「舞台版」とは?

関連ニュース

小宮有紗、実写映画「13月の女の子」で初主演 親友を失った女子高生役 - 07月04日(土)09:00 

「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤ役などで声優としても知られる小宮有紗が、実写映画「13月の女の子」で初主演を務めることが分かった。2017、19年に上演された同名舞台を原案に、舞台版...
カテゴリー:

三谷幸喜もトラブルに備えスタンバイ!近藤芳正、大反響のリモート劇は「電波の神様が…」 - 07月03日(金)20:47 

三谷幸喜さんが自ら主宰する劇団「東京サンシャインボーイズ」のために書きおろし、脚本を担当した映画『12人の優しい日本人』に出演して以降、三谷作品に欠かせない俳優となった近藤芳正さん。「東京サンシャインボーイズ」の後期作品にはほとんどレギュラー出演するようになっていき、1996年には、西村まさ彦(当時の芸名は西村雅彦)さんとの二人芝居の舞台『笑の大学』が読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞する。◆映画『ラヂオの時間』では舞台版と同じ役でもまったく“別人”?1993年に三谷幸喜さんが脚本・演出を担当し、「東京サンシャインボーイズ」で上演され話題を集めた舞台『ラヂオの時間』。1997年に三谷さん自身の手によって映画化され、長編初監督作品となった映画版に、近藤さんは舞台と同じヒロインの夫・鈴木四郎役で出演している。※映画『ラヂオの時間』全編がラジオ局のなかで展開される密室シチュエーション・コメディー。はじめて書いたシナリオが採用されたラジオ・ドラマの生放送を控え、緊張しながらリハーサルを見守っていた主婦の鈴木みやこ(鈴木京香)。しかし、出演者たちのわがままから台本が大幅に書き換えられてしまい…。-映画『12人の優しい日本人』以降、コンスタントに三谷さんの作品に出演されていますね-「そうですね。そのあとはじめて出たのが、『東京サンシャインボーイズ』の舞台『99連隊』。それで、そこから3年間ぐらいは...more
カテゴリー:

舞台版「A3!」出演の上田堪大、今秋メジャーデビュー - 06月26日(金)19:00 

上田堪大が今秋、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューすることが決定した。
カテゴリー:

宮崎駿氏原作 舞台版「最貧前線」オーディオドラマ - 06月19日(金)11:36 

宮崎駿氏の漫画を原作にした舞台版「最貧前線」がオーディオドラマとして配信されることが19日、分かった。 「最貧前線」は、宮崎氏が1980年代から90年代にかけて模型雑誌に連載した「宮崎駿の雑想ノート」にある物語の1つ。太平洋戦争末期を舞…
カテゴリー:

北原里英、コロナ禍で感じた“あること”「以前よりも、この仕事に…」 - 06月26日(金)20:24 

2018年4月30日(月)にAKB48グループを卒業後、女優として目覚ましい活躍を続けている北原里英さん。2018年7月には、若手女優の登竜門と言われるつかこうへいさんの名作舞台「『新・幕末純情伝』FAKE NEWS」に主演。殺陣(たて)やエロチックなシーンにも果敢に挑み、高く評価された。2019年には、自身初のホラー映画『映画 としまえん』に主演し、舞台『HERO~2019 夏~』でヒロインをつとめるなど、ドラマ、映画、舞台に多数出演。現在は舞台版に続きヒロインを演じた映画『HERO~2020~』が公開中。6月24日(水)に29歳の誕生日を迎えたばかりの北原さん。20代最後の年、女優として幅広い活動を続けている。◆舞台の楽しさを骨の髄まで感じて沖田総司は女だったという大胆な設定で、繰り返し上演されてきたつかこうへいさんの不朽の名作『幕末純情伝』。広末涼子さん、石原さとみさん、鈴木杏さん、桐谷美玲さんらが出演し、若手女優の登竜門と言われているこの作品で、北原さんは10代目の沖田総司役で主演をつとめた。「もともと舞台をみるのは好きだったんですけど、AKB48を卒業する前までは、自分が舞台に立つということがあまりピンときてなかったんです。でも、卒業してはじめての舞台が、つかさんの舞台だったんですけど、そのときに本当に舞台の楽しさを骨の髄までドーンと味わって…。1か月間、クーラーや空調も...more
カテゴリー:

「斎藤工さんの色気はさすが」廣瀬智紀が本気でドキドキした瞬間 - 写真・大内香織 文・田嶋真理  スタイリスト・小林美月(廣瀬智紀さん) 山田梨乃(北原里英さん) ヘアメイク・前川泰之 | ananweb - マガジンハウス - 06月19日(金)19:40 

今回、ご紹介するのは、映画『HERO〜2020〜』。2年間限定の恋をめぐる大騒動を描いたハートウォーミング・コメディです。秘密を抱えた主人公・広樹を演じた廣瀬智紀(ひろせ・ともき)さんと、広樹の恋人・浅美を演じた北原里英さんにお話をうかがいました。写真・大内香織 文・田嶋真理 スタイリスト・小林美月(廣瀬智紀さん) 山田梨乃(北原里英さん) ヘアメイク・前川泰之【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 60「幅広い年齢層の方に楽しんでいただきたい作品です」『HERO〜2020〜』の監督・脚本を務めたのは、斎藤工さんの初長編監督映画『blank13』(2018年、監督名・齊藤工)の脚本を手掛けた西条みつとしさん。主宰する劇団TAIYO MAGIC FILM の旗揚げ公演作品『HERO』(再演タイトルは『HERO~2019 夏~』)を自ら映画化。長編映画監督デビューを果たしました。物語の中心となるのは、2年間限定の約束で恋人関係を続けている広樹(廣瀬智紀さん)と浅美(北原里英さん)。このような約束をせざるを得なかった広樹の秘密を、爽快な伏線回収とともに描いていきます。廣瀬智紀さん、北原里英さんら、息の合った舞台版キャストに加え、斎藤工さんが死神大佐役で友情出演! 巨大な鎌を振りかざすというドSな名演で、映画に華を添えています。ーーおふたりは、舞台『HERO~2019 夏~』に引き続き、同...more
カテゴリー:

「舞台版」の画像

もっと見る

「舞台版」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる