「自由記述」とは?

関連ニュース

浦添ふ頭形状案 12~27日にアンケート実施 那覇港管理組合 - 06月11日(金)12:45 

 那覇港管理組合は12日から、浦添ふ頭地区の民港形状案に関する県民アンケートを実施する。県内在住で15歳以上の人が対象。3月に発表した民港部分の形状などについて自由記述で答えてもらう。 回答は那覇港の長期構想の基礎資料にする。実施期間は12日午前9時から27日午後5時まで。同組合のホームペー...
カテゴリー:

【話題】「人生で一番好きな映画ランキング」40~50代の女性に調査 2位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」★3 - 06月05日(土)13:29  mnewsplus

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000055259.html タレント養成・マネージメントを行う株式会社テアトルアカデミー(所在地:東京都新宿区)は、「第7回モデルグランプリ」の実施に伴い、全国の40代から50代の女性500名を対象に「日常とエンタメに関する調査」を実施いたしました。 「人生で一番好きな映画」の作品名を自由記述回答(フリーアンサー)してもらい、集計したところダントツで多くの票が集まった作品が「タイタニック」でした。 感動的なストーリーはもちろん、キャストや音楽、映像の美しさなど、作品の...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「人生で一番好きな映画ランキング」40~50代の女性に調査 2位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 - 06月04日(金)21:28  mnewsplus

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000055259.html タレント養成・マネージメントを行う株式会社テアトルアカデミー(所在地:東京都新宿区)は、「第7回モデルグランプリ」の実施に伴い、全国の40代から50代の女性500名を対象に「日常とエンタメに関する調査」を実施いたしました。 「人生で一番好きな映画」の作品名を自由記述回答(フリーアンサー)してもらい、集計したところダントツで多くの票が集まった作品が「タイタニック」でした。 感動的なストーリーはもちろん、キャストや音楽、映像の美しさなど、作品の...
»続きを読む
カテゴリー:

<社説>未就学児の実態調査 公助による積極支援を - 06月03日(木)05:00 

 新型コロナウイルスの感染拡大が、県内の低所得層とひとり親世帯の家計を直撃し、保護者の精神状態に悪影響を及ぼしている実態が、県の2020年度子ども調査(未就学児)で明らかになった。  「毎日泣きながら暮らしています。助けてください」。自由記述に書き込まれた保護者の悲痛な叫びを、重く受け止めなければ...
カテゴリー:

クラウドERP『Reforma PSA』がバージョンアップ!システム外部での作業を減らし、業務負荷を軽減 - 06月07日(月)11:30 

株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川田 篤、以下「オロ」)が開発・提供するクラウドERP『Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)』は、2021年5月20日から定期バージョンアップを実施いたしました。ユーザー各社様の要件に合った対外帳票の作成や、別紙の作成・添付などシステム外部での作業を減らし、業務負荷の軽減を実現します。■バージョンアップ実施の背景Reformaでは2019年11月より、ユーザー様からのご意見をもとに約2ヶ月に1回のペースで新機能の開発・実装を行ってまいりました。今回、より広くユーザー様の声を集めるべくユーザーアンケートを実施した結果、「備考欄に入りきらない量の注記を見積書に記載したい」「商品に対する補足や、備考に入れるまでもない情報を明細欄に記載したい」など、見積書や請求書をより自由度高く柔軟に活用したい、というご要望を頂戴しました。こうしたご意見を踏まえまして、ストレスなくデータ登録・帳票発行を行っていただくべく、対外帳票内の自由記述欄である品名(明細)・備考の文字数拡張を実施し、2021年5月20日より順次ユーザー様に提供しております。■効果自由記述欄の文字数を拡張したことで、ユーザー各社様で業務上求められる要件に合った対外帳票を作成しやすくなります。また、Reformaで注記・備考をより柔軟に表記可能になることで、別紙の作成・添付...more
カテゴリー:

【話題】「人生で一番好きな映画ランキング」40~50代の女性に調査 2位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」★2 - 06月05日(土)00:31  mnewsplus

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000055259.html タレント養成・マネージメントを行う株式会社テアトルアカデミー(所在地:東京都新宿区)は、「第7回モデルグランプリ」の実施に伴い、全国の40代から50代の女性500名を対象に「日常とエンタメに関する調査」を実施いたしました。 「人生で一番好きな映画」の作品名を自由記述回答(フリーアンサー)してもらい、集計したところダントツで多くの票が集まった作品が「タイタニック」でした。 感動的なストーリーはもちろん、キャストや音楽、映像の美しさなど、作品の...
»続きを読む
カテゴリー:

性的画像、陸上界で通報や被害届「盗撮1人じゃない」⇒専門家「取り締まる法律が必要」 - 06月03日(木)09:15 

アスリートが性的な目的で撮影されたり、わいせつな意図で加工された写真がSNSで拡散されたりする問題で、警察に通報されるような悪質な撮影行為が競技会場で横行している。対策のひとつとして、日本オリンピック協会(JOC)が警視庁に情報提供し、競技中の女性アスリートの写真を無断でネットに転載したとする著作権違反事件の逮捕が報じられた。一方、悪質な撮影そのものは、刑事事件として“立件”するハードルが高い。会場での撮影自体は認められている点や、盗撮や性的な目的なのかの判別が難しい面がある。法律の専門家は「取り締まる法律や、性的画像が刑事手続きとは無関係に簡単に削除できる仕組みが必要だ」と訴える。陸上界では、競技現場での被害実態や悪質な撮影行為にどう対処しているのか。日本陸上競技連盟が実施した全国調査をもとに紹介する。盗撮者が「1人どころか10人いた」日本陸連の調査は1〜2月、52の関連団体を対象に実施し、37団体が回答。被害実態や対策などを尋ねた。その中で、半数以上の20団体が、直近3年で盗撮などの疑いで警察への通報・相談した経験があると説明。次のような事例が挙げられている。・盗撮の証拠(携帯のデータ・写真のデータ等)を主催者が確認できているにもかかわらず盗撮を認めない場合、警察に通報し対応してもらう ・特定のエリアや一部の種目のみ撮影する不審者を選手が発見し...more
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる