で兼ね備えたミニバン専用タイヤDUNLOP「エナセーブ RV505」を2019年6月1日から発売します。発売サイズは48サイズで、価格はオープン価格です。  DUNLOP「エナセーブ RV505」は、新開発の「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」を採用することで多人数乗車でのカーブ時や不意な横風により発生するミニバン特有のふらつきを抑制し、耐ふらつき性能を19%向上※させ安定した直進・コーナリング性能を実現しました。また、耐偏摩耗性能を53%向上※させロングライフも実現しています。さらに新プロファイルと新カオスピッチ配列の採用により静粛性能を高めることで、静かで快適な車内環境を実現しています。  ※従来品「エナセーブRV504」との比較(以下同様) <3リブパターン>  <4リブパターン> タイヤ幅205以下   タイヤ幅215以上 ■特長 〇ミニバン特有のふらつきを抑制し...more
カテゴリー:

「試験方法」の画像

もっと見る

「試験方法」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる