「設計変更」とは?

関連ニュース

【深掘り】辺野古の設計変更は不承認なのに、国が土砂投入を続けるのはなぜ? - 12月05日(日)10:44 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、玉城デニー知事は11月25日、沖縄防衛局が軟弱地盤改良のために申請した設計変更を不承認とした。県は新基地建設の完成は見通せなくなったとして全ての工事を止めるよう求めているが、沖縄防衛局は設計変更に関わらない既存の埋め立て工事区域への土砂投入を続けている。防...
カテゴリー:

沖縄で玉城デニー知事を支持するデモ集会 主催者発表500人が大騒ぎ - 12月04日(土)19:01  news

玉城知事が国の設計変更申請を不承認としたことを受け、オール沖縄のメンバーらが3日、知事を支持する集会をひらきました。 玉城知事が設計変更を不承認とした判断を支持する集会には、知事を支えるオール沖縄のメンバーやその支援者など、主催者発表でおよそ500人が集まりました。 参加者は「国が聞く耳を持たないので。県は色々と投げかけて対話、交渉してくださいと言っているにも関わらず(国は県を)無視していると私はそう思います」と話します。 辺野古新基地建設を巡っては軟弱地盤の改良工事のため、国が県に申請した設...
»続きを読む
カテゴリー:

国の「軟弱地盤」設計変更を知事が承認せず 普天.. - 12月03日(金)12:01 

国の「軟弱地盤」設計変更を知事が承認せず 普天間基地の移設計画巡り…専門家の視点は【沖縄発】 #FNNプライムオンライン #沖縄テレビ
カテゴリー:

知事、戦没者遺骨の使用回避も狙う 土砂採取地拡大に歯止め<辺野古不承認の深層>5 - 11月30日(火)13:34 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた沖縄防衛局の設計変更による影響は、埋め立てられる辺野古・大浦湾にとどまらず、県内全域に広がる。玉城デニー知事は、設計変更の不承認を発表した記者会見で、本島南部地域に残る沖縄戦戦没者の遺骨についても言及した。 防衛局は当初の申請書で、県内の土砂採取地...
カテゴリー:

辺野古計画の不承認 - 11月30日(火)05:15 

沖縄県の玉城デニー知事は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を巡り、防衛省が県に申請していた設計変更を不承認とした。埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に対処するための調査が不十分などと判断した。 政府は県の決定を不服として対抗措置を取る方針で、最終的には国と県の対立が再び法廷闘争に持ち込まれる見込みだ。 移設計画はそもそも市街地の中心部にある普天間飛行場の危険性の除去が目的だ。
カテゴリー:

新基地阻止へ思い新た 1年2カ月ぶり県民大行動に800人 シュワブゲート前 - 12月05日(日)06:00 

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対するオール沖縄会議は4日、同市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で1年2カ月ぶりに「県民大行動」を開いた。800人余り(主催者発表)が参加し、玉城デニー知事も駆け付けた。沖縄防衛局による設計変更申請を不承認とした...
カテゴリー:

辺野古移設「技術的にも破綻」 東京と沖縄で1000人が結集 - 12月04日(土)10:53 

 名護市辺野古の新基地建設を巡り沖縄防衛局の設計変更申請を県が不承認としたことを受け、玉城デニー知事の判断への支持を呼び掛ける集会が3日夜、那覇市の県庁前と、東京都千代田区の首相官邸前で同時に開催された。両会場とも主催者発表で500人が集まり、政府に対し、軟弱地盤の問題などで工事長期化が避けられない...
カテゴリー:

【悲報】バルミューダ、実は被害者だった!「ソフトバンクの命令で無理やり設計を変更させられた」 - 12月01日(水)13:14  livejupiter

BALMUDA Phoneが5Gに対応したのは、寺尾氏が「キーマン」という、ソフトバンクの常務執行役員、菅野圭吾氏の提案がきっかけだったという。 ソフトバンクはBALMUDA Phoneを独占販売するキャリアで、開発にも携わっている。 BALMUDA Phoneは4Gで2021年春に発売する予定で開発が進んでいたが、 2020年秋に菅野氏から「絶対に5Gにしてください、そこは譲れません」という強い要望があったという。 そのため、設計変更を余儀なくされ、発売時期も2021年秋にずれ込んだ。  「4.5型から5.5型まで、0.1型刻みでさまざまなデザインを検討...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古不承認「受け入れて」 オール沖縄会議が防衛局前で集会 - 11月30日(火)11:51 

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局が提出した軟弱地盤改良などの設計変更に対して、県が不承認の判断をしたことを受け、新基地建設に反対する「オール沖縄会議」は29日、嘉手納町の沖縄防衛局前で集会を開いた。約100人が集まり「知事の設計変更不承認を受け入れて」と訴えた。...
カテゴリー:

資料に誤り20項目、不十分な調査…国の設計変更、検討過程から問題だらけ <辺野古不承認の深層>3 - 11月28日(日)10:45 

 名護市辺野古の新基地建設に向けて軟弱地盤の改良工事を追加する沖縄防衛局の設計変更は、検討過程から問題をはらんでいた。専門家のお墨付きを得るために有識者たちを集めた「技術検討会」を6回開催したが、検討に使ってきた資料に20項目の誤りがあったことが最後の回で判明した。 ミスの他にも、防衛局が意図的...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる