「若井敬一郎会頭」とは?

関連ニュース

青森・函館財務事務所が「縄文」テーマに会議 - 06月11日(金)21:12 

青森財務事務所と函館財務事務所は11日、青函地域の持続的発展を考える「青函みらい会議」をオンラインで開いた。パネルディスカッションでは、7月に世界文化遺産に登録する見通しとなっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」を起爆剤とした観光振興策や持続可能な地域づくりの在り方を探った。世界遺産登録を機に、交流拡大や商機につなげていく方策として、青森商工会議所の若井敬一郎会頭は、縄文遺跡群を構成する17遺跡がさらに連携し、そのネットワークをうまく活用することで「より良い交流の場とサービスをつくり出す必要が…
カテゴリー:

青森ねぶた開催可否 市長「実行委が判断」 - 05月28日(金)11:30 

2年ぶりの開催に向け準備が進む今年の青森ねぶた祭(8月2~7日)の開催可否の判断について、青森市の小野寺晃彦市長は27日、記者会見で「新型コロナウイルスの発生状況などを踏まえて実行委員会で適切に判断いただきたい」と述べた。祭りの中止を要請するかどうか報道陣から問われたが、言及を避けた。青森ねぶた祭実行委員会(委員長・奈良秀則青森観光コンベンション協会会長)は、青森商工会議所(若井敬一郎会頭)、青森観光コンベンション協会、青森市で構成する。奈良委員長はこれまでの取材に「国、県、市、そういう当局と…
カテゴリー:

青森ねぶた、2年連続開催断念 - 06月02日(水)21:22 

青森ねぶた祭実行委員会(奈良秀則実行委員長)は2日、青森市役所本庁舎で会見を開き、開催を前提に準備を進めてきた今夏の青森ねぶた祭(8月2~7日)について中止する意向を表明した。中止は2年連続。実行委を構成する青森観光コンベンション協会会長の奈良実行委員長、青森商工会議所の若井敬一郎会頭、青森市の小野寺晃彦市長が2日に会談し、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、開催を断念する方向で一致した。18日の実行委員会で承認されれば、正式に決まる。3者が出席した会見で、奈良実行委員長は「今年はワクチンが…
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる