「観光支援策」とは?

関連ニュース

「やっぱ広島じゃ割」予約殺到 県独自の観光支援.. - 10月15日(金)17:36 

「やっぱ広島じゃ割」予約殺到 県独自の観光支援策 旅行会社は対応に追われる #FNNプライムオンライン #テレビ新広島
カテゴリー:

北海道独自の観光・旅行支援策「新しい旅のスタイル」14日正午から予約再開 - 10月14日(木)12:20 

 北海道の観光支援策「新しい旅のスタイル」の予約が、このあと14日正午から再開されることになり、観光関係者は需要回復に期待を寄せています。2021年10月14日(木) 12時08分 更新
カテゴリー:

GoToトラベル継続へ、補助率下げも「選択肢」 星野リゾート代表 - 10月13日(水)15:01 

 星野リゾートの星野佳路代表は、政府が再開を検討している観光支援策「Go To トラベル」事業について、インバウンド(訪日外国人客)需要が回復するまで継続するべきだと訴えた。訪日客の回復が当面見込めな…
カテゴリー:

【緊急】『GO TOトラベル』がガチで再開するけどお前らどこ行くの?WXWXWXXXWXWXWXWXWXW - 10月09日(土)20:49  poverty

GoToトラベル再開はいつ?新たなGoToでは割引率に変化も? https://news.yahoo.co.jp/articles/b18ee73a3ef269b4ea980cf44fa49684771bf120 国土交通大臣が「大変重要で必要不可欠な事業」とした「GoToトラベル」。岸田総理は「前回と同じ方法で再開するのは現実的ではない」として新たな制度を検討しています。 もし新たな制度となると割引率にも変化があるのでしょうか?また再開はいつになるのでしょうか?またそれとは別に、自治体では独自の観光支援策も具体的に検討されています。緊急事態宣言後の「旅」につい...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】ガチのマジでGOTOトラベル再開へwxwwxwxwワクチン摂取社限定、平日の割引率上昇かwxwxwxxwxw - 10月07日(木)14:01  livejupiter

https://news.yahoo.co.jp/articles/b18ee73a3ef269b4ea980cf44fa49684771bf120 国土交通大臣が「大変重要で必要不可欠な事業」とした「GoToトラベル」。岸田首相は「前回と同じ方法で再開するのは現実的ではない」として新たな制度を検討しています。  もし新たな制度となると割引率にも変化があるのでしょうか?また再開はいつになるのでしょうか?またそれとは別に、自治体では独自の観光支援策も具体的に検討されています。緊急事態宣言後の「旅」について解説します。(06日17:10) ...
»続きを読む
カテゴリー:

旅行代金割り引き「新しい旅のスタイル」予約受付開始 観光地は「うれしい悲鳴…」 北海道 - 10月14日(木)17:09 

 旅行代金を最大で半額割り引く道の観光支援策「新しい旅のスタイル」の予約が、14日、再開されました。今日ドキッ!で放送2021年10月14日(木) 15時55分 更新
カテゴリー:

観光支援策「GoTo」事業について岸田首相は、安全.. - 10月13日(水)17:53 

観光支援策「GoTo」事業について岸田首相は、安全・安心の確保を前提として抜本的に見直す考えを示しました
カテゴリー:

【朗報】日本政府「ワクチン摂取者は自粛しないでええぞ」GoToトラベル再開くるぞおおおおおおおおお - 10月11日(月)18:36  poverty

旅行行きまくるわよ~ GoTo再開に向け、11社が検証ツアー 実際の再開時期は不透明 https://news.yahoo.co.jp/articles/33d9046854cba2f7bd16811d830e1cb8dd51e49f  昨年末から中断している政府の観光支援策「Go To トラベル」の再開に向けた、観光庁指定の実証実験ツアーが8日から始まった。再開にあたってはワクチン接種の証明書を持つ人などを優遇する方針で、どう書類を確認するかなどのオペレーションを旅行業者に確認してもらう。ただ、感染の再拡大の可能性もあるなかで、実際の再開時期は不透明だ。 政府は今後、...
»続きを読む
カテゴリー:

GoTo再開に向け、11社が検証ツアー 実際の再開時期は不透明 - 10月09日(土)12:00 

 昨年末から中断している政府の観光支援策「Go To トラベル」の再開に向けた、観光庁指定の実証実験ツアーが8日から始まった。再開にあたってはワクチン接種の証明書を持つ人などを優遇する方針で、どう書類…
カテゴリー:

菅政権の総括はどこへ? 自民党総裁選から岸田政権誕生までの「違和感」の理由を考えてみた - 10月07日(木)10:00 

新総裁に選出された岸田文雄氏「生まれ変わった自民党を国民に示す」自民党総裁選は9月17日に告示され、9月29日に投開票された。岸田文雄・前政調会長(64)が決選投票で257票を獲得し、170票だった河野太郎・規制改革担当大臣(58)を破り、新総裁に選出された。総裁選に立候補していたのは、岸田氏、河野氏のほか、高市早苗・前総務大臣(60)、野田聖子・幹事長代行(61)の計4人。岸田氏は新総裁に選出された後、こう強調した。「私たちは生まれ変わった自民党をしっかりと国民のみなさんに示し、支持を訴えていかなければなりません。総裁選は終わりました。ノーサイドです。全員野球で、自民党が一丸となって衆院選、参院選に臨んでいこうではありませんか」戦いが終われば「ノーサイド」。自民党の“結束”をアピールした形だ。だが、総裁選の論戦やその後岸田文雄内閣が発足する様子を見ながら、私は「違和感」をぬぐえなかった。その理由を考えてみた。総裁選を通じて感じた“モヤモヤ”の理由総裁選の期間中、共同記者会見や日本記者クラブ主催の公開討論会、党青年局・女性局主催の公開討論会のほか、一般の人からの質問に候補者がオンラインで直接答えるタウンミーティングなどが連日行われてきた。目立ったのは、テレビ局への出演だ。立憲民主党の安住淳国会対策委員長がテレビの情報番組や報道番組の報...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる