「自動運転車」とは?

関連ニュース

Waymoが研究コミュニティが無償で津かっる自動運転のオープンデータセットをリリース - 08月23日(金)10:45 

Waymo(ウェイモ)は、その重要な自動運転の蓄積データを、新しいOpen Data Setとして開放し、研究目的での利用を可能にする。このデータセットは商用利用向けではないものの、その「研究」の定義は極めて広く、大学はもちろん、他の企業の研究者も対象になっている。 昨年Waymoに入社する前に、ZooxとGoogleの両社に勤めていたこともある、Waymoの主任科学者兼研究責任者であるDrago Anguelov(ドラゴ・アンゲロフ)氏によれば、このデータセットは「これまで研究向けにリリースされた自動運転データセットの中で、最大かつリッチで、最も多様なものの1つ」だということだ。アンゲロフ氏は、ブリーフィングの中で、このデータ提供を推進し始めた理由を、この分野で仕事を進めているWaymoやその他の企業たちが「適切なデータセットが不足しているために、現在動きが鈍くなっているから」だと述べた。 「私たちは、最終的に学界の研究者たちが適切な質問を発することができるように、私たちのできる寄与を行うことを決断しました。そのためには研究者たちは適切なデータを必要としているのです」とアンゲロフ氏は語る。「そして私は、このことはこの分野にいるすべての人を助けることになると思います。私たち自身がこうした課題を解決できないと言っているわけではありません。しかし、効率、拡張性、必要なラベルの量に関して...more
カテゴリー:

【自動運転】静岡県、12月から公道で実験スタート バスが信号機に近づくと青に、信号制御機能を検証 - 08月22日(木)13:56  newsplus

静岡県、公道で自動運転実験スタート 信号制御しスムーズ運行 2019/8/22 13:00 静岡県は12月から、公道を使った自動運転実験をスタートする。目玉は同県沼津市で自動運転バスを使い、信号機を制御しながらスムーズな運行を検証する取り組みだ。停留所に定刻通りに到着し、より運行頻度を高められるかどうかをテストする。沼津市のほか下田市、松崎町でも実験し、自動運転の先進県を目指す。 公道での自動運転で課題となっているのは、信号機や交差点での停止、一般車両や通行人の安全性の確保だ。22日、県が発表した実証実験「しず...
»続きを読む
カテゴリー:

車窓に融合現実映す車両 ソニー・ヤマハ発が共同開発 - 08月22日(木)05:00 

ソニーとヤマハ発動機は21日、現実の映像とリアルなコンピューターグラフィックス(CG)を組み合わせた「融合現実(MR)」を乗客に見せながら走る自動運転車両「SC…
カテゴリー:

「乗れるスマホ」ソニーとヤマハ発が自動運転車開発 融合現実「MR」で新体感サービス - 08月21日(水)17:38 

 ソニーとヤマハ発動機は21日、現実の映像とリアルなコンピューターグラフィックス(CG)を組み合わせた「融合現実(MR)」を乗客に見せながら走る、まったく新しい自動運転車両を商品化したと発表した。「スマホに乗る」が開発コンセプトで超高精細スクリーンやセンサーも搭載しており、スマートフォンのようにアプリや配信コンテンツ次第でさまざまな超現実的体験を提供できる。両社はこの車両による観光施設などでのサービスを今年度内に開始予定で、次世代の体感型コンテンツが楽しめることになりそうだ。
カテゴリー:

自動運転バス、既に実用化 福島第1原発を走っている  :日本経済新聞 - 08月21日(水)09:52 

自動運転バス、既に実用化 福島第1原発を走っている  :日本経済新聞人が操作しなくても自律走行する自動運転車の実証実験が、日本各地で盛んに実施されている。だが数日~数週間程度の期間限定で終わるものが多く、実用化されているものはほとんどない。 実は、普段は人目に触れない場所で、2019年7月時点で国内唯一とみられる実用化事例がある。東京電力ホールディングス(HD)の福島第1...
カテゴリー:

TC Tokyo超早割チケットは8月末まで!トヨタの自動運転開発子会社TRI-ADのCEOが登壇決定 - 08月22日(木)18:20 

TechCrunch Japan編集部では、通算9回目となるスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」を11月14日(木)、15日(金)に東京・渋谷ヒカリエで開催する。現在、国内外のVCや投資家、スターアップ企業の経営者などに登壇を交渉中だ。すべてのゲストスピーカーが確定してない段階だが、今年もコアな読者のみなさんのために「超早割チケット」を用意している。 一般チケットの価格は4万5000円(税込)だが、本日発売の超早割チケットは半額以下の2万円(税込)。このチャンスを逃さないでほしい。販売期間は8月31日までを予定しているが、予定枚数に達した場合はその時点で販売終了となる。 TechCrunch Tokyoは、設立3年未満のスタートアップ企業が競う「スタートアップバトル」や、会場の展示ブースを通じて国内のスタートアップのトレンドを知ることができるほか、国内外から招待した著名ゲストのキーノートスピーチ(基調講演)、ファイヤーサイドチャット(対話形式のトークセッション)、テーマに沿って複数人が議論するパネルディスカッションなど、シリコンバレー発祥のブログメディアの日本版が運営するTechCrunchならではセッションを多数設けているのが特徴だ。 TechCrunch Tokyoの最大の目玉は、何と言ってもスタートアップバトル。例年100〜150社から応募が...more
カテゴリー:

Waymo、自動運転車の膨大なデータを無償で公開 - 08月22日(木)09:47 

Fordの「Argo AI」やAptivに続き、Waymoも自社の自動運転車データを無償で研究者らに公開する。
カテゴリー:

「乗れるスマホ」ソニーとヤマハ発が自動運転車開発 融合現実「MR」で新体感サービス - 08月21日(水)17:40 

 ソニーとヤマハ発動機は21日、現実の映像とリアルなコンピューターグラフィックス(CG)を組み合わせた「融合現実(MR)」を乗客に見せながら走る、まったく新しい自動運転車両を商品化したと発表した。「スマホに乗る」が開発コンセプトで超高精細スクリーンやセンサーも搭載しており、スマートフォンのようにアプリや配信コンテンツ次第でさまざまな超現実的体験を提供できる。両社はこの車両による観光施設などでのサービスを今年度内に開始予定で、次世代の体感型コンテンツが楽しめることになりそうだ。
カテゴリー:

Waymo、雨が多いフロリダ州で自動運転車をテストへ - 08月21日(水)11:26 

グーグルからスピンオフしたWaymoは、フロリダ州の大雨の条件下で自動運転車のテストを開始したと発表した。
カテゴリー:

セグウェイ-ナインボットの新スクーターは充電ステーションに帰ってくる - 08月20日(火)18:45 

先週北京で行われたイベントで、中国のスクーター会社Segway-Ninebot(セグウェイ-ナインボット)グループが、新製品を3種類発表した。中でも注目されるのが「KickScooter T60」で、AIを利用して充電ステーションに自動的に帰ってくるスクーターだ。 同社は来四半期にはパイロットテストを開始する予定で、来年中の製品化を目指している。「レンタルスクーター運営者にとっての悩みのタネは低コストで車両を維持することだ」とNinebotのガオ・ルーフェン(Gao Lufeng)会長はReutersのインタビューで語った。 この「スマート」スクーターの価格が1400ドル前後と、一般的モデルよりずっと高いことを考えると、コストは興味深いポイントだ。しかし、同会長は声明で、充電のためにスクーターを回収するコスト要因を強調した。 さまざまな都市の議会で、配達ロボットが注目の話題となっている今、歩道における自動運転車両の合法性も問題になっている。本件のような比較的短距離の移動も同様だ。 同社は詳細を明らかにしていないが、YouTubeで公開された動画には、実際に走行、自走するT60が登場する。 同イベントでNinebotは、室内および室外向けの配達ロボットも発表した。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「自動運転車」の画像

もっと見る

「自動運転車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる