「芸術作品」とは?

関連ニュース

ヒューマノイド芸術家誕生! オックスフォード大学で世界初のロボットアーティスト「Ai-Da」の展示会を開催 - 06月18日(火)09:00 

オックスフォード大学が4月に完成した世界初のAIヒューマノイドロボットアーティスト「Ai-Da」の個展を6月12日より開催。「Unsecured Futures(無担保未来)」と題し、デッサンや絵画、彫刻、ビデオアートなど、彼女が手がけた全作品を展示中だ。 ・仮想経路の座標解釈から作品を制作 「Ai-Da」はオックスフォードとリーズ大学、英国のロボット工学会社Engineered Artsとの共同開発によって誕生した芸術家ロボット。アイカメラと機械式アームを備え、独自のアルゴリズムによって絵を描いたり、彫刻を彫ることができる。 「Ai-Da」は自分の前に見えるものに基づいて仮想経路を計算し、座標を解釈して芸術作品を制作する。描写の際はカメラが捉えた物体を分析し、仮想経路を作成。そこから描写対象のデータがロボットアーム内の経路実行アルゴリズムに送られる。肖像画を描くときは、顔認識技術が活躍。アイカメラで人物の特徴をスキャンし、送信された情報を元にアームが紙の上で再現する仕組みだ。 絵画の他に展示されているビデオアートは「Ai-Da」自身をフィーチャーした内容で、彼女がAIで作成した詩を暗唱するというもの。マイクロCTスキャンと彼女が描く図面、3Dプリントを組み合わせて作った小さな蜂の彫刻もある。 ・7月6日まで連日開催 大学側は今回の展示会について、次のように語っている。「(個展の)...more
カテゴリー:

面接官「あなたならこの芸術作品になんと題名を付けますか?」 - 06月15日(土)20:37  poverty

【チケット再販】メディア芸術祭でしか見れないSeihoパフォーマンス https://www.excite.co.jp/news/article/Qetic_319410/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

2019年の世界ナンバーワンのアントレプレナーが決定 - 06月12日(水)15:44 

2019/6/12 EY Japan 2019年の世界ナンバーワンのアントレプレナーが決定、ブラッド・キーウェル氏が「EY World Entrepreneur Of The Year™ 2019」を受賞 EYが実施するアントレプレナー表彰制度『EY World Entrepreneur Of The Year(以下、WEOY)』が、2019年6月8日(現地時間)、モナコ公国のサル・デ・エトワールで開催され、米国を拠点とするUptake Technologies, Inc.(以下、Uptake社)のCEOであるブラッド・キーウェル(Brad Keywell)氏が、世界ナンバーワンのアントレプレナーに贈られる「EY World Entrepreneur Of The Year™ 2019」を受賞しました。同氏は、47の国と地域から選ばれた57人の各国の「アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」代表を含む、モナコでの受賞を目指した全世界761人の参加者の中から選ばれました。19年におよぶWEOYプログラムの歴史の中で、キーウェル氏は米国代表者として3人目の受賞者となる栄誉に輝きました。米国からは過去、2013年にチョバーニ社(Chobani, Inc.)のハムディ・ウルカヤ(Hamdi Ulukaya)氏が、2005年にハイゼンガーホールディングス社(Huizenga Hold...more
カテゴリー:

「東京芸術祭2019」を開催 - 06月07日(金)16:33 

4年目を迎える今年度は、「出会う。変わる。世界。」をテーマとし、新たな取組であるコンペティションを加え、国内外の多彩な舞台芸術作品を上演します。
カテゴリー:

【海外こぼれ話】芸術は危険だ! 計10兆円の「凶悪犯」たち - 06月06日(木)15:30 

中国の男性アーティストが、6種類のコンピューターウイルスに感染したノートパソコンを芸術作品として発表した。デジタルの脅威を表現したといい、競売で約134万ドル(…
カテゴリー:

ハンセン病への理解促す展示会 鹿児島市役所 - 06月17日(月)23:00 

 ハンセン病問題への理解を促す展示会が17日、鹿児島市役所で始まった。隔離政策の実情を紹介するパネルのほか、療養所入所者の芸術作品や小学生の自由研究作品などが展示されている。県の「ハンセン病問題を正しく理解する週間」(16~22日)に合わせた取り組みで、21日まで。
カテゴリー:

【古代宇宙飛行士説】神のような角のある人物像が描かれた壁画、岩絵の謎が解明される - 06月13日(木)19:15  newsplus

Scientists crack mystery behind ancient paintings of god-like horned figures 私たちは、古代の部族が彼らの墓の壁に奇妙な角のある人物を描くことにしたのかまだ知りません。 しかし今、科学者たちは驚くべき先史時代の芸術がどのように作られたかの謎を解明しました。 画像はロシアのシベリアのアルタイ共和国のカラコル村の近くで最初に発見され、5000年前の青銅器時代に描かれました。 エッチングの奇妙な文字は神であることが示唆されていますが、私たちはそれらが何を表しているのか本当に知りません。 科学者たちは...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾振付家・蔡博丞さんと海外振付家、受賞作の競演が実現 - 06月12日(水)00:00 

フリーで活躍する台湾の振付家、蔡博丞(Po-Cheng Tsai)さんはかつて、台湾のコンテンポラリー・ダンス集団、雲門舞集(クラウド・ゲイト・ ダンスシアター)の姉妹団体、雲門2(クラウドゲート2)やスイス、ドイツ、オランダなどにおける国立のダンスカンパニーのゲスト振付家を務めた経験を持つ。蔡博丞さんが演出したペアダンス「浮花 (Floating Flowers)」や「Hugin/Munin」、「INNERMOST」などの作品は、台湾だけにとどまらず海外からも高い評価を得て、数多くの賞を獲得している。また2018年にはドイツのダンス雑誌「Tanz」が発表した2017/2018年シーズンの有望な若手ダンサーに選ばれた。   蔡博丞さんが芸術総監を務める「B.DANCE(丞舞製作団隊)」が2016年から始めたダンスフェスティバル「B.OOM by B.DANCE国際聯合金獎匯演」は、今年で2回目を迎える。同フェスティバルの主催団体によると、今年は台湾のほか、イタリア、スペイン、ポルトガル、ルクセンブルグ、ベトナムの6か国・地域からフリーの振付家が参加して、70分に及ぶプログラムで賞を獲得した演出作品を披露するという。   フェスティバル参加者のイタリアの振付家、Andrea Costanzo Martiniさんは、「What Happened in To...more
カテゴリー:

ベイビーミニシアター「おむすび」 今夏、都内演劇フェスティバルにて上演 - 0~24ヶ月の赤ちゃんと保護者のためのアート体験 - - 06月07日(金)14:00 

私どもNPO法人アートインAsibinaは児童青少年を対象とする舞台芸術作品の企画・創作・上演など芸術による社会貢献を行なっている劇団です。当劇団に所属する女優・下川瑠美が、ベイビーミニシアター「おむすび」を2019年7月22日(月)に上演します。
カテゴリー:

中学の空き教室を“美術館”に改装 「感性磨いて」 有名画家の企画展も - 06月06日(木)11:08 

 山口県周南市安田の熊毛中に昨年、教室で芸術作品を無料で鑑賞できる「くまげの美術室」がオープンした。前任の校長が「多感な時期に良いものに触れて感性を磨き、心豊かな大人に成長してほしい」との思いで発案し、空き教室を美術館風に改装した珍しい取り組みだ。オープンから1年を迎え、作品を通じた生徒の学びや地域
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「芸術作品」の画像

もっと見る

「芸術作品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる