「複合ビル」とは?

関連ニュース

JR札幌駅に地上245m超高層ビル 2028年完成 最高級ホテルやバスターミナルも - 05月19日(木)11:27  news

札幌駅前新複合ビル28年度完成 1年前倒し、総工費未定 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC184O40Y2A510C2000000/ JR北海道と札幌市が計画する札幌駅前の再開発ビル 北海道新幹線の札幌駅は改札口が吹き抜けのアトリウムにつながる計画 JR北海道は18日、北海道新幹線の札幌延伸にあわせて 札幌駅前に整備する複合高層ビルが2028年度に完成すると発表した。 時期は1年前倒しになる。22年秋の都市計画決定を目指し、23年度中に着工する。 島田修社長が18日開いた記者会見で明らかにした。 「北5西1・西2」地区に建...
»続きを読む
カテゴリー:

「4~5人が喧嘩しています、止めてください」カラオケ店で、グループ同士がトラブル…馬乗りになり、顔を殴った35歳を逮捕 - 05月14日(土)15:07 

 13日深夜、札幌市厚別区の複合ビル内のカラオケ店で、20歳の男性の顔を殴るなどしたとして、35歳の男が逮捕されました。2人は、それぞれグループで店を訪れていた客同士です。2022年05月14日(土) 14時54分 更新
カテゴリー:

【大阪】老朽化した「マルビル」、姿を消す - 05月13日(金)16:51  poverty

大和ハウス工業は13日、子会社が運営する大阪市北区の複合ビル「大阪マルビル」(高さ123メートル、地上30階建て)を建て替えると発表した。 1976年の完成以来、50年近く親しまれてきた大阪・梅田のランドマークが姿を消す。  新たに高層ビルを建設する予定で、2023年夏に着工し、30年春までの完成を目指す。 特徴的な円筒型のデザインと「マルビル」の名称は残す方向で検討している。  大阪マルビルは「大阪第一ホテル」を中心に飲食や物販など35店舗が入り、ユニークな形状から梅田のシンボルとして...
»続きを読む
カテゴリー:

大阪マルビル、建替えへ 建替え中は大阪・関西万博のバスターミナルに - 05月13日(金)15:23 

大和ハウス工業と大阪マルビルは、大阪駅前の複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を発表した。 「大阪マルビル」は、大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工。当時の最新鋭の技術を結集した日本初の円形超高層ビルで、梅田 […] 投稿 大阪マルビル、建替えへ 建替え中は大阪・関西万博のバスターミナルに は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

梅田駅前「大阪マルビル」を建て替えへ 30年春の完成めざす - 05月13日(金)14:51 

 大和ハウス工業と大阪マルビルは13日、梅田駅前の複合ビル「大阪マルビル」を建て替えると発表した。現状の地上30階建て、高さ123メートルを高層化する方針。2023年夏に工事着手し、30年春の完成を目…
カテゴリー:

大阪マルビルが建て替えへ、解体工事後はバスターミナルに - 05月15日(日)09:15 

大阪・梅田のランドマークとして長らく親しまれてきた複合ビル「大阪マルビル」(大阪市北区)の建て替えが決定。運営する「大和ハウス工業」および「大阪マルビル」から5月13日に発表された。新施設は2030年春の完成を目指すとい […]
カテゴリー:

大阪マルビル建て替えへ 30年春完成 円筒形デザイン一部残す予定 - 05月13日(金)20:19 

 大和ハウス工業は13日、JR大阪駅前の複合ビル「大阪マルビル」を建て替えると発表した。2023年夏に着工し、30年春の完成を目指す。高さ約124メートルの現在のビルよりも高層化させる計画で、ホテルやオフィス、大型ホールを設置する。
カテゴリー:

大阪マルビルが建て替え、2030年春の完成目指す - 05月13日(金)15:56 

大和ハウス工業と大阪マルビルが、ホテルや飲食店などで構成される複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を発表した。2023年夏に工事着手を予定し、2030年春の完成を目指すという。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

「大阪マルビル」を建て替えます - 05月13日(金)15:16 

2022年5月13日 大和ハウス工業株式会社 株式会社大阪マルビル  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)と株式会社大阪マルビル(本社:大阪市、社長:吉本晴之)は、ホテルや飲食店などで構成される複合ビル「大阪マルビル」の建て替え計画を決定しました。  また、解体工事後の敷地を活用して、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開催期間中はバスターミナルとして敷地を貸し出し、バスの発着場、待機場として活用いただきます。    「大阪マルビル」は、大阪の超高層ビルの先駆けとして1976年に竣工し、その円筒形のユニークな形状から大阪のランドマーク的な存在として長らく親しまれてきました。しかし、50年近くを経過し、建物・設備の老朽化や周辺施設との競争力の低下が課題となってきました。そこで、大和ハウス工業および大阪マルビルは、当該施設の建て替えを決定し、より質の高い商品・サービスを提供でき、大阪の新たなランドマークとなりうる施設として刷新することとしました。  本計画の実施については、今後、関係者との協議を進めていきますが、2023年夏の工事着手、2030年春の完成を目指します。   1.ホールやオフィスも併設した文化交流の場に進化  「大阪マルビル」は、「大阪第一ホテル」を中心として、飲食店や物販店舗など35テナントで構成されてい...more
カテゴリー:

千日デパート火災 50周年 - 05月13日(金)06:51  poverty

大阪ミナミの複合ビル、千日デパートビルで火災が発生。7階のキャバレーを中心に多くの客や従業員が逃げ遅れた。防火設備の未整備もあって死者は118人に膨らみ、国内で史上最悪のビル火災惨事となった。建物は火災後、取り壊された。 https://www.jiji.com/jc/daily 昭和47年5月13日の夜10時半頃、大阪ミナミの繁華街で衝撃的なビル火災が発生した。それが、千日デパート火災である。 三階、改装工事中のデパート衣料品売り場付近から出火し、急速に燃え上がり、エスカレータ一部分を介して二階と四階を焼損した。 煙は、...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる