「西側諸国」とは?

関連ニュース

【仲間はずれ(´・ω・`)】プーチン大統領、ノルマンディー式典に呼ばれず でも 「問題ない」 - 06月07日(金)19:28  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/48551839 プーチン大統領、ノルマンディー式典に呼ばれず でも 「問題ない」  2019/06/07 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、フランス北部ノルマンディーで6日に開かれたノルマンディー上陸作戦の75周年式典に招待されなかったことについて、「問題ではない」と話した。 この日の式典には、アメリカのドナルド・トランプ大統領をはじめとする各国首脳が参加した。 プーチン氏は、2014年に行われた70周年式典には招待され、参加した。今回については、ロシア国内に「やるべき職務がたくさ...
»続きを読む
カテゴリー:

【中ロ】習主席、プーチン大統領は「親友」 友好関係をアピール - 06月07日(金)00:16  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/48538463 習主席、プーチン大統領は「親友」 友好関係をアピール 2019/06/06 3日間の日程でロシアを訪問している中国の習近平国家主席は5日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は「親友」だと述べた。中国とアメリカの貿易戦争が激しさを増す中、ロシアとの友好関係をアピールした。 ロシアは2014年、ウクライナ南部クリミア半島の併合をめぐり西側諸国との関係が悪化して以降、東側の国々との関係重視へと方向転換した。 両国は一連の貿易協定で合意しているほか、中国は今年4月、モスクワ...
»続きを読む
カテゴリー:

中国人留学生のための学費送金代行スタートアップEasy Transferの取引高は850億円超 - 05月31日(金)08:30 

消費者相手の企業を立ち上げようと考えている人には、中国人留学生は最高に魅力的なターゲットだろう。若いし、高度な教育を受けているし、ママとパパの銀行口座から金が引き出せる。 数多くの中国人家族が、西側諸国で勉強する子どもたちに毎年送金しているため、彼らは大変にアクセスしやすいオーディエンスとなっている。留学には金がかかる。米国の一流大学に留学すれば、学費と生活費の合計は年間5万ドルにものぼる。米国と中国の間に緊張感が増している今でも、留学先として米国を好む中国人は多い。 中国人留学生は金持ちだという印象は必ずしも当たらない。中国では、海外の「より良い」教育を子どもが受けられるように、生活水準を落としてまでして金を工面する中流家庭が増えている。とにかく海外に暮らして学ぶには、本国で学ぶよりもずっと多くの金がかかるのだ。名門北京大学ですら、年間の学費は1000ドルに満たない。 このような大金を使わざるを得ない人たちを取り込もうと、ある中国出身者が立ち上げたスタートアップがEasy Transferだ。2013年、当時19歳だったTony Gao氏が共同創設した企業で、その名が示すとおり、海外で学ぶ中国人留学生への送金に絡む面倒な手続きを手伝ってくれる。IDGが支援するこのスタートアップは、2018年の取引高が7億7600万ドル(約850億円)という驚異的な額を突破した。採算が取れるように...more
カテゴリー:

ファーウェイ苦境の最中に中国が初の5Gライセンスを認可 - 06月07日(金)08:30 

以前から予測されていたように、中国は米国時間6月6日に初めて商業向け5Gライセンスが認可される企業を指名した。 2018年には世界の通信機器の売り上げの30%近くを占めた中国企業のHuawei(ファーウェイ)が、セキュリティ上の潜在的な懸念により西側諸国で監視の目が厳しくなる中、中国の通信当局となる中華人民共和国工業情報化部(MIIT)からこのニュースは発表された。 この認可は、2019年後半になると予測されていた中国の5Gライセンスのスケジュールを数カ月前倒ししたものだ。この加速は、すでに商業サービスを開始しているアメリカや韓国との5G産業競争に向けた、中国の野心を明確に示している。 MIITは、China Telecom(チャイナテレコム)、China Mobile(チャイナモバイル)、China Unicom(チャイナ・ユニコム)とケーブルテレビ局のChina Broadcasting Networkに、次世代の携帯ネットワーク事業を認めた。 なお、ネットーワーク機器メーカーやスマートフォンメーカー、チップメーカーやアプリ開発者を含む、5G業界のプレーヤーも準備を進めている。ここ数ヶ月、Samsung(サムスン)やOPPO(オッポ)、Xiaomi(シャオミ)、ファーウェイは5G対応スマートフォンの計画を発表している。 一方、ネット業界大手のTencent(テンセント)はInt...more
カテゴリー:

中国で商用5Gライセンスが近日認可へ - 06月04日(火)07:45 

今日では広く知られている方法だが、中国の公式声明は短いものほど重要だ。米国時間6月3日、中国の電気通信当局となる中華人民共和国工業情報化部は短い声明にて、「近日中に商用5Gライセンスを認める」と発表した。 これは、中国共産党の機関紙こと人民日報が伝えたものだ。4カ月前にTechCrunchは、中国が商用次世代モバイル通信の導入を急いでいることを伝えた。これは、同国の5G開発で重要な役割を果たすファーウェイ(Huawei)が、米国による西側諸国へとその技術を使わないようにと圧力をかけていた最中のことであった。 トランプ政権が米企業との取引を禁止した数週間後、ファーウェイは海底ケーブル会社の株式の過半数を売却している。 そしてファーウェイは、他の同盟国を見つけようとしている。ちょうど先週、同社は5G研究室を韓国に開設したが、そのイベントは控えめなものだった。ロイターによれば、これは韓国がアメリカの同盟国だからだ。 Counterpoint Researchでリサーチディレクターを務めるNeil Shah氏が以前TechCrunchに伝えたところによれば、中国における5Gライセンスの認可は国内経済を加速させ、「5G技術を利用してデバイスや自動車、製造業の技術や経験をアップグレードするための需要を歓喜する」としている。 中国信通院(China Academy of Information ...more
カテゴリー:

「西側諸国」の画像

もっと見る

「西側諸国」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる