「自国開催」とは?

関連ニュース

<記者日記>東京パラで終わらせない - 09月22日(水)09:32 

佐賀県からただ一人東京パラリンピックに出場した、車いすテニスの大谷桃子選手を現地で取材した。自国開催とあり、会場には多くの日本メディアが顔をそろえ、メダル獲得を目指す選手たちの勇姿を連日追い掛けた。 ペンを取り始めた2年前、障害者スポーツの報じ方を変えていく必要があるのではないか、と本欄に記した。認知度が高まるのに合わせ、健常者と同じように取り上げなくてもいいのか、と。障害がある息子がいるという女性から「障害者は頑張っても取材されない。
カテゴリー:

民放の五輪収支、夏季3大会連続の赤字…放送権料が高騰・長時間放送で制作費も膨らむ - 09月16日(木)21:21  mnewsplus

日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長は16日の記者会見で、東京五輪の民放全体の収支が、現時点で赤字となることを明らかにした。赤字額は明かさなかった。NHKと民放連で構成する「ジャパン・コンソーシアム」が放送権を共同購入するようになった1984年のロサンゼルス大会以降、夏季五輪の赤字は2012年のロンドン大会から3大会連続となった。放送権料高騰に加え、自国開催による長時間放送で制作費が膨らんだことなどが原因という。 https://news.yahoo.co.jp/articles/8a5627aeae6875a3c77d4237932700a15ebe64cd...
»続きを読む
カテゴリー:

【お笑い】ジャップの民放、五輪に関わる放映の収支が赤字に🤣なお金額は公表せず - 09月16日(木)19:08  poverty

日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ会長)は16日の定例記者会見で、東京オリンピック(五輪)のテレビ放送に関わる民放全体の収支が赤字になったと明らかにした。理由については、放送権料や自国開催での長時間放送で制作費が膨らんだことを挙げた。具体的な金額は明らかにしていない。 https://www.asahi.com/amp/articles/ASP9J65ZRP9JUCVL01D.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【宝田もなみ バイブスあがってる?】障害者も含め色んな人に曲がりなりにも役に立っているセクシー女優の仕事 - 09月07日(火)15:30 

自国開催だからかコロナのせいで家にいる時間が多いからかわからないけど、この頃は毎日のようにパラリンピックを見ている。世の中には色々な種類の障害を持った人たちがい…
カテゴリー:

東京パラリンピック合計51メダル、日本史上2番目 競技環境の整備が奏功 - 09月06日(月)09:45 

5日、東京パラリンピックの全競技が終了した。 日本選手団は強化策や環境整備が実を結び、自国開催の祭典で金13、銀15、銅23の合計51個のメダルを積み上げた。「金メダル20個」の目標には届かなかったが13個で、04年アテネ大会以来の2桁…
カテゴリー:

「夢、諦めないで」上与那原選手が玉城知事と対談 パラ銅メダル - 09月17日(金)12:21 

 玉城デニー知事は16日、東京パラリンピックの陸上男子車いすT52の400メートルと1500メートルで銅メダルを獲得した上与那原寛和選手とオンラインで対談した。4大会連続出場を果たし、県勢として初めて同一大会で複数メダル獲得という快挙を成し遂げた上与那原選手は「自国開催ということで、皆さんに身近で見てもらうた...
カテゴリー:

【放送】東京五輪のテレビ放送、民放の収支は赤字に 放送権料や長時間放送で - 09月16日(木)19:27  newsplus

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ会長)は16日の定例記者会見で、東京オリンピック(五輪)のテレビ放送に関わる民放全体の収支が赤字になったと明らかにした。理由については、放送権料や自国開催での長時間放送で制作費が膨らんだことを挙げた。具体的な金額は明らかにしていない。  民放各局はほぼ連日、日替わりの担当局が朝から競技終了まで放送するなど、計450時間超(予定段階)と過去最長の総放送時間で五輪を放送した。  大久保会長は「大きな支出をともなうが、国民的行事であるオリンピックの放...
»続きを読む
カテゴリー:

フェンシング日本代表の徳南堅太3度目V王手「集大成を」全日本選手権 - 09月16日(木)15:50 

東京オリンピック(五輪)日本代表の徳南堅太(34=デロイトトーマツ)が18年以来3大会ぶり3度目の優勝に王手をかけた。 自国開催の大舞台後、初の実戦となる日本一決定戦に出場。準々決勝で同じく五輪代表の島村智博(37=警視庁)に15-11…
カテゴリー:

「宮澤夕貴なら決めてくれる」女子バスケ銀メダル、立役者が磨いた自信。五輪反対の声に悩んでいた - 09月07日(火)10:11 

東京パラリンピックが9月5日に閉幕した。自国開催なので、いつものパラリンピックと違って圧倒的にテレビ中継や報道される量が多かった。無観客ではあるが、当然ながら時差がないのでテレビ観戦しやすい。そんなパラ熱をリードしていたのが、人気競技のひとつバスケットボールだ。女子はベスト8、男子は銀メダルと大健闘した。予選リーグのオーストラリア戦でチーム最多16得点した北田千尋は、好成績の理由のひとつにオリンピックで銀メダルを獲得した女子日本代表を挙げ、「小さくても勝てると勇気づけられた。同じ日本人でできるのだから自分たちでもできる」コメントしている。欧米の選手たちと身長の高さなどフィジカル面で劣る日本人は、バスケットボールやサッカー、ラグビーといった対人のボールゲームでは圧倒的に不利だと言われてきた。車いす競技もそこは同じだ。したがって、一足先にオリンピックでそのハンディを跳ね返した日本女子の快挙は、東京2020最大のサプライズと言っていいくらいだ。エントリー12人全員がオリンピックのコートに立ち一丸となって勝ち進んだ日本だが、スポーツ紙の記者時代から30年間女子バスケットを見続けてきた筆者は、宮澤夕貴(28=富士通レッドウェーブ)を立役者のひとりに挙げたい。183センチとチームで3番目の高身長ながら、弾かれた弓矢のようなフォームから繰り出すワンハンドのショットで何度もチームの窮地を救った。ベ...more
カテゴリー:

パラTV中継増「けっこう見てた」の声 日本勢の活躍も浸透に一役 - 09月05日(日)22:23 

 「共生社会の実現」を理念に掲げた東京パラリンピックが5日閉幕した。無観客での開催だったが、自国開催ということもあり過去のパラリンピックよりもテレビ中継の時間が増え、競技の魅力を画面を通して初めて感じたという人も少なくない。この機運をどう共生社会の実現に結びつけられるか、これからが新たなスタートにな
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる