「証券会社」とは?

関連ニュース

ガチでお前らどこの証券会社使ってる 初心者にもお勧めの会社教えてくれ - 12月15日(日)20:13  poverty

なぜ今、証券業界で手数料無料化が進むのか? (1/4) https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/12/news048.html  証券業界の売買手数料無料化の流れが加速している。米証券大手のチャールズ・シュワブは10月1日に手数料撤廃を発表。 国内でもSBIホールディングスは10月30日の決算発表にて、傘下の証券会社の取引手数料を今後3年でゼロにする構想を打ち出した。  その後、auカブコム証券とマネックス証券が信用取引の手数料無料化を発表。これを皮切りに、各社は連日のように手数料無料化施策を発表している。 な...
»続きを読む
カテゴリー:

ネット証券会社で投資信託や株式購入の手数料を無.. - 12月14日(土)13:18 

ネット証券会社で投資信託や株式購入の手数料を無料化 #nhk_news
カテゴリー:

SBI証券、12月23日から株式委託手数料の無料化の範囲を拡大 - 12月13日(金)14:29 

株式会社SBI証券は12月23日から、1日の約定代金50万円までを手数料無料とする。現物取引のほか、信用取引も対象とする。現在の株式委託手数料(アクティブプラン)は1日の約定代金合計額10万円までを無料していたが、50万円まで拡大する。 同社の手数料体系には注文の約定代金に対して手数料がかかるスタンダードプランと、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかるアクティブプランの2種があり、今回の対象はアクティブプラン。23日以降、国内株式・現物取引では1日の約定代金合計額が50万円以下なら、手数料は最大471円(税込み)、国内株式・信用取引では262 円(同)安くなる。無料化の範囲拡大によりコストを抑えた取引が可能となり、「これまで以上に多くのお客さまに資産運用の選択肢の一つとして、当社のサービスをご活用いただける」と期待する。 なお、今月は松井証券、楽天証券が50万円以下の国内株式手数料の無料化を発表しており、証券会社間の値下げ競争の様相を呈している。SBI証券は11日、国内ETF(97銘柄)の取引手数料実質無料化、米国ETF(9銘柄)の買付手数料実質無料化、「日計り信用」の取引手数料実質無料化と買方金利・貸株料の1.80%への引き下げ(約定金額100万円以上の場合は0%)を1月から実施すると発表。「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」をうたい、一歩抜きんでた。 【関連サイ...more
カテゴリー:

なぜ人気?現役オーナー講師の不動産投資セミナー メリット・デメリットを解説 - 12月11日(水)16:38 

ポータルサイトなどで不動産投資セミナーを探してみると毎月数百件以上ものセミナーが開催されており、「どれに参加したら良いか分からない」「自分に合うセミナーが分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、不動産投資セミナーの種類を整理した上で、不動産オーナーが講演するセミナーのメリットやデメリット、活用の仕方などをご紹介していきたいと思います。 記事目次 不動産投資セミナーには3つのタイプがある 1-1.不動産投資会社の社員が講師を務めるセミナー 1-2.FPや税理士など専門家が講師を務めるセミナー 1-3.不動産オーナーが講師を務めるセミナー なぜ人気?オーナー講師による不動産投資セミナーのメリットは? 2-1.不動産投資を追体験でき、始めた後のイメージもしやすい 2-2.独自の成功ノウハウや失敗を避ける方法を知ることができる 2-3.投資家としての厳しい目線からアドバイスを聞くことができる オーナー講師による不動産投資セミナーのデメリットや注意点は? 3-1.投資スタイルが異なる場合もある 3-2.個人の経験に基づくので一般化や再現が難しいことも オーナー講師の人気セミナーは? まとめ 1 不動産投資セミナーには3つのタイプがある 数多く開催されている不動産投資セミナーは、実は3つのタイプに分類をすることができます。以下で1つずつ詳しく見ていきましょう。 1-...more
カテゴリー:

tenki.jp共同運営元のALiNKインターネットが東証マザーズ上場、公開価格1700円で初値4020円 - 12月11日(水)09:38 

ALiNKインターネットは12月10日、東証マザーズ市場に上場した。公募・売り出し価格は1700円で初値は4020円となった。12月11日9時30分時点の最高値は4170円で時価総額は85億2500万円。現在、4000円前後で推移している。主幹事証券会社は野村證券。 同社は日本気象協会と共同で天気専門メディアの「tenki.jp」を運営している2013年3月設立のスタートアップ。現在の天気を調べられる「tenki.jp」、登山者向けの天気情報を提供する「tenki.jp登山天気」などのスマートフォン向けアプリも提供している。2018年12月には、首都圏や福岡市などで1日70円からの傘のシェアリングサービス「アイカサ」を提供しているNature Innovation Groupへ出資するなど天気関連事業も進めている。ちなみに、同社の従業員は9名、役員を入れても14名と上場企業としてはかなりの少数精鋭である点も特徴だ。 関連記事:傘シェアサービス「アイカサ」がtenki.jp共同運営元から資金調達 直近の業績としては、2019年2月を決算月とする2019年度(2018年3月〜2019年2月)は、売上高が6億9400万円、営業利益が3億4900万円、経常利益が3億4400万円。当期純利益は2億3200万円だった。2020年度(2019年3月〜2020年2月)の予想は、売上高が6億9400...more
カテゴリー:

高価な株式でも0.000001株から取引できるRobinhoodの1株未満取引 - 12月15日(日)08:30 

Amazon株は1株1700ドル(約19万円)以上するため、資金力がない投資家は取引から締め出されている。株の取引を身近にするために、Robinhood(ロビンフッド)は「1株未満」取引の取り扱いを始めた。株数で注文する場合、0.000001株から注文可能で、金額は1セント単位で四捨五入される(ただし投資金額は1ドルから)。金額で注文する場合はやはり1ドルから。手数料はかからない。 同社は100万分の1単位による購入を可能にして、Square Cashが最近発表した1ドルから投資できる1株未満取引の魅力を低下させた。Robinhoodのユーザーは、サインアップ後、1株未満取引への先行申し込みが可能だ。「当社のコアバリューの1つは、『参加は力』だ」とRobinhoodの共同CEOであるVlad Tenev(ブラッド・テネブ)氏は述べた。「当社が行うことはすべてコアバリューに根ざしている。1株未満取引は、さらに多くの人々に投資への道を開く可能性があると信じている」。 1株未満取引があれば、誰も株式取引を諦める必要はない。Robinhoodは、これまでに調達した9億1000万ドル(約1000億円)の資金も利用して、現在1000万人のユーザー数をさらに増やせる。Charles SchwabやE*Tradeのような従来の証券会社がRobinhoodの手数料無料の株式取引を真似し始めた今、同社...more
カテゴリー:

ネット証券会社で投資信託や株式購入の手数料を無料化 - 12月14日(土)13:17 

投資信託や株式を購入する際にかかる、手数料を無料にするネット証券会社が相次いでいます。資産形成に関心を持つ顧客の取り合いが激しくなっていますが、手数料に代わる収益源をどう作るかが課題になりそうです。
カテゴリー:

医療プラットフォーム事業展開のメドレーが東証マザーズ上場、公開価格1300円で初値1270円 - 12月12日(木)09:19 

複数の医療プラットフォーム事業を展開しているメドレーは12月12日、東証マザーズ市場に上場した。主幹事証券会社は大和証券で、公募253万株、売り出し1123万株、オーバーアロットメントによる売り出しが206万4000株となる。オーバーアロットメントとは、当初の募集・売出予定株数を超える需要があった場合に実施される株式の販売方法。主幹事証券会社が対象会社の株主から一時的に株式を借り、売出予定株数を超える株式を、募集・売出しと同じ条件で追加販売すること。 公開価格は1300円で初値はそれを30円下回る1270円をつけた。12月12日午前9時18分現在の最高値は1350円で時価総額361億500万円となり、株価は1310円前後で推移している。 同社の具体的な事業内容は、人材採用システムの「ジョブメドレー」、クラウド診療支援システムの「CLINICS」、医療メディアの「MEDLEY」、介護施設検索サイト「介護のほんね」など。累計登録会員数は2019年9月末時点で53.3万人。顧客事業所数は17.5万カ所となっている。 直近の業績は、2018年12月を決算期とする2018年度(2018年1月〜12月、単独)は売上高17億1200万円、営業損失1000万円、経常損失8700万円、当期純損失は1億5300万円。2019年度(2019年1月〜12月、連結)の予想は、売上高46億7700万円、営業利...more
カテゴリー:

クラウドファンディングサイトのMakuakeが東証マザーズ上場、公開価格1550円で初値2710円 - 12月11日(水)11:19 

クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を運営するマクアケは12月11日、東証マザーズ市場に上場した。同社は、2013年5月にサイバーエージェント内の新規事業を担う子会社としてサイバーエージェント・クラウドファンディングという社名で設立され、2017年10月に社名を現在のマクアケに変更して現在に至る。 マザーズ上場時には98万株を公募し、156万5000株を売り出す。主幹事証券会社は大和証券。公募・売り出し価格は1550円で12月11日の初値は2710円、最高値は2750円で、11日11時15分現在2710円前後で推移している。ちなみに上場前の同社の株式は、親会社のサイバーエージェントが71.36%、プロサッカー選手である本田圭佑氏が設立したKSK ANGEL FUNDが13.71%、同社社長の中山 亮太郎氏5.05%を保有している。いずれの株主も90日間のロックアップ、つまり株式を売買できない期間が設けられている。 Makuakeは、国内有数のクラウドファンディングプラットフォームであり、現在では海外製品やハードウェアスタートアップ企業のテストマーケティングの場としても活用されること多い。最近では、海外企業の進出を支援するMakuake Global Planや、大企業のオープンイノベーション戦略に参画したりと活躍の場を広げてきた。 直近の業績としては、2018年...more
カテゴリー:

金融機関向けのWeb制作・運用サービス【オルトFin】をリリース - 12月11日(水)09:00 

2019年12月10日株式会社オルタナティブコミュニケーションズは、金融機関向けのWeb制作・運用サービス【オルトFin】をリリース致しました。特徴としては、・最短即日でページをアップするスピーディーな運用が可能・金融用語への理解があり、専門用語をマーケティグテーマに乗せてわかりやすく解説・金融機関向けの監査体制で、セキュアーな社内システムを構築・ミスが許されない領域だからこその、トリプルチェックでのサーバー公開を実施この領域においては、東証一部証券会社や大手証券会社の100%子会社における14年の運用実績があり、この度新たに商品化致しました。※当該サービスは株式会社APOLLO11が、サーバーサイドのセキュリティシステムサポートを実施致します(共同リリース)配信元企業:株式会社APOLLO11プレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「証券会社」の画像

もっと見る

「証券会社」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる