「評論家」とは?

関連ニュース

【芸能】 AKB48が、誰もが知っているメンバーがいなくてもミリオンセラーを連発できる理由 - 03月28日(土)17:02  mnewsplus

3月18日に発売されたAKB48の最新シングル「失恋、ありがとう」が、初週に116万7千枚を売り上げ、 オリコン週間ランキングで1位を獲得した。これでミリオンセラーを記録したシングルは38作連続で通算39作目。 1位となったシングルは通算44作で、44作連続の記録を更新した。 選抜総選挙でV3を達成した指原莉乃の卒業や地上波冠番組の終了、そしてNGT48メンバーへの暴行問題、 総選挙実施の中止など、昨年はAKBグループにとって逆風が吹き荒れた。それでも、今なお売れ続けている。 結成から15年となる現在までの人気持続の秘密は...
»続きを読む
カテゴリー:

評論家が観るスカーレットvol.9「スリリングに効果的」 - 03月27日(金)20:00 

数々の映画メディアで活躍し、本サイトLmaga.jpの映画ブレーンでもある評論家・ミルクマン斉藤。映画の枠に収まらず多方面に広く精通する彼は、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)も注意深くチェックするという。『スカーレット』第 […]
カテゴリー:

ほんこんさん「情弱は絡んでくんな!嫌いなら見なきゃええやん!わたいらの立場がって感じかウヒヒ」 - 03月27日(金)17:02  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif ほんこん ⁦‪@hong2010kong また情弱な方が絡んでくる 評論家推しの、、、、 時間の無駄やからブロック なんで嫌いやのに見るのかな 理解に苦しむと思うやろ そんな方の気持ちは理解できるのよね~ 絡んでくるのはそれ言われたら「わたいらの立場が」って感じ 知らんけど。 屁こいて寝やんとこウッヒヒ! ソース ...
»続きを読む
カテゴリー:

財前直見「美食探偵 明智五郎」で中村倫也の母役演じる 明智家の全容が徐々に明らかに - 03月27日(金)13:12 

4月12日スタートの日本テレビ系新日曜ドラマ(よる10時30分放送)『美食探偵 明智五郎』。東村アキコ初サスペンス漫画が原作で、中村倫也がGP帯初主演の連続ドラマ。中村演じる探偵・明智五郎が類まれなグルメの知識を使って、殺人事件を解決しながら殺人鬼へと変貌する主婦と対決する“恋する毒殺サスペンス”となる今作。この度、超グルメな探偵、五郎の超・味オンチな母親、明智寿々栄役に財前直見が決定した。寿々栄はドラマ本編には第2話より出演する予定。また、明智家を守る執事の小松崎役には個性派俳優のモロ師岡が決定。寿々栄の夫で五郎の父である明智大五郎役には、『スッキリ』の水曜コメンテーターとしても活躍する評論家の宮崎哲弥が決定。尚、大五郎は写真のみの出演となる。個性的な面々が彩る明智家。超変わり者の探偵・明智五郎が、なぜ明智五郎たるに至ったのか?その秘密も追って明らかになる予定!■財前直見 コメント明智五郎の母、寿々栄を演じさせていただきます。扇屋百貨店の副社長であり、美食家の五郎の母なのに、高級料理にソースをドバドバかけて食べてしまう“超”がつく程の味音痴。ある意味反面教師!子供のことを愛しているのだけれど、何処か不器用で面白いキャラクターだと思います。息子の五郎役の中村倫也さんは、原作にぴったりの麗しさと優雅さを持っていて、食...more
カテゴリー:

旅行に和牛商品券…安倍自民“支援者優遇”経済対策で30兆円 - 03月27日(金)08:51  seijinewsplus

 安倍政権が検討中の新型コロナの感染拡大に伴う緊急経済対策が、事業規模30兆円超にもかかわらず「効果なし」と悪評が飛び始めている。  国内外で不要不急の外出禁止令が出されているのに、外食や旅行代金の一部助成が可能な商品券の発行を検討。さらに、和牛の消費を促すための商品券まで検討しているというからワケが分からない。  さすがにSNSでは、〈旅行はコロナ対策と矛盾する〉〈何で和牛だけ???〉といった声が上がる。匿名掲示板「2ちゃんねる」創設者の西村博之氏も〈バカなの?〉と酷評だ。 ■業界団体会長...
»続きを読む
カテゴリー:

松崎健夫の平成映画興行史 平成十一年 「それでも人は、人類滅亡の危機を観たくなる」 - 03月28日(土)13:25 

1999年に世界は滅ばなかった<1999年7か月、空から恐怖の大魔王が来るだろう>、その一文を"世界の終わり"或いは"人類の滅亡"と信じた世代がある。1973年に出版されベストセラーとなった「ノストラダムスの大予言」は、16世紀ルネサンス期のフランスで医師・占星術師だったミシェル・ド・ノートルダムの詩集を参考にした書籍。彼の人生を詩に照らし合わせながら独自に解釈することで、<1999年7か月、空から恐怖の大魔王が来るだろう>という一文を<人類を滅亡させる何かが起こるだろう>と意訳・解釈させたのだ。ちなみに、ミシェル・ド・ノートルダムのペンネームが"ノストラダムス"。この"大予言"は社会現象ともなり、中野昭慶を特技監督に迎えた舛田利雄監督の『ノストラダムスの大予言』(74)として映画化もされている。"大予言"に対してはさまざまな検証が行われ、後に「限りなく創作に近い」との見解が支持されているが、ここでは問わない。当時の広告には<150万部突破 戦後15冊目のミリオンセラー>との惹句を確認できる(最終的な発行部数は209万部と記録されている)が、最も"大予言"の影響を受けたのは、件の書籍を読んでいない当時の子どもたちだった。繰り返し制作されたテレビの特番で"人類滅亡"の恐怖を煽られ、放送翌日の教室では、四半世紀先の未来に対する不安で泣きだす生徒もいた。それはそうだろう、子供にとっては余...more
カテゴリー:

外出自粛要請も新学期再開に尾木ママ「意味不明」 - 03月27日(金)17:36 

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が、新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛要請が出ている状況で、新学期から学校を再開する政府の方針に、「意味不明」と不信感を募らせた。 尾木氏は27日、「なんか変過ぎる!!」のタイトルでブロ…
カテゴリー:

きくちゆうき氏が100本のストーリー4コマを作って得たもの - 03月27日(金)13:18  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif ダサい炎上をしたダサいイラストレーターという汚名 101日後に炎上したワニ 評論家が指摘する後味の悪さ https://www.asahi.com/articles/ASN3P6SJYN3PUCVL006.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

尾木直樹氏、国民の政治家不信「信頼していない」 - 03月27日(金)09:27 

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(73)が、「モラル崩壊した議員さんでもなかなか辞職もしない」と、国民の政治家に対する不信感についてつづった。 尾木氏は26日、「非常時こそ《信頼感が命」のタイトルでブログを更新。「コロナ感染拡大はいよ…
カテゴリー:

麻倉怜士の新デジタル時評--ポスト有機ELの本命「Crystal LED」の高画質に迫る - 03月27日(金)08:30 

オーディオ&ビジュアル評論家麻倉怜士氏が、注目機器やジャンルについて語る連載「麻倉怜士の新デジタル時評」。今回は次世代有機ELテレビの本命と目される「Crystal LEDディスプレイシステム」について紹介する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「評論家」の画像

もっと見る

「評論家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる