「規模拡大」とは?

関連ニュース

協同組合東京ビジネスリンクとの業務提携に関するお知らせ - 07月11日(木)13:00 

株式会社No.1(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辰巳 崇之、以下当社)は、協同組合東京ビジネスリンク(本社:東京都千代田区、代表理事:大坊 卓生、以下東京ビジネスリンク)との間で、両社の事業規模拡大に向けた販売事業に関する業務提携を2019年7月に行うこととなりましたので、お知らせいたします。記【提携の理由】企業の事業活動では様々な場面で、車両が利用されております。これらの車両や燃料費を一元管理することで、適正なコスト把握に繋がります。東京ビジネスリンクが管理するETCカード、ガソリンカードを、会員が共同購入・共同利用することで大企業並みのサポートを実現しており、発行手数料や年会費は安価な設定となっております。この度、当社が業務提携を行うことで、当社の主要顧客である従業員10名未満の企業においてもこれらのメリットを提供できることとなりました。本提携により、当社及び東京ビジネスリンクには以下のメリットがございます。当社のメリットとしては、(1)ドアノックツールとして、顧客接点機会の増加に繋がる。(2)顧客リストを充実させ、当社の既存商材のクロスセルを実施することが出来る。(3)カードを取り次ぐことで、ストック収益を獲得することができ、売り切り型の既存商材に比して継続的な安定収益及びキャッシュ・フローを見込める。ということが挙げられます。一方、東京ビジネスリンクのメリットとして...more
カテゴリー:

「住民も監視対象なのか」沖縄・宮古、与那国への自衛隊配備で情報保全隊の配置に住民から不安の声 - 07月07日(日)10:20 

 【宮古島・与那国】宮古島市や与那国町への陸上自衛隊配備で、自衛隊内外の情報を収集する情報保全隊が配置されていたことを受け、地元住民からは「きちんとした説明を受けていない」「(駐屯地の)規模拡大を見据えているのではないか」などと不安や懸念の声が上がった。  宮古島への自衛隊配備に抗議を続けている「...
カテゴリー:

ヤフー 上位店限定モール新設へ、売上手数料の徴収を“復活”、優良・大手に“特別な売り場” - 07月04日(木)13:45 

 ヤフーは10月、一定規模のネット販売実施企業のみに出店を制限した仮想モール「PayPayモール」を新設する。グループ企業が展開中のスマートフォン決済サービス「PayPay」の利用者向けのプレミアムモールという位置付けで、運営する仮想モール「ヤフーショッピング」での上位の優良店または上場企業や一定の年商規模の大企業のみが出店できるもの。2013年の事業方針の転換以来、「ヤフーショッピング」ではやめた売り上げに応じた手数料の徴収を新モールでは”復活”させ、売上の3%を出店者から徴収する。同時期に新設する「PayPayフリマ」とともに、購入額などに応じて、「PayPay」を付与するなど特典の付与などを強化して、「PayPay」の利用者を誘導し、さらにネット販売関連事業の拡大を狙う考え。また、”出店料無料”を謳い、出店者数、商品数の膨張を続けてきた「ヤフーショッピング」に埋もれることを嫌った上位の優良出店者や出店自体を控えていた大手事業者を引き込み、競合モールと差別化するための「特別な売り場」として機能させたい狙いもあるとみられる。  10月にも開設する「PayPayモール」は取扱商品が「PayPay」の残高でも決済できるようにした「PayPay」の利用者向けの仮想モールで、度重なるキャンペーンですでに800万人まで拡大している「PayP...more
カテゴリー:

パーソルワークスデザイン株式会社、事業規模拡大に伴い佐世保アウトソーシングセンターを増設 - 07月01日(月)16:28 

[パーソルHD] ■佐世保アウトソーシングセンター(佐世保OSC)概要 パーソルワークスデザインは、ヘルプデスク/コールセンター事業の拡大に伴い、2017年、佐世保市に佐世保OSCを開設しました。 佐世保OSCでは、自治体を中心に...
カテゴリー:

政治主導で巨大合併狙うも相次ぎ挫折 欧州、米中との競争に焦り - 06月28日(金)06:50 

 欧州で今年に入り、鉄道や金融の大手企業の統合の試みが相次ぎ挫折した。いずれもドイツやフランスの政府が支援したもので、規模で勝る米中企業との競争で欧州の産業が生き残るため、欧州も規模拡大による「チャンピオン企業」が必要との危機感が背景にある。ただ、政府が介入する産業政策は公正な競争を損なうとの懸念もあり、議論も起きている。
カテゴリー:

スペクトラム・エフェクトがジョン・ソウ氏を取締役に任命 - 07月10日(水)22:01 

シアトル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- RF周波数帯分析のパイオニア企業であるスペクトラム・エフェクトは本日、当社の取締役にスプリントの最高技術責任者(CTO)であるジョン・ソウ氏を任命したと発表しました。ソウ氏は、独立取締役として、現行の取締役であるスコット・ジャービス、ゲーリー・スレッジ、ブルース・ブルダに加わります。 スプリントの最高技術責任者(CTO)のジョン・ソウ博士は、技術開発、ネットワーク・プランニング、エンジニアリング、そしてスプリントのネットワークの導入およびサービス保証を担当しています。それ以前は、最高ネットワーク責任者を務めていました。ソウ氏は無線業界で20年以上の経験を有しています。スプリントがクリアワイヤを買収する前は、クリアワイヤのCTOとして先見性を発揮し、5G NRに理想的なミッドバンド帯域の膨大なポートフォリオを構築しました。クリアワイヤには2人目の社員として2003年に入社し、同社の専門技術と組織の規模拡大で重要な役割を果たしました。 スペクトラム・エフェクトのスコット・ジャービス会長は、次のように述べています。「ジ
カテゴリー:

【LOCAL LETTER宣言】全地域を対象に、地域取材・記事制作・掲載の無償化、都内イベントスペースの開放、イベント運営スタッフの規模拡大を発表。 - 07月05日(金)10:50 

[株式会社WHERE] [画像1: https://prtimes.jp/i/23669/23/resize/d23669-23-291351-1.png ] WHEREは、これまで東京と地方を繋げるハブとして、自社メディアである「LOCAL LETTER」を活用し、30以上の地域を取材、381記事を制作...
カテゴリー:

米株は小幅高、米の対EU関税圧力が冷や水 - 07月03日(水)06:24 

米国株式市場は小幅高で終了した。米中の通商協議再開を巡る歓迎ムードが薄れる中、株価は取引時間の大部分にわたりほぼ横ばいで推移。米通商代表部(USTR)が1日、欧州連合(EU)に対する追加関税の対象規模拡大を検討していると発表したことが冷や水となったものの、プラス圏で引けた。
カテゴリー:

日本最大級学生専用コワーキングスペース「CAMPUS PLUS」がリニューアルオープン - 06月28日(金)15:15 

[株式会社キャンパスプラス] 学生ラウンジCAMPUS PLUSは2018年7月に、規模拡大のため渋谷から秋葉原に移転しました。 500円で利用できるという料金プランは変わらず、Wifi電源完備、会議のためのホワイトボードやプロジェクターも設置してお...
カテゴリー:

【ジャパネットサービスイノベーションの茨木社長に聞く ジャパネットグループの新事業の現状と今後㊦】 製販一体で差別化、ウォーターサーバー事業に手応え、“クレジットカード”も順調 - 06月27日(木)13:26 

 ジャパネットグループのサービス系商材などの新規事業の企画・運営などを行うジャパネットサービスイノベーションの茨木社長に同社が手掛けるクルーズ旅行の状況を聞いた前回に引き続き、今回はウォーターサーバーやクレジットカードの発行など他事業の進捗などについて聞いた。                        ◇  ――昨年1月のコウノウォーターの買収後、天然水の製造から専用ウォーターサーバーの配送・設置、メンテナンスなどすべて自社グループで一貫して手掛ける体制を整えて同年6月から本格販売を開始したウォーターサーバー事業の現状は。  「加入者数は若干、計画には届いていないが、水事業で大切な指標であるお客様が購入される水のボトルの平均本数は3・5本で想定よりも非常によい。また、解約率もかなり低く、手ごたえを感じている。ウォーターサーバーの新規契約はショッピングモールの一角などにブースを設けてゲリラ的に値引販売を行うような手法で行われることも多いが、ジャパネットのウォーターサーバーは天然水のよさやサーバーの便利さなど、サービスの本質の部分を伝えることを主眼において丁寧に販売しており、そういった意味では新規契約者獲得のための営業トークとしては弱い。しかし、本当に水が欲しいと思われる方に販売しているため、購入されるボトルの本数が多かったり、解約率が低いというところにつながっていると思う。...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「規模拡大」の画像

もっと見る

「規模拡大」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる