「訪問介護サービス」とは?

関連ニュース

訪問介護記録のデジタル化による業務効率化を実現 - 08月08日(木)15:30 

[セントケア・ホールディング株式会社] セントケア・ホールディング株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森 猛)は、主力事業の一つである「訪問介護サービス」の記録業務を手書き中心のアナログからデジタルに移行し、併せて勤怠と請求の...
カテゴリー:

「仕事」に公的補助求める 質問主意書 - 08月06日(火)06:24 

 れいわ新選組所属で重度身体障害者の木村英子参院議員(54)=比例代表=は5日、障害者総合支援法に基づく重度訪問介護サービスを巡り、通勤などの経済活動でも公的補助が受けられるよう制度の改正を求める質問主意書を参院に提出した。
カテゴリー:

維新東徹議員「山本太郎はめちゃくちゃ!障害者議員のせいで国の金が沢山使われてる」 - 08月02日(金)15:11  liveplus

31日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した東氏は、「山本太郎代表のコメントは、やはり議論がずれていると思う。れいわ新選組としては重度訪問介護サービスの制度見直しを求めているわけだから、 まずはそれを国会で議論することが大事であって、参議院が費用を出すのは違うんじゃないかということだ。自分のことよりもまずは、同じような境遇の人をどう救うか考えるのが、 国会議員としての役割だと思う。登院できないということはないはずだし、8月で言えば本会議は1日と5日しか開かれない。その次は10月だ。それまでの間に議論を...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】松井一郎「障害者優遇辞めろ、ルールを守れ」→無事完全論破されてしまう - 07月31日(水)19:36  poverty

じこぼう@kinkuma0327 働き始めると重度訪問介護サービスが受けられなくなる現行の制度は、通勤や仕事中の負担は雇用者が行うべきという考えに基づいています(この考えが良いか悪いかは別として)。 したがって、重度障害者の国会議員の登院に必要な支援を参議院が行うのは、制度の本旨からして当然の帰結になります。 7月31日 07:51 いいね:1,054 リツイート:941 引用 松井一郎(大阪市長)@gogoichiro 参院が当面負担って、どういう事?参議院議員のポケットマネーなら特殊事情で対応も理解できるが、 税金支出ならば、国会...
»続きを読む
カテゴリー:

れいわ木村議員「利用中の訪問介護サービスが国会議員になると打ち切られるのは差別。登院拒否します」 - 07月28日(日)04:41  livejupiter

お怒りの模様 ↓ 【年収3000万/6年総額1億8千万円】 舩後靖彦 、木村英子 両議員 「重度訪問介護は、常時介護が必要な障害者に対し生活全般の支援を行うもの。議員活動は経済活動とみなされ国会に向かうために外出する時点で支援がストップしてしまうのでこのままでは登院出来ません」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

介護離職を解決するアプリ、個人投資家から株式で資金調達。15日まで - 08月06日(火)14:52 

企業の従業員と介護職(ケアワーカー)を繋げるアプリケーション「JOJOS(ジョジョス)」を提供するuzuram株式会社は、株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」で資金調達を開始した。目標募集額1700万円、上限応募額6千万円、申込期間は8月15日まで。 JOJOSは、企業に務める従業員が身内などの介護に関することをケアワーカーに相談、訪問介護の依頼、行政への介護関係の申請等手続き代行などができるオンラインサービス。「介護離職」が社会問題化する中、アプリケーション内で従業員が気軽に専門家に相談できる環境を作り、介護離職の減少を図る。 総務省の調査によれば、毎年10万人前後の人が介護、看護を理由に離職せざるをえない状況が続いている。また、「介護離職予備軍」に至っては、高齢者白書によれば100万人と推測されるほど深刻な問題となっている。 JOJOSでは、ケアワーカーへの相談などはオンラインのチャット上で行える。必要があれば、訪問介護や見守り、家事代行、買い物代行なども依頼することができる。サービスの導入企業には、今まで踏み込みづらかった従業員の介護問題をサポートでき、さらに福利厚生の一環として提供することで、働きやすい職場を構築できる。離職の予防、人材補充に伴う採用費の削減などに繋がり、企業経営にもメリットをもた...more
カテゴリー:

れいわ木村氏が質問主意書「重度障害者の通勤など公的補助を」 - 08月05日(月)19:25 

 れいわ新選組所属で重度身体障害者の木村英子参院議員(54)=比例代表=は5日、障害者総合支援法に基づく重度訪問介護サービスを巡り、通勤などの経済活動でも公的補助が受けられるよう制度の改正を求める質問主意書を参院に提出した。
カテゴリー:

【れいわ新選組】舩後靖彦氏と木村英子氏、スクラム状態のなかで初登院。「介護サービスの改善、頑張って取り組みたい」 - 08月01日(木)12:02 

7月の参院選でれいわ新選組から比例代表で初当選した、重度身体障がい者の舩後靖彦氏(61)と木村英子氏(54)が8月1日召集の参院本会議に初登院した。木村氏は午前9時ごろ、介護サービスの車で国会前に到着。車から降りると、集まった100人近くの支援者や、報道陣に囲まれた。初登院だったこの日は、参院議員が登院するたびに報道陣が議員を囲んで撮影していたが、木村氏の場合は様子が異なった。報道陣が到着した車を囲み始めると、支援者らは「障がい者は見世物じゃないから写真は撮るな」と叫び出し、だんだんとヒートアップ。木村氏の初登院を撮影していた報道陣に対し怒号が飛び、報道陣が写真を撮らないよう記者らの服を掴んだり腕を振り回したりする人が出はじめた。その後、正門への通路でバリケードのような状態を作って「報道するな!写真を撮るな!」「カメラが入れないようにするんだ」と叫ぶなど、他の議員の登院とは異なり、国会正門前は一時騒然とした状態になった。スクラム状態のなかで国会正門の前に出ると、木村氏は支援者に向かってあいさつ。「国会議員になるにあたって、重度障がい者が初めて当選したということで、いくつかの問題に直面しました。参議院の皆さまには迅速に対応していただき、物理的な障害を取り除いていただいて本当に感謝しています」と語った。続けて、公的な介護サービスを受けられない事態について「私たち障がい者にとって、最も重...more
カテゴリー:

【参議院】参院工事完了も…“制度の壁”浮き彫りに 重度障害者議員 - 07月30日(火)00:48  newsplus

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000160781.html 【報ステ】参院工事完了も…“制度の壁”浮き彫りに [2019/07/29 23:30]  参議院選挙で『れいわ新選組』から当選した重い障害のある舩後靖彦さん(61)と木村英子さん(54)の初登院に向け、本会議場をバリアフリー化する工事が始まった。 ただ、工事が終わっても初登院できない状況にある。舩後さんは、41歳の時、全身の筋肉が衰える難病『ALS=筋萎縮性側索硬化症』を発症。手や足を動かせず、声を発することもできない。24時間の介助が必要で、重い障害があ...
»続きを読む
カテゴリー:

「訪問介護サービス」の画像

もっと見る

「訪問介護サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる