「航空産業」とは?

関連ニュース

英国スタートアップが独自のドローン交通コントロールでGoogleに挑む - 07月20日(土)08:45 

空飛ぶタクシーで道路の渋滞が緩和できるのはもちろん、荷物の配達や捜索救助の活動、緊急の医療物資の配送など、ドローンが非常に有用なことを低コストでやってのける将来は、追求する価値がありそうだ。しかしこれらが現実のものとなる前に、空にある何千ものドローンの安全運航を確かなものにする必要がある。他のドローンや、人が操縦する航空機の航空経路、そして侵入禁止エリアに侵入したドローンは自動的に検出されるようにする必要があり、安全に飛行を続けるためにコースを変えなければならない。さもなくば、たとえばドローンがたくさん飛んでいる主要空港周辺の空はカオスになり、頻繁に事故が起こることになる。 そうしたシステムづくりでレースが展開されている。GoogleのX Labから誕生したAlphabet傘下のWingは、ドローンのための航空交通コントロールシステムの基準になればとの願いを込めてOpenSkyというプラットフォームを発表した。これまでのところOpenSkyはオーストラリアのドローン飛行管理が承認されているだけだが、米連邦航空局とのデモンストレーションプログラムも進行している。 しかし今週、Seraphim Capitalが490万ドル(約5億2780万円)出資している英国拠点のスタートアップAltitude Angel(アルティテュード・エンジェル)が自前のUTM(Unmanned Traffic...more
カテゴリー:

2019年6月29日、KLMオランダ航空はアムステルダム・スキポール空港で創立100周年記念日まで100日の、カウントダウン祝賀イベントを開催 航空産業の持続的発展を次の段階へ引き上げる「Fly Responsibly - フライ レスポンシブリー(責任ある航行)」計画を発表 - 07月01日(月)13:45 

KLMオランダ航空は本年10月7日に創立100周年を迎えます。 創立記念日の100日前にあたる6月29日にアムステルダム・スキポール空港で祝賀イベントを開催し、航空業界の将来に向けて様々な提携を目指すと発表しました。 また同日に世界各国のメディアで意見広告を展開、「Fly Responsibly‐フライ レスポンシブリー(責任ある航行)」計画*の下で、より持続可能な航空産業の未来を追求するためにあらゆる業界関係者に利害を超えて協力...
カテゴリー:

KLMオランダ航空、創立100周年記念日100日前の祝賀イベントを開催 「Fly Responsibily」計画を発表 - 07月12日(金)11:58 

KLMオランダ航空は、10月7日に創立100周年を迎えるにあたり、残り100日となる6月29日に、アムステルダム・スキポール空港にて祝賀イベントを開催した。 この日同社は世界各国のメディアで意見広告を展開し、「Fly Responsibly(責任ある航行)」計画の下で、より持続可能な航空産業の未来を追求するためにあらゆる業界関係者に利害を超えた協力を求めた。同社が属するエールフランス・KLMグループは過去14年間継続してダウ・ジョーンズ・サステナビリティでトップ3の地位を維持しているなど、CO2削減の面で航空産業を牽引しており、最近では、デルフト工科大学と共同して「フライングV」と呼ばれる燃費効率の良い機体の開発に着手するなど様々な取り組みを行っている。 また、同社では創立100周年に関する最新ニュースや歴史映像を特設サイト上で公開するほか、記念グッズのオンライン販売なども行う。 ⇒詳細はこちら 投稿 KLMオランダ航空、創立100周年記念日100日前の祝賀イベントを開催 「Fly Responsibily」計画を発表 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

「航空産業」の画像

もっと見る

「航空産業」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる