「証券業界」とは?

関連ニュース

米司法省が元VCのマイク・ローテンバーグ氏を起訴、長期懲役の可能性 - 06月30日(火)08:00 

シリコンバレーの多くの人が投資家であるMike Rothenberg(マイク・ローゼンバーグ)氏を忘れたがっているかもしれない。彼のベンチャー企業が破綻に向かい始めて4年経つ(未訳記事)が物語はまだ続いていて、最終章は36才のローゼンバーグ氏にとって良い兆しはない。 ローゼンバーグ氏はまず米証券取引委員会と争って敗れたが、それは民事で、彼の残りの人生に付きまとうかもしれないというものだった。 そして現在、米司法省が同氏を2つの通信詐欺の疑いで起訴した(米司法省リリース)。銀行への虚偽申告2件とマネーロンダリングだ。今後の展開次第では、長期の懲役となる可能性がある。 では、どのくらいの刑期となるのか。司法省は銀行詐欺容疑2件、銀行への虚偽申告2件は「それぞれ最長30年の懲役、仮釈放は5年以下、罰金100万ドル(約1億800万円)」となり、マネーロンダリングは「10年以下の懲役、仮釈放は3年以下、罰金は違法に得た派生資産総額の2倍以下」という。 しばらくの間、業界の専門家にも大まかにしか把握されていなかったが、ローゼンバーグ氏が短いベンチャーキャリアの中で発生させた損害はかなり衝撃的だ。司法省が調査で明らかにしたところでは、同氏は自身の会社Rothenberg Ventures(ローゼンバーグ・ベンチャーズ)を興した2012年から2016年にかけて4つのファンドを立ち上げたが、同氏の犯...more
カテゴリー:

“日本一のコスプレーヤー”えなこがドラマ初挑戦! 斉藤由貴も「かわいい!」と笑顔に - 06月25日(木)09:26  poverty

“日本一のコスプレーヤー”えなこがドラマ初挑戦! “社員コスプレ”で働く女子に https://news.yahoo.co.jp/articles/0fc2d47a2cc4f825e39ebbd957379acdb72daf2e コスプレーヤー・えなこが、6月25日(木)放送の木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長2020」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)でドラマ初出演を果たす。 えなこが登場するのは第8話では、年商100億の社長・松友史郎(黄川田雅哉)がナタデココ入り缶ジュースを手に殺された、という事件が発生。 捜査線上に浮かんだのは2年前に別れた前妻・坂手春世(中島亜梨沙)だった...
»続きを読む
カテゴリー:

つみたてNISAができるネット証券会社は?主要5社を比較 - 06月26日(金)13:33 

つみたてNISAをはじめる場合、まずは証券会社に口座を開設する必要があります。しかし、つみたてNISAを取り扱う証券会社は多くあり、「どこを選べば良いかわからない」という声も少なからず聞かれます。 そこで、この記事では、つみたてNISAの口座開設ができる5つの証券会社について、特徴やメリットについて比較しながら触れて行きます。 目次 つみたてNISAとは つみたてNISAの口座開設ができる証券会社5社 2-1.SBI証券 2-2.楽天証券 2-3.マネックス証券 2-4.松井証券 2-5.auカブコム証券 つみたてNISAの口座を開設するときの注意点 まとめ 1.つみたてNISAとは つみたてNISAとは長期的な積立や投資をサポートする「少額投資非課税制度」です。2018年1月にスタートし、2019年末時点では188万口座ほどが利用されており、多くの人々がつみたてNISAを利用しています(参照:金融庁「NISA・ジュニアNISA口座の利用状況調査」)。 年間の非課税枠は決まっているものの、毎月・毎週・毎日といった頻度で決まった金額を積立てていくことで、節税メリットを受けながら長期的な資産形成が可能となります。 つみたてNISAでは投資経験がない人でも気軽にスタートしやすくするために、金融庁が示した純資産総額50億円などの一定の基準をクリアした金融商品181本(2020年6月現在...more
カテゴリー:

投資信託購入、店頭とネット証券会社の違いは?2大ネット証券の比較も - 06月21日(日)22:37 

「投資信託を始めようと思っているけど、どこで買えばいいのかわからない」、このように考えている方は結構多いのではないでしょうか。 かつて投資信託は、全国の証券会社でしか購入することができませんでした。しかし、1997年の金融システム改革のプランに持ち込まれた、いわゆる「金融ビッグバン」によって金融業務の自由化が進行し、以後は多くの金融機関が投資信託を取り扱うようになりました。現在では、証券会社、ネット証券、銀行、保険会社、郵便局、信用組合、信用金庫、農協など、さまざまな金融機関で購入できるようになっています。 そこで今回は、現役ファンドマネージャーの筆者が、投資信託をどこで買うべきかという視点で取り扱う会社について解説したいと思います。 目次 投資信託の購入方法 1-1.証券会社や銀行などの店頭窓口 1-2.モーニングスターで条件を検索後、該当取り扱い会社へ 1-3.ネット検索が簡単な会社にて購入 ネット証券の魅力 2-1.コストが低い 2-2.積み立て頻度の選択肢がある 2-3.引き落とし方法の種類が豊富 2-4.サポート体制が充実している 2-5.ポイントサービスなどの特典がついてくる 2大ネット証券比較 3-1.SBI証券の特徴・メリット 3-2.楽天証券の特徴・メリット まとめ 1.投資信託の購入方法 まずは主な投資信託の購入方法について解説します。 1-1.証券会社や銀...more
カテゴリー:

「証券業界」の画像

もっと見る

「証券業界」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる