「製品化」とは?

関連ニュース

【半導体レーザー】次の主力は「半導体レーザー」 日亜化学が新生産棟 LEDを超える事業になる可能性 - 02月15日(金)16:59  newsplus

日亜化学工業(徳島県阿南市)が半導体レーザー(LD)増産に向け建設していた新しい生産棟が完成した。本格稼働は2020年2月ごろを予定。LDは今後、映像、医療用など用途の広がりで市場の急成長が予想される。日亜化では20年度のLDの売上高を17年度実績比2倍強の500億円を見込んでいる。 日亜化で光半導体事業を統括する岸明人専務は14日開いた記者会見で「LDは現在主力の発光ダイオード(LED)を超える事業になる可能性がある」(岸専務)と期待を込めた。 新生産棟は本社工場(阿南市)敷地内に地上8階建て、延べ床面積約3万平方メ...
»続きを読む
カテゴリー:

【Interview】誰も漏らさない世界を作りたい!「CES 2019」で高評価、“排泄予測デバイス”「DFree」の創業者の思いが熱い! - 02月15日(金)09:00 

高齢化社会が進む日本では、高齢者の介護問題は今後ますます増えていくだろう。生きている限り排泄処理が必要になるが、介護者にとって排泄のケアをすることは大きな作業負担、心理的負担を伴う。 ・排泄予測デバイス「DFree」、介護の負担軽減を目指す 介護者の排泄のタイミングをあらかじめ知ることで、介護の負担を減らそうという取り組みが、排泄予測デバイス「DFree(ディー・フリー)」である。アメリカ・ラスベガスにて開催された世界最大級の電子機器の見本市「CES 2019」に出展し、3つのアワードを受賞したという。 企画・開発・販売を手がけるトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社の代表取締役・中西 敦士氏に詳しいお話を聞かせていただいた。 Q1.排泄予測デバイス「DFree」(ディー・フリー) とは、どのようなサービスですか? 小型の超音波センサーを用いたIoTウェアラブルデバイスと、専用のアプリがセットになったサービスです。腹部にマッチ箱くらいの本体を装着すると、超音波が膀胱の変化を捉え、スマートフォンやタブレット上の専用アプリで排尿のタイミングをお知らせします。 個人向けの「DFree Personal(ディー・フリー・パーソナル)」と、介護施設などの法人向けの「DFree 排泄予測サービス」「排泄自立支援サービス」のサービスがあります。従来の排泄ケアでは困難だった被介護者に合わせたパーソ...more
カテゴリー:

サムスン、光学ズーム対応カメラを内蔵するスタイラス--特許を取得 - 02月12日(火)14:00 

特許というと、技術的なアイデアを説明した書類であり、実現性や収益性に疑問のあるものも多い。しかし、サムスン電子が米国特許商標庁(USPTO)へ出願し、米国時間2月5日に「ELECTRONIC PEN DEVICE HAVING OPTICAL ZOOM」として登録された特許は、すぐにでも製品化されそうな技術だ。
カテゴリー:

WaymoのCTOが語る、会社の過去、現在、そして次に来るもの - 02月12日(火)08:00 

10年前、10人あまりのエンジニアたちが、Charleston RoadにあるGoogleのマウンテンビューメインキャンパスに、Project Chauffeur(お抱え運転手プロジェクト)のために集められた。これはGoogleの未踏最先端研究”X”の中に生まれた秘密の取り組みだった。 Project Chauffeur ―― 一般には「Google自動運転車プロジェクト」として知られている ―― は、こうして2009年1月に始まった。プロジェクトはやがてその試験的状態を卒業し、2016年にはWaymoと呼ばれる会社として独立した。 このプロジェクトを当初率いていたのはSebastian Thrunである。彼が現在も開発が続く、全てのエコシステムの立ち上げに尽力したのだ。ベンチャーキャピタリストたちが注目し殺到した。自動車アナリストたちは態度を変え、規制当局、都市計画者、そして政策立案者たちはデータを収集し、自動運転車が都市に及ぼす影響について考慮し始めた。 このプロジェクトはまた、自分自身の会社を作りたいエンジニアたちの、跳躍台でもあり続けた。たとえばそうしたエンジニアとして、Auroraの共同創設者Chris Urmson、Argo AIの共同創業者Bryan Salesky、Otto(や最近はPronto.ai)の起業を手がけたAnthony Leva...more
カテゴリー:

国会議員動静 2月11、12日 - 02月11日(月)13:00 

■11日 =衆院= 【原口】佐賀〈地域行事▽国政報告会=巨勢・兵庫〉 【大串】佐賀〈湊疫神宮灰ふりまつり▽地域行事〉上京 【今村】東京〈来客対応〉 【古川】青森〈G1サミット分科会登壇「iPS」~世界最速再生医療製品化サイクル〉佐賀〈あいさつ回り〉 【岩田】佐賀〈松田一也基山町長後援会総会▽地域意見交換会〉 =参院= 【福岡】佐賀〈地域行事〉上京 【山下】佐賀〈建国祭▽唐松地区商工会青年部女性部合同研修会講演▽講演=伊万里市〉■12日 =衆院= 【原口】東京〈予算委員打ち合わせ▽党政調審議会▽…
カテゴリー:

アプリ開発でヘマしないための控えめな提案 - 02月15日(金)12:00 

設計と開発のための技術の分野は進化し続けているのだから、そうしたシステムをデザインするためのプロセスも進化すべきだ。 投資のためなのか、製品の開発を手助けするためなのかは別として、起業家や企業にとって、その製品の長期的な影響を考慮し、よりよく気を配った慎重なアプローチを熟慮することの必要性を伝えることは重要なことだ。 製品化のためのプロセスは、常に次の順序で実行する必要がある。まず戦略、次に設計、最後にエンジニアリングだ。これらのプロセスの柱に対して、「なぜ?」という態度で臨めば、より優れた製品、より高い消費者の関心が得られるはずだ。そして拡張し続けるインターネットに対しても、有益な貢献ができるかもしれない。 フェーズ1:製品戦略 この製品戦略の柱の中では、製品を開発できる人がいるからといって、必ずしもその人に開発を任せるべきとは限らない、ということを覚えておくことが重要だ。ある種の技術が利用できるからといって、それが使いやすさを向上させるとは限らない。目的が製品開発を推し進めるのはであって、技術自体ではけっしてない。 最近開催された第40回のInternational Conference of Data Protection(国際データ保護会議)で、その会議のホストであるGiovanni Buttarelliは、「法律に準拠していて、技術的に実現可能でありさえすれば、道徳的...more
カテゴリー:

「インターステラー」で主人公がモールス信号を送った腕時計「マーフウォッチ」が発売。5次元ボックスに入って価格は118,800円 - 02月14日(木)19:55  poverty

ハミルトン、映画「インターステラー」の「マーフ ウォッチ」を製品化 ハミルトンは、映画「インターステラー」のために特別に制作された「マーフ ウォッチ」を5月に発売する。 製品名は「Khaki Filed Murph Auto(カーキ フィールド マーフ オート)」で、予定価格は11万円。 クリストファー・ノーラン監督による2014年公開の映画「インターステラー」。 劇中で登場する父と娘をつなぐ大切な時計、通称「マーフ ウォッチ」は映画のために作られたものだが、 ファンの間で製品化を望む声が後を絶たなかったという。そのため、ハミ...
»続きを読む
カテゴリー:

建設現場の「働きかた改革」に直結・クラウド型遠隔分電盤電源管理システム『JITANスイッチ』を開発 - 02月12日(火)10:00 

2019年2月7日 クェスタ株式会社 クェスタ株式会社(本社:埼玉県川口市 代表取締役:大石守)は、建設現場の仮設照明分電盤の電源のON/OFF作業を遠隔操作で可能にした『JITANスイッチ』を開発しました。建設現場・朝礼用デジタルサイネージ(電子掲示板)に搭載し、3月1日から全国で販売します。  新たに開発した『JITANスイッチ』は、建設現場の各エリア・各棟・各フロアにおける電源のON/OFF作業をクラウドサーバーで実現し、現場作業の文字通り“時短”を可能にしたのが最大の特徴です。これまで人海戦術で行っていた電源のON/OFFを遠隔操作でできるため、「働きかた改革」が掲げる建設現場の長時間労働の改善・労働生産性の向上を背景に現場の省力化を実現します。 <追加例>当社の主力製品である建設現場・朝礼用デジタルサイネージ『JITAN』は、「業界に先駆けて2016年に製品化、月間最大で114時間の事務作業時間を削減しています。出荷台数も100台を超、今回これに『JITANスイッチ』を搭載して販売することでシステム全体の差別化を図り、引き続き同市場をリードしていきます。」 『JITANスイッチ』の主な特徴  1.操作端末は、デジタルサイネージ・PC・iPad・スマートフォンを選ばず、仮設分電盤のON/OFFを遠隔で操作できます。 2.操作画面もスイッチをモチーフにしてい...more
カテゴリー:

座るだけで測定完了!心臓の健康状態をモニタリングできるスマート便座 - 02月11日(月)17:00 

世界保健機関(WHO)も示しているように、人々が継続して健康状態をモニタリングして治療計画を遂行できれば、どんな治療法よりも世界の健康事情へ与える影響が大きいと考えられる。 ニューヨークのロチェスター工科大学(RIT)の研究チームは、スマート便座を通してこれに貢献するかもしれない。 研究チームが開発したのは心臓の健康状態をトラッキングするものだ。TOTOやPanasonicはすでにIoTトイレをリリースしているし、Googleもトイレの健康モニタリングシステムで特許を取得しているが、これらのトイレット技術は、排泄物の分析に焦点を当てている。 これに対してRITのものは便座のセンサーを使ってバイタルサインを分析する。 ・毎日の行為を通して健康状態をトラッキング RITが開発した技術は、毎日の行為の中で心臓の健康状態がトラッキングできて、時間や手間がかからない。患者の心臓の健康状態が悪化していることがわかれば、医師の診察を受けるタイミングを早期に発見できる。 便座のセンサーは、心臓病患者の血圧、血中酸素濃度、その他心臓のデータを正確に取得してクラウドにデータを送る。 いまのところFDA承認の心不全モニタはCardioMEMS HF Systemのみ。これですら、心臓近くの動脈に小型の圧力センサーを埋め込み、1日1回ベッド型の装置に横たわってデータを計測しなければならない。 それと比較し...more
カテゴリー:

AR機能を活用した砂場「iSandBOX」が登場 - 02月10日(日)17:00 

「iSandBOX」は、世界で初めて製品化された 「AR砂場」。世界40ヶ国で販売されており、幼稚園・小学校・テーマパーク・博物館・科学館・心理療法・介護など、様々な施設に1000台以上、110都市で導入されている。子どもから大人まで「遊ぶ・学ぶ・癒される」進化した砂遊びを楽しめるAR砂場だ。 ・AR砂場って何? 砂の入ったサンドボックス、3D CGとサウンドを演算するPC、砂の高低差を計測する深度センサー、砂場に映像を投影するプロジェクターで構成されている「iSandBOX」。 天井部にある深度センサーがサンドボックスにある砂との距離をリアルタイムに計測して、その数値を元に演算した様々な映像をプロジェクションマッピングし、インタラクティブコンテンツを提供するシステムだ。 ・幅広い活用分野に期待 「iSandBOX」は、高いインタラクティブ性を兼ね備えているため、様々な分野での活用が期待されている。例えば、教育の場では地球環境や自然・科学について、楽しみながらインタラクティブな授業の教材として、エンターテイメントの分野では「iSandBOX」はスクリーンレスなシステムが評価されている。 また、砂療法に基づいた健康に害を及ぼさない設計は医療の分野でも注目されている。砂を使った箱庭療法は、心の自然な回復能力を促進する心理療法などへの導入も検討されているようだ。 子ども向けのイメージもあ...more
カテゴリー:

もっと見る

「製品化」の画像

もっと見る

「製品化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる