「芸術作品」とは?

関連ニュース

アトムにブラック・ジャック…手塚治虫さん生誕90年で大型レリーフ 国際展示場駅 日本交通文化協会 - 03月18日(月)19:37  newsplus

2019年3月18日 15時25分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190318/k10011852291000.html 漫画家、手塚治虫さんの生誕90年を記念して、手塚さんが生み出した数多くの人気キャラクターを描いた陶板のレリーフが、 東京 江東区の駅の構内に設置されました。 記念のレリーフが設置されたのは、東京臨海高速鉄道りんかい線の国際展示場駅の構内です。 去年11月に生誕90年を迎えた手塚治虫さんの功績を広く伝えようと、 公共の場に芸術作品を展示する“パブリックアート”に取り組む「日本交通文化協会」が 漫画やアニメのイベントも...
»続きを読む
カテゴリー:

桜がテーマの芸術作品を展示する「Sakura Pink」展 3/22~4/13にMDP GALLERYで開催!近隣店舗でも作品が楽しめる - 03月15日(金)12:00 

MDP GALLERY(所在地:東京都目黒区)は、2019年3月22日(金)~4月13日(土)の期間に【中目黒アート花見会Vol.4「Sakura Pink」展】を開催いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179559/LL_img_179559_1.jpg Sakura Pink Vol.4 目黒川沿いに咲くソメイヨシノの桜並木は、都内でも有数の名所として知られています。 咲き誇る花の凛々しさ、花びらが舞い散る儚さ、葉桜の清々しさ、その移ろいすべてが日本の美の象...
カテゴリー:

何度も焼いて、加減、味を調節してやっと美味しいものができる - 03月15日(金)07:00 

ブライアン・オーサー 2016GPファイナルでSPを終え笑顔を見せるブライアン・オーサー・コーチ(左)と羽生結弦 上記の名言は料理人の言葉ではない。氷上の〝芸術作品〟を作り出しているブライアン・オーサー・コーチの言葉だ。パンケーキにたと…
カテゴリー:

【鴻上尚史】<ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を批判!>「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」★3 - 03月14日(木)18:49  mnewsplus

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。  「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って...
»続きを読む
カテゴリー:

【鴻上尚史】<ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を批判!>「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」★2 - 03月14日(木)14:08  mnewsplus

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。  「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って...
»続きを読む
カテゴリー:

てくてく歩きアート見て 仙台中心部18ヵ所 子どもの作品展示 - 03月16日(土)09:58 

街をミュージアムに見立て、街歩きしながら子どもたちの芸術作品に触れる「せんだいまち力ミュージアム VOL.10」が仙台市中心部で開かれている。実行委員会が主催し、今年で10回目。17日まで。 会場はギ
カテゴリー:

【鴻上尚史】<ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を批判!>「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」★5 - 03月15日(金)09:10  mnewsplus

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。  「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って...
»続きを読む
カテゴリー:

【鴻上尚史】<ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を批判!>「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」★4 - 03月14日(木)23:58  mnewsplus

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。  「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って...
»続きを読む
カテゴリー:

「おぼろ」・「風神雷神図屏風」陶板により再現|「日本博」旗揚げ式開催の国立劇場で展示中 - 03月14日(木)14:30 

3月14日 大塚オーミ陶業株式会社 「おぼろ」・「風神雷神図屏風」陶板により再現 「日本博」旗揚げ式開催の国立劇場で展示中 大塚オーミ陶業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:大杉栄嗣、以下「大塚オーミ陶業」)は、3月3日より「日本博」旗揚げ式の会場となった国立劇場に加山又造作「おぼろ」と俵屋宗達作 国宝「風神雷神図屏風」の陶板による高精細レプリカを展示しています。 「日本博」は、来年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機に、総合テーマ「日本人と自然」の下、縄文から現代まで続く“日本の美”を体現する美術展・舞台芸術公演・文化芸術祭などを、2020年を中心にその前後の期間も含め幅広く全国展開するものです。(参考:https://www.ntj.jac.go.jp/nihonhaku) 当社が今回展示した陶板画は、写真撮影はもちろん、間近での鑑賞、実際に手で触れて絵の具の質感を感じることもでき、文化財保護法の改正から観光立国、地方創生といった施策により文化財の積極的な利活用が推進される近年、限りなく実物に近く耐久性の高い陶板による高精細レプリカは、実物は保存しながらも、多くの人への公開を可能とし、その美術的価値を広く永続的に伝えることができるものとして、期待が高まっています。 「おぼろ」(小劇場ロビーに展示)は5月末まで、「風神雷神図屏風」(大劇場2階ギャ...more
カテゴリー:

【鴻上尚史】<ピエール瀧容疑者の出演作“封印”を批判!>「誰の得にもならない」「この国の文化は悲惨なことになる」 - 03月14日(木)12:44  mnewsplus

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカイン使用(麻薬取締法違反)の疑いで逮捕され、出演するテレビドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることについて、劇作家で演出家の鴻上尚史氏(60)が13日、ツイッターで苦言を呈した。  「出演者の不祥事によって、過去作品が封印されるなんて風習は誰の得にもならないし、法律的にもなんの問題もないし、ただの思考停止でしかない。」と投稿し、テレビ局や映画会社などが作品の改変や封印に動こうとしていることを批判。続いて「ここで制作者は踏ん張って...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「芸術作品」の画像

もっと見る

「芸術作品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる