「要約筆記」とは?

関連ニュース

〈笑顔いっぱい〉手話奉仕員養成講習会(唐津市) - 04月01日(水)20:15 

手話、要約筆記、筆談は聴覚障がい児・者にとってコミュニケーションを取るために必要な言語で、情報を得る大切なツールだ。唐津市の手話奉仕員養成講習会は1992年から始まり、28年間続いている。 毎週火曜日午後6時から市障がい者支援センターりんくで開催。受講生は小学3年生から75歳まで約30人。唐津手話の会(富田芳郎次会長)のサポートを受けながら楽しく学んでいる。(地域リポーター・坂田あや子=唐津市) 出(いで) 貴史さん(42) 介護福祉の学校から始めた手話。アニメの聖地唐津。
カテゴリー:

「要約筆記」の画像

もっと見る

「要約筆記」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる