「製アプリ」とは?

関連ニュース

明日のテクノロジーはどう見えるのか、見えない人に聞いてみよう - 11月28日(土)09:30 

私は2009年に法律上の盲人と宣告されたが、その頃に自分を盲人と称する人を1人も知らなかった。ましてや「ロービジョン」や「視覚障がい」だと聞くことはまったくなかった。私は現在、世界最大の視覚障がい者コミュニティのBe My Eyesを運営している。Be My Eyesは、ライブのビデオ通話を利用して400万以上の人と企業が200以上の言語でユーザーをサポートするプラットフォームだ。このコミュニティの成長は我々の生活を向上させるために重要な意味を持つステップではあるが、これは現在の状況のほんの一端だ。私は多くの人から「視覚障がい者にとって良い時代だ」と聞いている。 その理由は、ここ10年間で「Sight Tech(視覚に関するテクノロジー)」が急激に進歩したからだ。かつては「支援」や「特別なニーズ」のためのテクノロジーと呼ばれるものが主流だった。今は障がい者が障がい者のために開発したテクノロジーを、あなたや、あなたの子供や、あなたの祖父母が、自身に障がいがあると認識しているかどうかにかかわらず使っている。 Sight Tech、もっと広くいうならEyes-Free Tech(視覚に頼らないテクノロジー)は、いまや私たちの生活や、私たちにとって欠かせないデバイスの至るところに関わっている。その恩恵を受けているのは視覚障がい者だけではない。すべての人にとって恩恵がある。だから私は、12月...more
カテゴリー:

M1搭載Mac miniレビュー、高性能で低価格なデスクトップMacの復活 - 11月19日(木)14:30 

最新のMac miniに小さなところはない。 Mac miniの小さなサイズや価格の安さを気にすることはない。この小さなデスクトップは、Apple(アップル)の新しいチップセットのおかげで、ほとんどのユーザーにとって革命的な存在となった。「M1」と呼ばれるこのチッププラットフォームは、アップルのデスクトップコンピュータやポータブルコンピュータの心臓部に長年搭載されてきたIntel CPUに取って代わるものであり、その仕上がりは素晴らしいものになった。 M1 Mac miniの使い心地は、まるで新しいiPadやiPhoneを使っているような感覚だ。すべてが満足のいくかたちで、あるべきところに当てはまる。私は試用機が遅くなるのをずっと待っていたが、1週間近く経った今も、使い始めた日と同じくらい速い。新型Mac miniは驚異的だ。ほとんどのユーザーは既存のMacコンピュータが大幅にアップグレードしたとわかるだろう。価格は関係なく、これに勝てるマシンはほとんどない。 カジュアルなユーザー、つまりウェブブラウザやアップルのアプリを使って生活している人にとって、Mac miniは文句なしの選択肢である。つまり、私が自分のために買うデスクトップということだ。パワーユーザー、つまり専用アプリケーションを使う人にとっても、Mac miniは真剣に検討すべき製品だ。主要なアプリケーションのほとんどは...more
カテゴリー:

macOS Big Surが公開された - 11月17日(火)10:00 

Appleのデスクトップソフトウェアアップデート11.0は、未来のMacの基礎を築く ついにその日が来た。永遠に待ちぼうけを食らわされるかと思わせた、macOSの最新バージョンBig Sur(ビッグ・サー)が、やっと到着したのだ。想像上の産物ではなかったのだ。確かにいまさら時間についてあれこれ言うのは無意味だが、WWDCでの発表から本日(米国時間11月12日)のリリースまで、実に5ヶ月近くの長い時間がかかった。 間違いなく、それにはたくさんの理由がある。なにより今年は、できるだけ丁寧に扱うべき特別な年だった。またこれは、デスクトップオペレーティングシステムにとって、かなり大きな年次アップデートでもあった。そして、もちろんこれは、この14年間に行われた、Appleのハードウェアに対する最大の変更である新しいARMベースのMacのために、公式に開発されたmacOSの最初のバージョンなのだ。 私は6月以降、開発者や少数の怖いもの知らずたちと肩を並べて、私の所有するマシンの1台でこのオペレーティングシステムのベータ版を利用してきた。私たちがヒーローだとは言わないが、そうではないとも言わない。結局のところ、それは自分で口にすべきことではないだろう。 今回のアップデートでは、数多くのデザイン上のアップデートがもたらされているが、その多くが、macOSとiOSの間の境界線をぼかすという長年の流れ...more
カテゴリー:

【悲報】Apple、Googleに切られてしまう 無事Huawei化 - 11月10日(火)21:26  livejupiter

Appleが2020年11月11日(水)のイベントで発表すると目されている「Apple Siliconを搭載したMac」について、Apple関連情報を扱うニュースサイト・9to5Macが、「Apple Silicon版MacではGoogleやFacebook製のアプリが利用できないおそれがある」と報じています。 9to5Macの調べによると、既に複数の大手iOSアプリ開発者が「Apple Silicon Mac向けのMac App Storeにアプリを提供しない」という選択をしていることが分かっているとのこと。そのうちの1つがGoogleです。これにより、iPhoneでは利用可能な「YouTubeアプリ」「Googleマップ」「G...
»続きを読む
カテゴリー:

インド、さらに中国製アプリを禁止に 中国は反発 - 11月26日(木)13:40 

インドが新たに数十の中国製アプリについて利用の禁止を発表したことについて、中国政府は反発を示している。 インド政府は24日、あらたに43種類のアプリを禁止すると発表した。大部分が中国製で、中国のネット通販大手のアリババ集団の関連アプリなどが含まれている。 インド当局は声明で、禁止措置について、これらのアプリが、インドの主権や一体性、国防、治安、社会的秩序に対して有害な活動に関与しているという情...
カテゴリー:

macOS Big Surの「Apple製アプリのファイアウォールすり抜け問題」を回避できるVPNが登場 - 11月17日(火)20:00 

Appleが2020年11月13日にリリースしたMac向けOSの「macOS Big Sur」には「Apple製アプリの通信をファイアウォールで制御できない」という仕様があり、プライバシーについての議論の的となっています。そんな中、スウェーデンを拠点とするセキュリティ企業のMullvadが2020年11月16日に、「自社のサービスがmacOS Big Surに見られるファイアウォール回避問題に対処できることを確認した」と発表しました。
カテゴリー:

​Appleが先週から起こっていたGatekeeperの脆弱性を修正 - 11月16日(月)20:30 

​Apple(アップル)は、先週起こったmacOSのGatekeeperバグの再発を防ぐ次のステップを説明する同社ドキュメントページ(Appleサポートページ)を更新した。Rene Ritchie(レナ・リッチー)氏が発見している(Twitter投稿)。アップルは来年にかけて修正を実施する計画だという。 先週、アップルは厳しい配信日を迎えた。​同社はmacOSのメジャーアップデート「macOS Big Sur」(未訳記事)をリリースしたが、その後、アップルはサーバー側の問題に悩まされた。 ​今回の問題は、Macがサードパーティ製アプリケーションを開発者認証を確認できない(未訳記事)ために起動できないというものだ。この機能はGatekeeperと呼ばれ、正規のアプリを装ってマルウェアアプリをダウンロードしていないことを確認してくれる。証明書が一致しない場合、macOSはアプリを起動できないようにする。 Hey Apple users: If you're now experiencing hangs launching apps on the Mac, I figured out the problem using Little Snitch. It's trustd connecting to https://t.co/FzIGwbGRan Denying tha...more
カテゴリー:

「製アプリ」の画像

もっと見る

「製アプリ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる