「衛生環境」とは?

関連ニュース

業界初 「抗菌ホワイト封筒」  販売開始 - 10月21日(水)11:00 

withコロナの現在、衛生環境への関心や、安心・安全面への配慮等が求められ、過去に類を見ないほど、抗菌製品の需要が高まっております。 当社は、名刺・マスクケースに次ぐ抗菌製品の第3弾として、「抗菌ホワイト封筒」を、業界で初めて既製品として企画、製造、販売を開始いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。
カテゴリー:

顔面温度検知ソリューション・レンタル開始のお知らせ - 10月19日(月)18:00 

株式会社オン・アンド・オン(本社東京、岡本英利社長)では、このコロナ禍に対応してお客さま・従業員等の入室・入場時に於ける顔温度検知ソリューションの販売を行っています。この度10月13日より「株式会社WOWOWコミュニケーションズ」(WOWOWグループ、本社横浜市、大髙信之社長)の協力の下、顔温度検知ソリューションのレンタルサービスを開始しました。WOWOWコミュニケーションズ社が関与するイベント等を含めイベントスペース、店舗、工場等の一時利用を推進し、コロナ対策への助力と経済の発展に協力いたします。これまでハンディ型の検温器で担当者が検温していた様な場面で、顔温度検知ソリューションが無人化を実現しコストの削減を実現出来ます。このソリューションは、次の特徴があります。■高速で顔温度を検知し、設定した閾値を超えた場合は音声によるアラートを行います。■マスクの着用を検知し、装着していない場合は音声によるアラートを行います。■床置きスタンド若しくは卓上スタンドを利用して電源接続するだけで、簡単に設置出来ます。■AIによる顔認証でドアの解錠設備と連動する事が可能で、認証されていない人、温度・マスクの閾値でドアの解錠を抑止します。その場合は、別途工事が必要です。【製品】AI Face Terminal A70レンタル価格(消費税別)1週間:30,000円1ヶ月:50,000円(7ヶ月以上は40...more
カテゴリー:

訪日リピーター「入国規制が解除されたらすぐにでも日本へ行きたい」が約半数 - 10月16日(金)18:00 

日本の「旅」と「食」のマーケティングを手がける株式会社iNTO(イントゥ 本社:東京都港区 代表取締役:小松﨑友子) は、訪日リピーターで構成されたオンラインコミュニティ「JAPANCOLLECT(ジャパンコレクト)」で今後の訪日意向についての調査を実施した。訪日リピーターコミュニティ【JAPANCOLLECT】にて、今後の訪日意向についての調査を実施。(実施期間:9月28日~10月5日 有効回答件数:5,776件)■コロナ禍にあってもリピーターの訪日意欲は高い調査結果は、10月6日、日本記者クラブでの記者会見時に発表された。最も多かったのは「入国規制が解除されたらすぐにでも日本に行きたい」、との回答で約5割(47%)であった。また、台湾・香港の訪日リピーターに対して行ったインタビュー結果も発表し、入国規制解除後には訪日旅行客が集中すると予想されるため、しばらくたってから訪問を考えるといった冷静な意見があったことや、訪日リピーターの多くが日本の衛生環境には心配をしていない一方、新型コロナウイルスが収束したとしても、引き続きマスクや手洗いなどの感染症対策は継続し、宿泊先も多少高くてもきれいなところに泊まりたいとの回答もあったことを紹介した。■最初に戻るのは東アジアの訪日リピーター会見では、コロナ禍にあっても訪日リピーターの訪日意欲は全く衰えておらず、入国規制解除後、最初に日本に戻って...more
カテゴリー:

「経済なき道徳は寝言である」を胸に。サラヤが実践してきたSDGs経営の全貌 - 10月09日(金)07:10 

企業の生き残りをかけた争いがさらに熾烈(しれつ)になる中で、優れた企業の実例を知ることは大きなヒントとなる。今回から始まる連載では、中小企業研究センターが毎年経済的、社会的に優れた成果を挙げた中堅・中小企業を表彰する「グッドカンパニー大賞」に選ばれた企業に話を聞いていく。第1回では、戦後日本の感染症史とともに歩み、衛生・環境面での社会貢献からSDGs企業としても知られるサラヤの代表 更家 悠介氏を訪ねた。
カテゴリー:

アルコールベースの消毒剤市場-製品タイプ別;アプリケーションタイプ別;エンドユーザー別(病院および診療所、家庭)、住宅用洗面所、産業機関、研究所など)-世界の需要分析および機会の見通し2028年 - 10月20日(火)18:00 

Research Nester Private Limitedは、アルコールベースの消毒剤市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年10月 20日 に発刊しました。これは、アルコールベースの消毒剤市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。アルコールベースの消毒剤は通常、微生物やバクテリアを効率的に殺すために表面に塗布されます。これらの消毒剤は、基本成分としてエタノールを含み、機器の滅菌のためにいくつかの施設で広く使用されています。最も一般的に使用される消毒剤は、タンパク質を凝固させ、ほとんどの親油性ウイルスを破壊するエタノールとイソプロパノールです。消毒剤は効果的で安全です。アルコールベースの消毒剤市場は、2020-2028年までの予測期間中に約8%の大幅なCAGRを記録すると予想されます。消毒剤に関する意識の高まり規制機関による健康の改善のためのアルコールベースの消毒剤の使用に関する意識の高まりは、市場の成長を加速させています。さらに、医療施設での安全な環境の要求と、ソーシャルメディアでのパーソナルケアと健康的なライフスタイルに関する影響力の高まりにより、アルコールベースの消毒剤の使用が増加しています。新興経済国の衛生環境と病院の感染管理プログラムに対する政府の重点は、市場の成長を促進しています。塗料、化粧品、石鹸業界で...more
カテゴリー:

子供の免疫力は”自然と遊ぶことで強くなる”という研究結果 - 10月18日(日)19:00 

Credit:depositphotos 「自然豊かな環境で子供たちを育てることは、子供たちの健康を促進する」という考えを持っている人は多いでしょう。 フィンランド・ヘルシンキ大学生物環境科学部の環境研究者アキ・シンコネン氏ら研究チームは、10月14日付けの科学誌『Science Advances』でこの考えを肯定する研究結果を発表しました。 彼女らの研究によると、子供の免疫力は森で遊ぶことで強くなるとのこと。 目次 自己免疫疾患と対策保育園に小さな森をつくる実験森で遊ぶ子供たちは免疫力を向上させた 自己免疫疾患と対策 Credit:depositphotos 西欧諸国では、体が誤って自分自身を攻撃する自己免疫疾患の発生率が上昇しており、それらには喘息、湿疹、1型糖尿病、炎症性腸疾患、多発性硬化症などが含まれます。 この原因を説明する仮説の1つに、「衛生仮説」というものがあります。 これは乳幼児期の衛生環境が個体の免疫系の発達に影響を及ぼしているという考えです。 現代の子供たちは以前に比べて少数の微生物にしかさらされないため、免疫システムがうまく発達せず、間違いを犯しやすいというのです。 研究チームは、この仮説にある「微生物の多様性と免疫機能の因果関係」を明らかにするため、フィンランドの都会の子供たちの生活環境を変化させる実験を行ないました。 保育園に小さな森をつくる実...more
カテゴリー:

【コロナウイルス感染症情報2020/10/15】 ○衛生環.. - 10月15日(木)16:35 

【コロナウイルス感染症情報2020/10/15】 ○衛生環境研究所における本日13時までの24時間のPCR検査11件のうち1件陽性が確認されました。 詳細についてはこちら→
カテゴリー:

【コロナウイルス感染症情報2020/10/8】 ○衛生環.. - 10月08日(木)16:35 

【コロナウイルス感染症情報2020/10/8】 ○衛生環境研究所における10月7日のPCR検査5件すべて陰性でした。  検査状況などはこちら→
カテゴリー:

「衛生環境」の画像

もっと見る

「衛生環境」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる