「記念品」とは?

関連ニュース

4歳から96歳までが受賞 漢検成績優秀者表彰 受賞者・受賞団体を発表 - 07月10日(水)10:10 

2024年7月10日 公益財団法人 日本漢字能力検定協会  公益財団法人 日本漢字能力検定協会(本部:京都市東山区、代表理事 理事長:山崎信夫/以下、当協会)は、漢字学習に取り組む人々の励みとしていただくことを目的に、「日本漢字能力検定(以下、漢検)」において特に優秀な成績を収めた個人および団体を表彰しています。このたび、令和5年度漢検成績優秀者表彰においては、4 歳(最年少)から96歳(最年長)の方が受賞しました(*1)。成績優秀者の功績を称え、本日、「個人の部」(234名)、「団体の部」(344団体)を漢検ホームページ特設サイトにて発表しました。  また、2024年8月10日(土)には、京都市において「個人の部」の表彰式を開催し、全国各地から受賞者115名(6月末時点)やその家族が出席し、表彰と記念品授与を行います。最年少4歳の受賞者をはじめ、全国各地から受賞者の方々が参加予定です。ぜひ表彰式当日の受賞者やその家族の様子をご取材いただきたく、お願いいたします。                                    *1 年齢は受検当時を指します。     「個人の部」表彰式 開催概要 日時  :2024年8月10日(土)        14:00 式典開始/13:00 受付開始 場所    :ホ...more
カテゴリー:

タイ国際航空、バンコク/スワンナプーム〜ミラノ・オスロ線を開設 - 07月03日(水)15:15 

タイ国際航空は、バンコク/スワンナプーム〜ミラノ・オスロ線を7月1日に開設した。 開設を記念して、スワンナプーム国際空港でタイ国際航空やタイ空港公社(AOT)幹部が出席した会見を開いた。乗客には記念品をプレゼントした。 […] 投稿 タイ国際航空、バンコク/スワンナプーム〜ミラノ・オスロ線を開設 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

SQOOL GAME AWARD 2024 SUMMERのエントリー受付開始!応募は2024年7月31日まで - 06月28日(金)18:00 

株式会社SQOOL(東京都港区・代表取締役:加藤賢治)は、2024年6月27日より、「SQOOL GAME AWARD 2024 SUMMER(以下SGA2024SUMMER)」のエントリータイトルの受付を開始しました。SQOOL GAME AWARDは、ゲームメディア「SQOOL.NETゲーム研究室」の編集部が選出したゲームタイトルに応募タイトルを加え、編集部独自の視点で優れたゲームタイトルを表彰することを目的に、年2回開催されていました。2023年に一時中断していましたが、この度YouTubeチャンネルと連動した形式で再開いたします。SGA2024SUMMERへの応募は2024年6月27日から2024年7月31日の期間で受け付けており、その後一次選定を経てYouTubeチャンネル「SQOOL加藤のゲーム研究室(https://www.youtube.com/@sqoolkato)」で、8月30日(金)~9月1日(日)の3日間にわたってプレイ動画の生配信が実施される予定です。大賞に選ばれたゲームタイトルには記念品が贈呈される他、入賞タイトルにはゲームメディアSQOOL.NETやYouTubeチャンネル「SQOOL加藤のゲーム研究室」を用いたPRサポートなどが提供される予定です。SGA2024SUMMERの概要、詳細についてはこちらからご確認ください。https://sqool.n...more
カテゴリー:

NFTプロジェクトCNPと彦根デジタル城下町プロジェクト 地方創生との連携を紹介 - 06月27日(木)11:43 

国内には数多くのNFTプロジェクトがあり、地方自治体と連携して地方創生に取り組んでいるところもあります。彦根市は、NFTプロジェクト「CNP(CryptoNinja Partners)」を運営する株式会社バケットと共同で、地域活性化を目的とした「デジタル城下町プロジェクト」の協定を締結しました。 ここでは彦根市の「デジタル城下町プロジェクト」の概要や、NFTを使うことでの地方創生の効果や可能性についても詳しく解説します。Web3を使った地域創生コミュニティに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 彦根デジタル城下町プロジェクトとは 1-1.プロジェクトの概要 1-2.専用SNSアプリ「デジタル城下町」とは 1-3.彦根城デジタル城下町民証(NFT)とは 1-4. クリプトニンジャパートナーズ(CNP)とは NFTを活用した新しいコミュニティに創生と交流人口の創出の可能性とは 2-1.NFTとは 2-2.NFTを使ったコミュニティ創生への活用とは 2-3.NFTを使った交流人口の創出の可能性について NFTを地方創生の取り組みに導入する課題 NFTを活用することでの未来展望とは NFTプロジェクトと自治体がコラボしたイベント紹介 5-1.LLACが今治とデジタル関係人口創出を目指すプロジェクトを始動 5-2.大阪府太子町とAPPによるコラボ返礼品「旅するあおぱんだ~太子...more
カテゴリー:

3年ぶりとなる柴犬図書カードNEXTの発売が決定!柴犬の動画を募ってCMを作るプロジェクトが募集開始 - 06月25日(火)16:00 

2024年6月25日 日本図書普及株式会社  みんなで柴犬図書カードのCMを作ろうプロジェクト   “本の贈りもの”図書カードNEXTは、2024年11月19日(火)より、3年ぶりに柴犬シリーズの図書カードNEXTを発売します。今回で第8弾となる同シリーズは、柴犬のほのぼのとした絵柄がかわいいと人気の、製作枚数限定図書カードNEXTです。 発売に先駆けて、6月14日(金)よりX(旧:Twitter)にて、かわいい柴犬の動画を皆様から広く募り、その動画を素材として柴犬図書カードNEXTのWEB CMを制作する、「みんなで柴犬図書カードのCMを作ろうプロジェクト」が募集を開始しましたのでお知らせします。 完成したWEB CMは、国内の主要動画配信サービス内にて8月初旬より放送予定です。また、CMに動画が採用された20名様には、記念品として今回発売となる柴犬図書カードNEXT1000円を2種セットでプレゼントします。ご応募は7月7日(日)までとなっています。ぜひあなたが可愛がっている柴犬を撮影した、とっておきの動画を投稿してください。 また、8月1日(木)に特設サイト上で発表となる、柴犬図書カードNEXTのかわいい絵柄にもご期待ください。   プロジェクト関連サイト 「みんなで柴犬図書カードのCMを作ろうプロジェクト」   【応募サイト】 ...more
カテゴリー:

大賀ハス ピンクの花鮮やか 7月6、7日 開花10周年イベント - 07月05日(金)18:00 

神埼市郡の吉野ケ里歴史公園で、大賀ハスが見頃を迎えている。園内の池に鮮やかなピンクの花が咲き、訪れた人を楽しませている。6、7日には、開花10周年の記念イベントも開催される。 大賀ハスは、2千年前の弥生時代以前の品種と推定され、同公園では2015年から栽培している。今年は6月14日に開花し、7月上旬までが見頃という。 イベントでは各日先着200人に、大賀ハスとコラボレーションした地元名物の三田川饅頭(まんじゅう)と、尾崎人形の記念品を無料配布する。
カテゴリー:

首長動静 7月3日 - 07月03日(水)05:00 

【山口知事】11時 県議会(討論、採決、閉会)▽終日 庁内用務等 【坂井・佐賀市長】19時 市長、出勤!まちトークin赤松 【峰・唐津市長】終日 市外用務 【向門・鳥栖市長】10時 企業視察▽16時 関東鳥栖の会(以上、東京) 【横尾・多久市長】12時 全国高速道路建設協議会大会・要望活動(東京) 【深浦・伊万里市長】10時 伊万里自動車学校からのキッズコーナー寄付受納式▽13時半、14時15分 百寿記念品贈呈▽17時 市防衛協会総会 【小松・武雄市長】14時 市外用務 【松尾・鹿島市長】10…
カテゴリー:

大原美術館特別展 来場者5万人 海老根さん(水戸)に記念品 - 06月28日(金)11:48 

 大原美術館(倉敷市中央)で開催中の特別展「異文化は共鳴するのか? 大原コレクションでひらく近代への扉」の来場者が28日、5万人に達した。 5万人目となったのは、自営業海老根浩一さん(59)=...
カテゴリー:

岩合さん写真展「こねこ」入場者1万人突破 「幸運に恵まれびっくり」 - 06月26日(水)19:21 

 秋田県横手市の県立近代美術館で開かれている人気動物写真家・岩合光昭さんの写真展「こねこ」の入場者が26日、1万人を突破した。節目に当たった秋田市の団体職員清水川茜さん(37)に記念品が贈られた。 清…
カテゴリー:

NFTやWeb3が活躍する地方創生、2024年第1四半期の最新事例 - 06月24日(月)16:11 

近年、NFTやWeb3が注目されています。地方創生や環境事業にブロックチェーンやWeb3が活用されつつあります。特に地方創生のためにNFTが活用され、デジタル住民票NFTやふるさと納税の返礼品にNFTが採用されています。人気のコンテンツは即完売するほど注目されます。2024年以降も地方や地方を応援する事業がWeb3を活用する動きは進みそうです。 ここでは今国内でどういったWEB3×地方創生の活動が行われているのか、まとめてご紹介します。今回は、2024年の第1四半期をまとめていますのでご参考にしてみてください。 目次 WEB3地方創生ねっとが2024年度版Web3カオスマップを公開 WEB3地方創生ねっと」を運営する株式会社ICHIZEN HOLDINGSとは 2024年第1四半期、地方自治体がWeb3を使ったイベントやプロジェクトの事例 3-1. 高松盆栽のふるさと納税の返礼品に盆栽パトロンNFT登場 3-2. 福井県の田辺酒造が共同開発できるメンバーシップNFTを2月から提供開始 3-3. 福岡県八女市の八女伝統本玉露のボトリングティーにブロックチェーン基盤「HyperJ.ai」導入 3-4. LLACが今治とデジタル関係人口創出を目指すプロジェクトを始動 3-5. 北海道滝川市とあるやうむが「VTuber」と「NFT」を合わせた全国初のふるさと納税の返礼品 まとめ ① W...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる