「証券業界」とは?

関連ニュース

【NISA】恒久化を見送りへ 投資非課税は「富裕層優遇」 - 10月16日(水)16:38  newsplus

https://this.kiji.is/557104515285091425 NISAの恒久化を見送りへ 投資非課税は「富裕層優遇」 2019/10/16 16:34 (JST) ©一般社団法人共同通信社  政府、与党は16日、期限付きで導入された少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化を見送る方針を固めた。恒久化は金融庁や証券業界が求めていたが、現行制度は富裕層への優遇だとの指摘もあり、認めるのは難しいと判断した。  一方、廃止すれば株価に悪影響を与える恐れもあるため、制度設計を見直した上で時限措置で存続させる方法を模索する。若年層など幅広い世...
»続きを読む
カテゴリー:

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争 - 10月11日(金)10:15 

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争
カテゴリー:

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争 - 10月09日(水)22:00 

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争
カテゴリー:

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争 - 10月08日(火)10:50 

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争
カテゴリー:

Eトレードも手数料撤廃-米証券業界、競争激化で.. - 10月03日(木)09:13 

Eトレードも手数料撤廃-米証券業界、競争激化で合併観測強まる公算
カテゴリー:

支払い残高が月割り定額で返済時1%キャッシュバックがあるUpgrade Cardとは? - 10月12日(土)19:45 

ピアツーピア型の融資会社であるLendingClub(レンディングクラブ)を立ち上げたRenaud Laplanche(ルノー・ラプランシュ)氏は、3年前に2番目の事業を明らかにした。消費者金融のスタートアップのUpgrade(アップグレード)だ。現在、従業員数は350名。およそ20億ドル(約2170億円)を20万人の顧客に貸し出し、外部から1億4200万ドル(約154億円)の投資を受けている。 当時、この混雑する市場に飛び込むのは狂乱的なことだったが、フィンテック系スタートアップが急増する中、それ自体が既存の大手銀行や歴史あるクレジットカード会社に代わる、より確かな市場だと思われていた。例えば、VisaやMastercardなどの最大手では、支払い期限を過ぎると延滞金が発生するが、後払いサービスを提供しているスイスのユニコーン企業であるKlarna(クラーナ)は、小売店の取引手数料と延滞金を財源にしているものの、利息は取らない。また、Max Levchin(マックス・レヴチン)氏の金融会社であるAffirm(アファーム)は、多額の入金をしている顧客からは延滞金は取らないが、利息は取ることになっている。利息は30%という高利率になる場合もある。 Upgradeの場合は少し違う。あと払いを売り物にはしていない。とはいえ、顧客に有利で顧客のことを思ったサービスをうたっている点では、同じ...more
カテゴリー:

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争 - 10月11日(金)06:30 

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争
カテゴリー:

よくマッカーサーに「天皇制廃止すればよかった」「公用語英語にすればよかった」言うけどそんなことより通貨をドルにして欲しかった - 10月08日(火)11:41  poverty

【バロンズ】証券業界で始まった新たな戦争 個人向け証券ブローカー事業の競争激化  証券業界では数十年にわたって価格競争が繰り広げられてきた。しかし、売買手数料に関しては、その戦いも終わりかもしれない。  先週、ほぼ全ての大手証券ブローカー(チャールズ・シュワブ(SCHW)、イー・トレード・ファイナンシャル(ETFC)、インタラクティブ・ブローカーズ・グループ(IBKR)、TDアメリトレード・ホールディング(AMTD))が株式売買手数料をゼロに引き下げた。アナリストは、こうした企業の業績予想を下方修正し、勝ち組...
»続きを読む
カテゴリー:

Eトレードも手数料撤廃-個人投資家の低コスト志.. - 10月03日(木)10:12 

Eトレードも手数料撤廃-個人投資家の低コスト志向が強まる中で、証券業界では顧客を取り込む競争が激しさを増している。
カテゴリー:

「証券業界」の画像

もっと見る

「証券業界」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる