「自宅玄関」とは?

関連ニュース

日頃から命守る備えを 大浦小 7・8災害考える集会 - 07月09日(火)21:40 

太良町の大浦小(山口芳民校長、144人)で8日、57年前に町内に大きな被害をもたらした「7・8災害」を考える集会が開かれた。地元の杉田進さん(69)が講師を務め、当時の経験を振り返りながら、命の大切さと、日頃から災害に備えておくことの大切さを子どもたちに伝えた。 「7・8災害」は1962(昭和37)年7月8日、豪雨が大浦小近くの権現山の地滑りを引き起こし、町内では44人の尊い命が失われた。当時、中学生だった杉田さんは自宅玄関から浸水が始まり、慌てて2階へ逃げたという。
カテゴリー:

「自宅玄関」の画像

もっと見る

「自宅玄関」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる