「自由党」とは?

関連ニュース

【芸能】山本太郎氏 本誌に明かす「日本に潜む貧困」への問題意識 - 08月08日(木)11:36  mnewsplus

「早ければ衆議院選挙が1年以内、3年後に参議院選挙があります。なるべく早く与野党をひっくり返したい。生活が苦しくて日々クビが絞まっていっている人たちを、もう放っておけません。 国が壊れていくスピードは待ってくれない。だから政権をとりにいきたいんです。そのためには、次の衆院選で100人の擁立を目指します」 そう決意を語るのは、「れいわ新選組」の代表で前参議院議員の山本太郎氏(44)。秋から、全国を2カ月くらいかけて回り、候補者選びにつなげたいと意気込む。 山本代表は、俳優だった’13年、参議院選で東京選挙...
»続きを読む
カテゴリー:

【野党再編】参院選の惨敗で早くもゴタゴタ #国民民主党 に「#れいわ新選組」との合流案も - 07月30日(火)19:24  newsplus

参院選で敗北した国民民主党。案の定、ゴタゴタが起きている。 参院サイドが日本維新の会との統一会派結成に動いたことに対し、衆院サイドが反発しているのだ。 「国民民主」の看板では選挙を戦えないと分かったこともあって、さらに離党者が続出しかねない状況だ。 「解散総選挙」を控える衆院サイドからは、「こうなったら一大ブームを起こした、れいわ新選組と組むべきだ」「共同代表という前例もある」という声も出始めている。 すでに「国民民主党」と「れいわ新選組」は、互いに共闘を呼び掛けている。 玉木代表は「率直に...
»続きを読む
カテゴリー:

【ラウンドアップ】売上No1除草剤に発がん疑惑、禁止国増える中、日本は緩和 - 07月31日(水)20:25  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20190725-00135499/ 売上No1除草剤に発がん疑惑、禁止国増える中、日本は緩和 猪瀬聖 | ジャーナリスト 7/25(木) 7:00  世界で売上No1の除草剤「グリホサート」に発がん性の疑いが強まり、使用禁止や規制強化に踏み切る動きが欧米やアジアで広がっている。しかし、日本は逆に規制を緩和しており、消費者の間で不安が高まっている。 「毒物の追放は、われわれの責務」  7月2日、オーストリア国民議会(下院)が、グリホサートの使用を全面禁止する法案を可決した。施行には欧州...
»続きを読む
カテゴリー:

「自由党」の画像

もっと見る

「自由党」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる