「航空自衛隊三沢基地」とは?

関連ニュース

三沢・小桧山市長が初登庁 F35A容認、月内に結論 - 06月18日(火)10:52 

2日投開票の三沢市長選で初当選した小桧山吉紀氏(69)が17日、市役所に初登庁した。青森県沖の太平洋に墜落した航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの飛行再開の容認に関し、記
カテゴリー:

F35A墜落 飛行再開判断は新市長に/三沢市 - 06月14日(金)08:34 

航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、同基地の鮫島建一司令が13日、三沢市役所を訪れ、舩見亮悦・市議会議長らに、10日に公表された事故の中間報告の概要を説明した。市幹部は終了後の取材に対し、同型12機の飛行再開に向けた判断について、新市長の小桧山吉紀氏が17日の初登庁以降に対応する-との見通しを示した。鮫島司令は議長室で、舩見議長、基地対策特別委の正副委員長、2会派会長の計5人と約30分間、非公開で事故原因と再発防止策の説明や質疑に臨んだ。説明の場…
カテゴリー:

F35A墜落原因は「空間識失調」と防衛相 機体異常の可能性「極めて低い」 近く飛行再開へ - 06月10日(月)14:31 

 岩屋毅防衛相は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故について、死亡した操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥ったた可能性が高いとする調査結果を明らかにした。「機体に異常が発生した可能性は極めて低い」とも述べた。防衛省は操縦士への教育訓練や機体の点検を徹底した上で、見合わせていた同型12機の飛行を近く再開する方針だ。
カテゴリー:

F35の墜落事故、原因は操縦者の「空間識失調」の可能性=防衛省 - 06月10日(月)13:47 

[東京 10日 ロイター] - 防衛省は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機、F35A戦闘機が墜落した事故で、墜落原因は推力の喪失や機体構造上の不具合ではなく、操縦者の「空間識失調」(平衡感覚を失った状況)による急降下が原因である可能性が高いとの報告書を発表した。 事故は今年4月9日午後7時27分ごろ、三沢基地から東方約135キロメートルの太平洋上で発生。操縦していた細見彰里
カテゴリー:

F35の墜落事故、原因は操縦者の「空間識失調」の可能性=防衛省 - 06月10日(月)12:51 

防衛省は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機、F35A戦闘機が墜落した事故で、墜落原因は推力の喪失や機体構造上の不具合ではなく、操縦者の「空間識失調」(平衡感覚を失った状況)による急降下が原因である可能性が高いとの報告書を発表した。
カテゴリー:

F35A飛行再開判断月内に 小桧山三沢市長 - 06月17日(月)21:47 

三沢市の小桧山吉紀市長は就任初日の17日、市役所で開いた記者会見で、航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの青森県沖墜落事故を受け、飛行を中止している同型12機の飛行再開に向けた判断について「今月中に結論を出したい」と述べた。飛行再開について小桧山市長は、種市一正前市長と同様、市議会や三沢基地周辺町内連合会、三沢市連合町内会から意見を聞いた上で判断したい-と説明。「市民の安心安全のため、どうするべきか慎重に考えていきたい」と話した。基地に対する考え方については「『共存共栄』が基本姿勢…
カテゴリー:

米に配慮か F35墜落原因推定発表 - 06月10日(月)18:39 

航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35の墜落事故について、防衛省は10日、操縦者が平衡感覚を失う「空間識失調」が原因と推定されると発表し、同型...
カテゴリー:

F35A墜落原因は操縦士の「空間識失調」か 機体異常の可能性低く飛行再開へ - 06月10日(月)14:16 

 航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故で、空自は10日、操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥り、墜落した可能性が高いとする中間報告を公表した。「機体に異常が発生した可能性は極めて低い」として、操縦士への教育や訓練、機体の点検を徹底し、見合わせていた同型12機の飛行を近く再開させる。
カテゴリー:

F-35A墜落事故 原因は空自パイロットが無能のためと最終結論が得られ、無事訓練再開へ - 06月10日(月)12:59  news

F35の墜落事故、原因は操縦者の「空間識失調」の可能性=防衛省 2019年6月10日 / 12:41 東京 10日 ロイター] - 防衛省は10日、航空自衛隊三沢基地(青森県)の 最新鋭ステルス戦闘機、F35A戦闘機が墜落した事故で、 墜落原因は推力の喪失や機体構造上の不具合ではなく、 操縦者の「空間識失調」(平衡感覚を失った状況)による 急降下が原因である可能性が高いとの報告書を発表した。 事故は今年4月9日午後7時27分ごろ、 三沢基地から東方約135キロメートルの太平洋上で発生。 操縦していた細見彰里...
»続きを読む
カテゴリー:

【機体異常の可能性は極めて低い】F35A墜落「空間識失調」 同型機の飛行を近く再開へ - 06月10日(月)12:49  newsplus

F35A墜落「空間識失調」 機体異常の可能性低い  航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同県沖の太平洋に墜落した事故で、空自は10日、操縦士が機体の高度や姿勢を把握できなくなる「空間識失調」に陥り、墜落した可能性が高いとする中間報告を公表した。  「機体に異常が発生した可能性は極めて低い」として、操縦士への教育や訓練、機体の点検を徹底し、見合わせていた同型12機の飛行を近く再開させる。  空自によると、たまたま飛来した米軍機との距離をとるため、操縦士は4月9日午後7時26分ごろ、地上管...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「航空自衛隊三沢基地」の画像

もっと見る

「航空自衛隊三沢基地」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる