「西島秀俊」とは?

関連ニュース

中林大樹、松岡茉優演じるワカメの恋人・貝塚タケシ役に抜擢!「驚きとうれしさと不安でごちゃごちゃ」 - 10月15日(火)10:33 

俳優の中林大樹が、11月24日(日)20時から放送される天海祐希主演のスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に出演することがわかった。中林が演じるのは、貝塚タケシというドラマだけのオリジナルキャラクターで、松岡茉優演じるワカメの恋人として登場する。本作は、アニメ『サザエさん』の放送50周年を記念し、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ。サザエ役の天海の他、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀の出演が決定している。さらに、マスオの同僚である穴子を小手伸也、波平の甥であるノリスケを八嶋智人、サザエとマスオの娘でタラオの妹のヒトデを桜田ひより、カツオの同級生だった花沢花子を森矢カンナが演じる。ドラマでは、ワカメもついに29歳。アパレル関係会社でデザイナーとして働いているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいた。そんなとき、取引先の営業マンだった貝塚と出会う。貝塚はワカメに一目惚れし、ワカメも貝塚の真面目で誠実な人柄に好意を抱き、やがて2人は交際に発展。性格のみならず、スラッとした長身でスーツを着こなす3歳年上の貝塚はワカメの自慢の恋人で、デートの時はワカメの“おしゃれ心”にもいっそう気合いが入るのだった。また、貝塚は、「いつかたくさんの人に愛される服を自分がデザインする」とい...more
カテゴリー:

西田敏行「御礼に歌っちゃいまーす」劇中歌を披露 - 10月10日(木)19:09 

公開中の映画「仁■(にんきょう)学園」のヒット御礼舞台あいさつが10日、都内で行われた。 のヒット御礼舞台あいさつが10日、都内で行われた。 西島秀俊(48)とW主演した西田敏行(71)が登壇し、劇中で歌った「また逢う日まで」を披露する…
カテゴリー:

八嶋智人、“20年後のサザエさん”でノリスケ役!「親近感があったので嬉しかった」 - 10月06日(日)15:10 

11月24日(日)20時から放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)で、八嶋智人が20年後の波野ノリスケ(46歳)を演じることが分かった。今年10月にアニメ放送50周年を迎え、いつの時代も日曜の日本を笑顔にし続けてきた磯野家。本作では、天海祐希主演で、“日本一有名な家族”であるサザエさん一家のこれまで一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで描く。アニメで描かれる世界から20年が経ち、カツオ(31歳/濱田岳)は野球選手、漫画家など、夢見ては挫折を繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面。ワカメ(29歳/松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩み、タラオ(23歳/成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。また、波平(74歳/伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱え、フネ(70代/市毛良枝)はそんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守っている。さらに、マスオ(48歳/西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を。サザエとマスオの娘であるヒトデ(17歳/桜田ひより)は年頃の...more
カテゴリー:

水道もガスもない...山奥にひっそりと佇む一軒家! 絶滅危機に瀕した住人:たけしのニッポンのミカタ! - 10月04日(金)11:13 

現代日本人の身近に起きる様々な社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント番組「たけしのニッポンのミカタ!」(金曜夜10時)。10月4日(金)は、ゲストに西島秀俊、村上佳菜子を迎え、最近、すっかり見なくなったモノが残る現場などを紹介する2時間の拡大版「たけしが行く!消えていいのかニッポン絶滅危機SP」をお届けする。そこで「テレ東プラス」では、先取りで「絶滅寸前!"国産漆"をとる山の上の職人」をピックアップしてご紹介。京都の山あいに今や絶滅の危機に瀕している職人がいるという。新幹線とローカル線を乗り継いでたどり着いたのは、京都府京丹後市にある峰山。 駅から山に向かってタクシーを走らせること約40分。そこから、車が入れぬ山道を歩いていくと......奥深い山の中で"ひっそりと佇む一軒家"を発見!この方が、今や絶滅の危機に瀕するある仕事を生業にしている大益牧雄さん。早速お宅の中を拝見させていただくことに。元々は知人が所有していた築100年を超える古民家を管理することになり、その後、35年間このお宅に住みつき、たった一人で生活しているという。かろうじて電気は通っているものの、水道はないので湧き水を使用。ガスもないため拾ってきた薪を燃料にしている。新聞は配達地域外のため、1日遅れで郵送されるそう。一見、不便に見える深山での暮らしだが、大益さんがこの地で暮らすのは仕事のため。とい...more
カテゴリー:

小手伸也が穴子さんに!西島秀俊演じるマスオとのやりとりに注目『磯野家の人々』 - 10月04日(金)06:00 

小手伸也が、11月24日(日)20時から放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)で、20年後の穴子(47)を演じることがわかった。 今年の10月にアニメ放…
カテゴリー:

【ドラマ】サザエさん:20年後の花沢さん役は森矢カンナ おしとやかで献身的な女性に育つ - 10月11日(金)06:44  mnewsplus

 フジテレビ開局60周年記念とアニメ「サザエさん」の放送50周年を記念したスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」で、女優の森矢カンナさんが20年後の花沢花子(31)を演じることが10月11日、分かった。森矢さんは、花沢さんの二つ結びを再現するため、髪を20センチ切って撮影に挑んだ。  花沢さんは、カツオの小学校の同級生。男子よりも力持ちな半面、実は料理や裁縫が得意で、家庭的で高い女子力を持っている。20年後は、豪快な部分は鳴りを潜め、女子力の高さに磨きがかかり、おしとやかで献身的な女性に。カツ...
»続きを読む
カテゴリー:

森矢カンナ、髪をバッサリ切って20年後の花沢さんに変身!カツオとは友達以上の恋人未満『磯野家の人々』 - 10月10日(木)18:58 

女優の森矢カンナが、11月24日(日)20時から放送される天海祐希主演のスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に出演することがわかった。森矢が演じるのは、20年後の31歳になった花沢花子。カツオの小学校の同級生だった“花沢さん”を森矢がどう演じるのかに注目が集まる。本作は、アニメ『サザエさん』の放送50周年を記念し、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ。サザエ役の天海の他、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡茉優、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀の出演が決定している。さらに、マスオの同僚である穴子を小手伸也、波平の甥であるノリスケを八嶋智人、サザエとマスオの娘でタラオの妹のヒトデを桜田ひよりが演じる。花沢さんといえば、小学校ではカツオと隣同士の席で、将来の夢は「磯野くんのお嫁さん」と公言していたカツオのガールフレンド的な存在。豪快な笑い声とパワフルな言動でカツオを圧倒する反面、料理や裁縫が得意など、高い女子力を併せ持っていた。そんな花沢さんも20年経ち、アラサーに。豪快で男勝りな部分はナリを潜め、女子力の高さに磨きがかかり、おしとやかで献身的な女性へと成長。身長にいたってはカツオを超えている。将来の夢だったカツオのお嫁さんにはまだなれないものの、シェフとして自身の洋食店を切り盛りしているカツオとは、友達以上の恋...more
カテゴリー:

アニメ50周年記念『サザエさん』誕生秘話と作者・長谷川町子の素顔に迫る - 10月04日(金)18:54 

10月5日(土)15時30分から『サザエさんアニメ50周年記念 誕生秘話に迫る“サザエさんと町子さん”』(フジテレビ系)が放送される。1969年10月5日に放送を開始した『サザエさん』は、ちょうど50年の日を迎える。その記念すべき日に、サザエさんの生みの親である長谷川町子の素顔をひもとくと共に、アニメ50年の歴史をたどるドキュメンタリー番組をオンエア。子供からお年寄りまで、誰からも愛される国民的アニメが誕生するまでの経緯と、その歴史に隠された驚きのエピソードが明らかになる。番組冒頭には1969年に始まった第一回の放送「75点の天才!」の貴重な映像が登場。カツオが珍しく学校から75点のテストを家に持ち帰る。“たいしたもんだ! そりゃなんと言っても私の弟だもん!”と褒め、親戚に自慢するも後から0点のテストが次々と出てきてサザエさん一家はてんやわんやの大騒動になるという話。絵のタッチや、大きく派手な動きが今のサザエさんとは少し違う雰囲気の映像だが、サザエさんの声は当時から今も変わらず加藤みどりが担当しており、カツオのキャラクターや登場人物の服装は今とほとんどかわっていない。この50年で変わった事、変わらない事など、その変化を貴重な第一回の放送から垣間見ることができる。『サザエさん』が初めて世に出たのは実はアニメ放送が開始されたさらに23年前の1946年4月22日。福岡の新聞に掲載された4...more
カテゴリー:

死の現場にも「希望と笑顔がある」命に寄り添う在宅ホスピス医・内藤いづみに密着『情熱大陸』 - 10月04日(金)10:59 

10月6日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、「いのち」に寄り添う在宅ホスピス医の内藤いづみに密着。内藤が模索する“究極の在宅医療”に迫る。超高齢化社会の日本。厚生労働省の2014年の人口動態統計によると、病院で亡くなる人が70%以上もいる中、政府はプロジェクトチームを設置し、在宅医療を推進し始めた。在宅での「看取り」は、いずれは向き合うことになる。山梨県・甲府に小さなクリニックを構える内藤は、午前中の外来を終えると白衣を脱ぎ、往診に出かける。待っているのは、最期の時を自宅で過ごしている患者達だ。内藤は勤務医時代、先端医療優先で、患者の意志にかかわらず、無機質な病院で人生の最期を迎える医療の在り方に疑問を感じていた。その時に出会った末期がんの若い女性患者との出会いから、ホスピス医療に興味を持つようになる。そんな中、イギリス人の夫の転勤によって移住したホスピス医療の本場イギリスで、自分が目指していた終末期医療を見つける。それは、医療に管理されるのではなく、最期まで自分らしく生き抜けるように、心と体の痛みを取り除きながら、患者だけでなくその家族も支えるものだった。帰国後、日本でまだホスピス医療の概念がない時から、24時間休むことなく「命に向き合う医療」のために、その人の病状や環境、家族や周囲の人間関係までも配慮した、究極の“その人のための医療”を実践。患者が...more
カテゴリー:

小手伸也が穴子さんに!西島秀俊演じるマスオとのやりとりに注目『磯野家の人々』 - 10月03日(木)17:05 

小手伸也が、11月24日(日)20時から放送されるスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)で、20年後の穴子(47)を演じることがわかった。今年の10月にアニメ放送50周年を迎える『サザエさん』。その記念すべき年に、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマが放送される。すでに発表されている10年後の磯野家の姿を描く舞台『サザエさん』に続く試みとなり、サザエ役の天海祐希の他、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡茉優、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀、ヒトデ役の桜田ひよりの出演が決定。『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』や『HERO』の鈴木雅之が演出を手掛ける。小手が演じる穴子は、マスオの同期入社で20年後も変わらず海山商事で営業に勤しんでいる。なんと言ってもアニメでは、27歳とは思えない“老け顔”が印象的だが、20年経って逆に年齢よりも少し若く見られるようになった。マスオとともに出世をするも、部下である新入社員たちが、いわゆる“ゆとり世代”で、コンプライアンスにうるさい時代にもなり、強いことも言えず、逆に新入社員に気を遣う日々を送っている。そんな穴子の気晴らしと言えば、20年前と変わらず、公私ともに仲の良いマスオとの“帰りに一杯”。仕事の愚痴などを言い合いながら、一杯ですむわけもなく、夜は更けていく……。...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「西島秀俊」の画像

もっと見る

「西島秀俊」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる