「自己免疫疾患」とは?

関連ニュース

Dren Bioが6000万ドルのシリーズA資金調達を発表 - 10月20日(火)17:22 

米カリフォルニア州サンカルロス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 細胞、タンパク質凝集体、その他の疾患原因物質を枯渇させる強力なタンパク質工学技術を開発している企業のDren Bioは、6000万ドルのシリーズA投資ラウンドを終了したと発表しました。本ラウンドはSR Oneと大鵬ベンチャーズが主導し、既存投資企業の8VC、ミッション・バイオキャピタル、新規投資企業のBVFパートナーズ、HBMヘルスケア・インベストメンツ、アレクサンドリア・ベンチャー・インベストメンツが参加しました。 Drenは2件の主力プログラムの早期臨床開発を前進させるために調達資金を利用していきます。Dren初のプログラムであるDR-01は、希少な白血病やリンパ腫に加え、自己免疫疾患の特定の表現型を治療するための抗体ベースの治療薬です。Drenの2番目のプログラムであるDR-02は、新規作用機序を通じて細胞やその他の疾患原因物質を枯渇させるための抗体ベースの強化プラットフォームです。 Drenの最高経営責任者(CEO)で共同創設者のネナド・トマセビッチ博士は、次のように述べています。「
カテゴリー:

コロナとインフルエンザに同時の陽性反応、メキシコで初 - 10月15日(木)19:30 

メキシコ保健省は15日までに、新型コロナウイルスとインフルエンザの陽性反応を同時に示した同国初の患者を確認したと発表した。 保健省の疫病対策担当幹部が記者会見で述べた。この患者は54歳で、自己免疫疾患、がん、肥満や慢性的な肺疾患の病歴があるという。 入院が続いているものの、容体は安定しているとした。
カテゴリー:

【キラリ☆健康おおた46】 糖尿病には1型2型があ.. - 10月08日(木)13:00 

【キラリ☆健康おおた46】 糖尿病には1型2型があり、1型はインスリン依存型とも呼ばれ、自己免疫疾患などが原因で、インスリンの自己注射が必要です。一方2型はインスリン非依存型と呼ばれ、遺伝的要因に食事や運動などの生活習慣が重なり発症します。
カテゴリー:

関節リウマチ治療における「患者さんと医師のコミュニケーションと治療満足度に関する意識調査」を実施 - 10月02日(金)13:00 

2020年10月2日 アッヴィ合同会社 アッヴィ、患者さんと医師それぞれ100人を対象に、関節リウマチ治療における「患者さんと医師のコミュニケーションと治療満足度に関する意識調査」を実施 ●関節リウマチ治療において、コミュニケーションが「十分に」取れていると感じているのは、患者さん、医師ともに3割にとどまり、医師と「十分に」コミュニケーションが取れていると感じている患者さんほど治療満足度が高い傾向に ●コミュニケーションが「十分に」取れていない要因に、「医師にうまく説明できない」「医師に何を伝えたらよいか分からない」という患者さんも。医師側の要因には「患者さんに聞かれないから」「患者さんが何を聞きたいのか分かないから」 ●患者さん、医師ともに3割が治療目標の設定・共有ができておらず、医師と治療目標を共有できている患者さんほど治療満足度が高い傾向に ●9割以上の患者さんが関節リウマチについて知識を深めていきたいと思っているものの、3割以上の患者さんが関節リウマチ治療における「寛解」の意味を理解できていない   アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ)は、10月12日の世界関節デーに先立ち、本年7月、20代から70代の関節リウマチの患者さん100名(男性:41名、女性:59名)、および関節リウマチ治療を行う医師100名を対象に、関節リウ...more
カテゴリー:

インフリキシマブ:自己免疫疾患の治療に適用 クローン病、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、強直性脊椎炎、乾癬、乾癬性関節炎、ベーチェット病など - 10月01日(木)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インフリキシマブ (Infliximab) - バイオシミラー考察:2020年」 (DelveInsight Business Research LLP ) の販売を10月1日より開始いたしました。
カテゴリー:

子供の免疫力は”自然と遊ぶことで強くなる”という研究結果 - 10月18日(日)19:00 

Credit:depositphotos 「自然豊かな環境で子供たちを育てることは、子供たちの健康を促進する」という考えを持っている人は多いでしょう。 フィンランド・ヘルシンキ大学生物環境科学部の環境研究者アキ・シンコネン氏ら研究チームは、10月14日付けの科学誌『Science Advances』でこの考えを肯定する研究結果を発表しました。 彼女らの研究によると、子供の免疫力は森で遊ぶことで強くなるとのこと。 目次 自己免疫疾患と対策保育園に小さな森をつくる実験森で遊ぶ子供たちは免疫力を向上させた 自己免疫疾患と対策 Credit:depositphotos 西欧諸国では、体が誤って自分自身を攻撃する自己免疫疾患の発生率が上昇しており、それらには喘息、湿疹、1型糖尿病、炎症性腸疾患、多発性硬化症などが含まれます。 この原因を説明する仮説の1つに、「衛生仮説」というものがあります。 これは乳幼児期の衛生環境が個体の免疫系の発達に影響を及ぼしているという考えです。 現代の子供たちは以前に比べて少数の微生物にしかさらされないため、免疫システムがうまく発達せず、間違いを犯しやすいというのです。 研究チームは、この仮説にある「微生物の多様性と免疫機能の因果関係」を明らかにするため、フィンランドの都会の子供たちの生活環境を変化させる実験を行ないました。 保育園に小さな森をつくる実...more
カテゴリー:

脱毛症治療市場-疾患別、薬物別(ミノキシジル、フィナステリドなど)、性別(男性と女性)、投与経路別(経口、注射など)、流通チャネル別(オンライン、オフライン)-グローバル需要分析と機会見通し2027年 - 10月13日(火)17:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「脱毛症治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年10月 13日 に発刊しました。このレポートは、2020-2027年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。脱毛症は、主に円形のパッチでの過度の突然の脱毛を指す状態です。円形脱毛症は一般的な自己免疫疾患であり、ハクトウワシを引き起こし、完全または部分的な脱毛を引き起こします。この状態の治療には、さまざまな薬や植毛療法を使用できます。脱毛の引き金となる主な要因は、タバコやアルコールの摂取、喫煙、不健康な食生活など、人々のライフスタイルの変化です。さらに、遺伝的要因も同様に、男性と女性の両方で脱毛症の発生率の増加に寄与する可能性があります。脱毛症治療市場は、2019-2027年の予測期間中に約5.5%のCAGRを記録すると予想されます。International Society of Hair Restoration Surgeryによる2017年の国勢調査の結果によると、メンバーの医師によって外科...more
カテゴリー:

メトトレキサート薬市場ータイプ別、投与経路別、アプリケーション別(癌、自己免疫疾患、子宮外妊娠);エンドユーザー別、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、その他)-世界の需要分析と機会の見通し2028年 - 10月07日(水)17:00 

Research Nester Private Limitedは調査レポート「メトトレキサート薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年10月 02日に発刊しました。これは、2020~2028年の予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。メトトレキサート(MTX)は、化学療法剤として作用する薬剤であり、癌治療や免疫系抑制剤として使用されているため、自己免疫疾患の治療にも広く使用されています。それに加えて、メトトレキサート薬は、中絶や子宮外妊娠の治療におけるその役割で広く知られています。それは静脈に注射するか、経口摂取することができ、薬はFDAによって承認されています。関連する疾患に関連する意識の高まりと他の治療法と比較した毒性の低下標的疾患の発生率の増加と、医療部門および医薬品に関連する一般市民の意識の高まりは、世界のメトトレキサート薬市場の成長を推進している重要な要因です。メトトレキサートは、当時使用されていた治療法よりも毒性が低いため、癌の治療で医療専門家の間で広く受け入れられました。患者に化学療法を行っている間、および自己免疫疾患の疾患修飾治療に...more
カテゴリー:

シェーグレン症候群:唾液腺や涙腺に腺機能障害を引き起こす自己免疫疾患、ドライアイやドライマウスなど乾燥症が主な特徴 - 10月02日(金)11:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「シェーグレン症候群:市場分析・疫学・市場予測 (~2030年)」 (DelveInsight Business Research LLP ) の販売を10月2日より開始いたしました。
カテゴリー:

インフリキシマブ:自己免疫疾患の治療に適用 クローン病、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、強直性脊椎炎、乾癬、乾癬性関節炎、ベーチェット病など - 10月01日(木)13:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インフリキシマブ (Infliximab) - バイオシミラー考察:2020年」 (DelveInsight Business Research LLP ) の販売を10月1日より開始いたしました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「自己免疫疾患」の画像

もっと見る

「自己免疫疾患」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる