「観葉植物」とは?

関連ニュース

花き産業の世界的独占の打破を目指すColvinはB2Bによる中間業者排除に向かう - 07月29日(木)14:45 

サプライチェーンには今、とても興味深いことが起こっており、しかもそれはずっと続いている。ただしパンデミックがそれを加速したことも事実だ。テクノロジーのスタートアップたちは、またまた中間業者を排除しようとしているが、今回はサプライチェーンのレベルでだ。彼らにとっての商機は、サプライチェーンをプラットフォームで置換することにある。いうなればそれは「サプライチェーンのプラットフォーム化」だ。 最新例の1つであるColvinは、花き産業のためのプラットフォームで、今回はEurazeoのリードで4500万ユーロ(約58億6000万円)のシリーズCを調達した。Eurazeoは知る人ぞ知るフランスのプライベート・エクイティおよびベンチャーキャピタル企業で、これまでFarfetchやGlovo、ManoManoなどのマーケットプレイスに投資している。他に、同じくフランスのアグテックとフードテックのVCであるCapagroがこの投資に参加した。 D2Cのブランドとしてローンチし、今でもそうであるColvinは最近、プロを狙ったB2Bのカテゴリーも作った。 Colvinの共同創業者であるSergi Bastardas(セルギ・バスターダス)氏によると「2020年はColvinにとって加速の年で、今後の成長のペースを確定したという意味で転機でもありました。Colvinの目標は、花き産業のデジタルトランス...more
カテゴリー:

中島健人“宗介”のスパイダーマン&小脇タマネギに反響「愛しさ爆発」 - 07月28日(水)10:56 

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第4話が、7月27日に放送。ネット上では、中島演じる長谷部宗介のキャラが“いい意味で”崩壊するシーンに反響があった(以下、ネタバレ含まれます)。さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という、真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。昔のトラウマでパニックになった宗介。雨の中、うずくまる彼を助けたのは愛だった。次の日出勤すると、愛がマスクをしていた。自分のせいで、彼女が風邪を引いてしまった? 薬局で薬を買ってきたが、周囲に編集部の面々がいて、なかなか渡せない。むしろ、樋口拓也(赤楚衛二)に先をこされてしまった。その後、カフェにいると、大きな段ボールを運びながらテイクアウトする愛の姿を目撃する。視界をさえぎられている彼女の目の前には、スーツケースが。まったく気づいておらず、このままだと蹴り飛ばして転倒してしまう……。宗介は、気づかれないように超スピードで手前に引いて危機を回避。ホッとしたのも束の間、今度は観葉植物、外に出れば水の入ったバケツが足元に。彼は、俊敏な動きで次々と障害物をどけていった。仕事にまい進する愛がデス...more
カテゴリー:

観葉植物と器「フェア」 有田町のチャイナ・オン・ザ・パーク - 07月22日(木)05:45 

有田町の深川製磁チャイナ・オン・ザ・パークで「癒やしのグリーンフェア」が開かれている。観葉植物や花の鉢カバーとして、新作のほか、食器の活用も提案している。31日まで。 伊万里市のアグリピアとコラボして開催。コロナ禍で家で過ごす時間を、観葉植物を育てて楽しむ人が増えているため企画した。 パキラやコーヒーの木、アンスリウムなど約50種類が並ぶ。鉢カバーは新作のほか、マグカップや小鉢の食器を使うことも勧めている。メダカ観賞用に大鉢も提案する。
カテゴリー:

ひと目見て、「こういうのが欲しかった!」と即入.. - 07月18日(日)08:00 

ひと目見て、「こういうのが欲しかった!」と即入手。痒いところに手が届く観葉植物用の水やりガラス。(Shizue Hamano)
カテゴリー:

「観葉植物が好きでやった」1鉢約3万円の鉢植え盗.. - 07月15日(木)22:12 

「観葉植物が好きでやった」1鉢約3万円の鉢植え盗もうとした容疑で逮捕の男 別の事件への関与認める供述 #FNNプライムオンライン #東海テレビ
カテゴリー:

誰でも緑の指に、植物の種類や日当たりなどに合わせた栽培のアドバイスをくれるアプリ「Greg」 - 07月28日(水)17:15 

パンデミックによる閉じこもり生活が始まる以前から、すでに勢いづいていた観葉植物業界。1年間の隔離生活を経た今、屋内ガーデンのように生い茂ったリビングルームがあちこちで見られるようになっている。 機械学習を用いて植物の世話の手助けをするアプリ「Greg」(グレッグ)は、5月下旬540万ドル(約6億円)のシード資金を獲得したことを発表した。今回のラウンドはIndex(インデックス)がリードし、First Round Capital(ファーストラウンド・キャピタル)が参加している他、Tinder(ティンダー)の前CEO であるElie Seidman(エリー・セイドマン)氏、植物配達サービスThe Sill(ザ・シル)の創業者Eliza Blank(エリザ・ブランク)氏、60万人のフォロワーを持つ「プラントスタグラマー」Darryl Cheng(ダリル・チェン)氏などの専門的なエンジェル投資家やアドバイザーによって支えられている。現在、Gregのリモートチームには11名のメンバーが在籍しており、今後はブランド責任者の他Androidのシニアエンジニアを含む少なくとも5名のエンジニアを採用する予定だ(今のところ同アプリはiOSでのみ提供されている)。 関連記事:ワクチン接種普及のためにホワイトハウスはデートアプリと協力 Gregは主に植物に水をやるタイミングを教えてくれるというアプリである...more
カテゴリー:

「育つインテリア」ビカクシダ 丸い葉からシカ角の形の葉 コロナ下 観葉植物ブームで注目 - 07月26日(月)11:30 

 丸い葉から、シカの角のような形の葉が飛び出す。2種類の異なる葉を持つ姿が、なんとも奇妙でかわいらしいのが「ビカクシダ(コウモリラン)」。枝や板に張り付き育つ様子も不思議だ。新型コロナウイルス下の空前の観葉ブームで「育つインテリア」として注目を集めている。種類によっては、なかなかのお値段がする物も。憧れのビカクシダをぜひ、わが家に飾りたい。
カテゴリー:

部屋に観葉植物飾るといいぞ - 07月19日(月)16:46  news4vip

精神衛生にいい 植物にいい環境というのは人間にもいいはず ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】雑草バブルの熱狂 葉っぱ植物に280万円! 観葉植物ブーム… - 07月17日(土)08:06  newsplus

“雑草バブル”の熱狂 200万円超の落札事例も 今「雑草バブル」がピークを迎えている。ネットオークション最大手のヤフオクでは、これら観葉植物を中心とした高額取引事例が増加している。10万円を超える価格で落札されたものはここ半年で数百件にも上っており、数十万円での取引も珍しくなくなりつつある。  今「雑草バブル」がピークを迎えている。  コロナ禍では新たな生活様式の一つとして手作りスイーツに挑戦する家庭が増えるなど、さまざまなブームが巻き起こった。そんな中で意外なブームの種となっているのが“雑草”だ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京電力福島第1原発事故】福島の除去土壌で鉢植え 官邸エントランスに設置 - 07月14日(水)06:04  newsplus

 政府は、東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の除染で生じた「除去土壌」を入れた観葉植物の鉢植えを首相官邸のエントランスに設置した。加藤勝信官房長官が13日の記者会見で発表した。除去土壌の再生利用への理解促進が狙い。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071300771&g=pol&utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=link_back_auto 福島の除去土壌で鉢植え 官邸エントランスに設置 2021年07月13日16時02分 参考) https://www.minpo.jp/news/moredetail/2021041985674 一キロ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる