「規模拡大」とは?

関連ニュース

「ブリッツスケーリング」がイノヴェイションの芽を枯らしている:スタートアップを育てるためのVCマネー再考 - 10月16日(水)07:00 

ヴェンチャーキャピタルによる投資戦略のひとつ、少数のスタートアップに狙いを定めて多額の資金を投じる「ブリッツスケーリング(圧倒的スピードでの規模拡大)」をご存知だろうか。一見、イノヴェイションを後押しするかに見えるこの戦略は、企業が曖昧なビジネスモデルしかもたないままに成長を追いかけ、やがては奈落の底に落ちるという悪夢を現実のものに変えている──。スタートアップが存続するうえで不可欠な“血液”とも言えるVCマネーの有効活用を促すべく、コロンビア大学経営大学院の教授がVCと起業家に向けて発する3つの警告。
カテゴリー:

コーヒーのサブスクサービス「PostCoffee」が資金調達、スペシャルティコーヒーの規模拡大へ - 10月03日(木)16:59 

このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

対米貿易戦争や所得格差など難題山積 中国急成長に陰り - 09月30日(月)19:04 

 【北京=三塚聖平】建国70年を迎える中国は、国内総生産(GDP)で米国に次ぐ世界2位の経済大国となった。改革開放政策の下で外資を取り込んで経済規模拡大を続けてきたが、最近では成長スピードの鈍化に直面する。習近平指導部は、構造改革による経済モデルの転換で成長維持を目指すが、米国との貿易戦争など難題が山積する厳しい状況に置かれている。
カテゴリー:

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破 ~国内11業界の年間最少発行額について、2018年度までの推計と2023年度までの予測を実施~ - 09月26日(木)14:00 

株式会社野村総合研究所は、家電量販店やクレジットカード、携帯電話など、国内11業界の主要企業*1が1年間に発行するポイント・マイレージの発行量を現金換算した「年間最少発行額*2」について、2018年度までの実績推計および2023年度までの予測を行い、2019年9月26日に公開しました。※ニュースリリースURL(図表付き)https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2019/cc/0926_1なお、今回の予測には、2019年10月から消費税率の引き上げに伴って実施が予定されている、「キャッシュレス・消費者還元事業」によって発行されるポイント等の額は含まれていません。■2018年度の最少発行額は1兆円超、2023年度には1兆1600億円を突破国内11業界の主要企業による2018年度のポイント・マイレージの最少発行額は、1兆21億円と推計され、その3分の2はクレジットカード会社、家電量販店、携帯電話事業者により発行されているとみられます。2019年度以降も発行額は堅調に伸び続け、2023年度には1兆1,600億円を突破する見込みです。一部の企業で売上高が減少したり、ポイント還元率*3の低減が行われたりするものの、全体としては各社でポイント付与の対象会員数やポイント適用率*4が年々高まるため、ポイント・マイレージの発行規模が拡大し続けていくものと...more
カテゴリー:

愛三工---急騰で高値更新、デンソーとの提携効果期待で欧州系証券が格上げ - 最新株式ニュース - 09月26日(木)09:53 

<7283>  愛三工  904  +72急騰で年初来高値更新。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も750円から1050円に引き上げている。デンソー<6902>との事業提携に伴うパワートレイン事業の規模拡大を期待しているもよう。現状の株価に期待感は十分に織り込まれておらず、今秋に発表予定である業務提携の正式内容をカタリストとして注目としてい
カテゴリー:

動画配信クリエイター支援のライバーライツに赤坂優氏・中川綾太郎氏・W venturesが事業支援 - 10月07日(月)10:00 

写真左からW ventures代表パートナー東明宏氏、中川綾太郎氏、ライバーライツ代表取締役CEO 上野翔太氏、赤坂優氏、W venturesインベストメント・マネージャー Liu Yangnuo氏 動画の生配信を行うクリエイター「ライバー」専門のプロデュース事業を展開するライバーライツは10月7日、事業支援メンバーとしてエンジェル投資家の中川綾太郎氏、赤坂優氏、W ventures代表パートナーの東明宏氏を迎えたことを明らかにした。 ライバーライツは2018年2月の設立で、同年8月からライバープロデュース事業を本格化したスタートアップだ。「動画配信クリエイター、ライバー(Liver)の権利(Rights)を守り、可能性を最大化する」ため、プロデュースやサポートサービスを提供する。具体的には、クリエイターと契約を結び、ノウハウ提供を含めたプロデュースに加えて、配信スタジオ・機材の提供、ファンイベント開催、グッズ販売などの支援を行っている。 2019年1月には、ライバー育成コミュニティ「LaLa(ララ)」を立ち上げ、これからライバーとして活躍したい、さらに収入を得たいというクリエイターに向けて、出演案件の紹介やファンレターの安全な受け取り先の提供、ライバー同士が情報交換できる交流会の開催など、サポートを行っている。 LaLa通常会員への登録は無料。有償のVIP会員は、通常会員へのサポ...more
カテゴリー:

inahoがアスパラ自動収穫ロボの正式サービス開始、初号機は佐賀県の農家に導入 - 10月03日(木)11:02 

inahoは10月3日、自動野菜収穫ロボットの従量課金型のビジネスモデル(RaaS、Robot as a Service)を正式にスタートさせ、佐賀県の農家に第1号となるロボットを導入した。市場の取引価格×収穫量の一部を利用料として徴集する従量課金の料金体系を採っており、農家は初期導入費を抑えられるほか、故障によるメンテナンス費が不要なのが特徴だ。 ロボットのサイズは、全長125×全幅39×55cmで、重さは約65kg。バッテリーで駆動し、フル充電で最大10時間の連続駆動ができる。バッテリーは家庭用コンセントに接続して充電可能だ。このロボットでアスパラガス1本を12秒ほどで収穫できるという。 ロボットは、移動、探索、収穫という一連の流れで自動運転する。具体的には、畑に設置した白い線に沿ってルート走行するため、ビニールハウス間の移動や夜間の利用もOK。操作には専用アプリをインストールしたスマートフォンを使うが、遠隔でコントロール可能だ。また、ロボットが詰んでいるカゴが収穫物でいっぱいになった場合はスマーフォンに通知が届く。収穫する野菜の大きさはセンチメートル単位で指定できるほか、収穫対象となる野菜はロボットが内蔵するAIを活用した画像認識により枝や茎と判別したうえで、設定したサイズ以上のものだけがカゴに入れられる仕組みだ。 収穫するための手には医療用のロボットアームをカスタマイズした...more
カテゴリー:

ビ花壇---2019年6月期業績は増収ながら大幅な減益も、2020年6月期は損益改善図る - 最新株式ニュース - 09月30日(月)08:59 

<3041>  ビ花壇  296  0ビューティ花壇<3041>は、葬儀の際に利用される生花祭壇等の企画・制作・設営を主力として、生花卸売やブライダル装花を含めた生花事業をコア事業としている。また、M&Aを軸とした周辺事業の取り込みによる規模拡大と提案力向上にも積極的に取り組んできた。同社の特長は、技術難易度の高いデザイン性による差別化と、独自の調達ルートや大量仕入れを生かした価格競争力にある。た
カテゴリー:

井出靖率いるTHE MILLION IMAGE ORCHESTRA、ワンマンライブで急遽規模拡大を発表 - 09月26日(木)12:00 

井出靖率いる総勢25人を越える話題のドリーム・バンド「THE MILLION IMAGE ORCHESTRA」のライブ<WELCOME TO THE MILLION IMAGE SHOW>が10月2日代官山UNIT...
カテゴリー:

「規模拡大」の画像

もっと見る

「規模拡大」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる