「航空自衛隊三沢基地」とは?

関連ニュース

墜落したF-35パイロットに勲章が贈られる - 10月09日(水)06:39  poverty

F35墜落、殉職自衛官に旭日双光章=政府  政府は8日の閣議で、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが訓練中に墜落した事故で死亡を認定したパイロット細見彰里2等空佐(41、事故当時3佐)に対し、 「緊急叙勲」として旭日双光章を贈ることを決めた。  緊急叙勲は生命の危険を伴う公共の業務に従事した殉職者らが対象。 事故は4月9日夜、同基地の東約135キロの太平洋上で発生し、細見氏は行方不明だったが、墜落現場付近の海底から体の一部が見つかった。 https://www.jiji.com/jc/arti...
»続きを読む
カテゴリー:

三沢・滑走路進入 初動調査を終了/運輸安全委 - 10月07日(月)14:59 

航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機が3日、ジェイエア旅客機が着陸しようとしていた三沢空港滑走路に進入したトラブルで、運輸安全委員会は7日、空自とジェイエアに対する初動調査を6日に終えたことを明らかにした。航空事故調査官2人が4、5の両日に三沢基地で管制官やF2パイロットなど空自関係者から聞き取りを実施。6日は大阪府池田市のジェイエア本社で、旅客機の機長から状況を聞き取ったという。同委は得た情報を基に報告書案を作成、審議を重ねて報告書をまとめる。同委の広報担当者は「現段階で発表できる情報はない」とし…
カテゴリー:

空自三沢基地司令「重く受け止める」/F2滑走路侵入 - 10月04日(金)15:12 

航空自衛隊三沢基地所属のF2戦闘機が、管制指示を逸脱して三沢空港の滑走路に進入、ジェイエア機が着陸をやり直したトラブルで、同基地の久保田隆裕司令が4日午前、三沢市役所を訪れ小桧山吉紀市長に事実関係を説明した。面談は冒頭を除き非公開で十数分間行われた。終了後、久保田司令は「重大事故につながる可能性があったものと重く受け止めている。国交省の調査に全面的に協力するとともに教育指導を徹底、再発防止に万全を期したい」と述べた。空自三沢基地は同日午前、隊員の教育を優先するため、同基地所属のF2と最新鋭ステ…
カテゴリー:

【軍事】F35墜落事故、殉職自衛官に旭日双光章を緊急叙勲 - 10月08日(火)18:02  newsplus

 政府は8日の閣議で、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが訓練中に墜落した事故で死亡を認定したパイロット細見彰里2等空佐(41、事故当時3佐)に対し、「緊急叙勲」として旭日双光章を贈ることを決めた。  緊急叙勲は生命の危険を伴う公共の業務に従事した殉職者らが対象。事故は4月9日夜、同基地の東約135キロの太平洋上で発生し、細見氏は行方不明だったが、墜落現場付近の海底から体の一部が見つかった。 時事通信 2019年10月8日 16時24分 https://news.livedoor.com/article/detail/172...
»続きを読む
カテゴリー:

三沢空港「F2許可なく進入」幕僚長、教育徹底を強調 - 10月05日(土)13:58 

3日に航空自衛隊三沢基地のF2戦闘機が、三沢空港(青森県三沢市)で旅客機が着陸しようとしていた滑走路に進入したトラブルに関し、空自トップの丸茂吉成航空幕僚長は4日の会見で「戦闘機が管制塔の許可を受けずに進入した」と述べ、再発防止のため操縦士教育の徹底に取り組む考えを示した。国土交通省によると、旅客機はジェイエアが運航する大阪発の日本航空便。空自機の進入時、旅客機は滑走路まで約2.8キロの上空約190メートルを飛行中で、空自機に気付いた管制官の指示で機体を上昇させて着陸をやり直した。乗客乗員77…
カテゴリー:

空自の戦闘機が滑走路進入 - 10月04日(金)13:29 

 3日午後、青森県の三沢空港で、航空自衛隊の戦闘機が滑走路に進入したため、民間機が着陸をやり直すトラブルがあり、国土交通省が重大インシデントと認定しました。  航空自衛隊三沢基地によりますと、3日午後1時前、大阪発の民間機が着陸しようとしていた滑走路に、航空自衛隊のF2A戦闘機が管制官の指示に反し進入しました。  このため、空港までおよそ3キロ地点を飛行していた旅客機が着陸をやり直しました。乗客およそ70人にけがはありませんでした。  三沢空港は、自衛隊とアメリカ軍、それに民間の共用空港で、国交省は事故につながりかねない「重大インシデント」に認定、運輸安全委員会は4日午後にも事故調査官を派遣する方針です。(4日11:39)
カテゴリー:

「航空自衛隊三沢基地」の画像

もっと見る

「航空自衛隊三沢基地」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる