「自動運転車」とは?

関連ニュース

中国は世界の最重要自動運転車市場の一つになる 最新報告 - 02月21日(木)09:33 

最新の研究報告によると、中国の電気自動車市場は今年、世界シェアが4位になり、前年の11位から7位上昇した。さまざまな新規定と全国に拡大して行われている自動運転テストが市場の発展を後押ししたという。中国は世界で最も重要な自動運転車市場の一つになる見込みだ。 ...
カテゴリー:

2/22(金)に開催!広島のクルマ業界が就活生向けにイベント - 02月19日(火)11:30 

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、広島県の自動車関連の企業が一堂に会するイベント「業界&仕事研究★LIVE広島ものづくりコーナー」を開催します。 理系の学生を対象とした催しで、3回目を迎える今年は23社が参加。マツダ車3台の展示があり、学生はその開発を担うサプライヤーの仕事を深く知ることが出来ます。 また「コネクテッドカー」や「自動運転車」の開発など、クルマ...
カテゴリー:

歩行者の動き方にも注目する自動走行車の視覚 - 02月18日(月)12:00 

自動運転車の技術に関する研究で名高いミシガン大学は、歩行者の動作を予想するための進化したアルゴリズムに取り組んできた。それは、歩行者が何をしているかだけでなく、どのように動いているかにも着目するものだ。人間のボディランゲージは、その人が次に何をするのかを予測する際に、非常に重要な意味を持っている。 歩行者に注意を向け、彼らが何をしようとしているのかを予測することは、すべての自動運転車の視覚システムにとって、大きな比重をしめている。人がいることを認識し、それがどこなのかを理解することは、自動車の運転の仕方に、かなり大きな影響を与える。しかし、人がどこそこの領域にいて、あれこれの状態になっているということを認識してラベル付けできる、と宣伝している会社はあっても、歩行者がどのような姿勢で、どう動いているのかを認識できるとしているものはほとんどない。 (参考記事:WTF is computer vision?) そのような視覚のアルゴリズムは、まず人間を識別し、それが数フレームの間に何ピクセル移動するかを調べて、そこから推定するといったシンプルなものでもよいかもしれない(今はまだそうではないとしても)。とはいえ、当然ながら人間の動きは、それよりはちょっと複雑なものだ。 ミシガン大学の新しいシステムは、ライダー(訳注:レーザー光を使ったレーダー)とステレオカメラを利用して、人の動きの軌跡だ...more
カテゴリー:

帝産観光バス、後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」を全車両に導入 - 02月17日(日)15:58 

帝産観光バスは、ジャパン・トゥエンティワンが販売する後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」を全車両に導入した。 大手貸切バス事業者として、国内で初めて全車にあたる291台に導入した。衝突被害軽減ブレーキ装着車の171台にも装着している。 「モービルアイ」は、自動運転車の開発にも使用されているカメラセンサー技術を先進運転支援システム(ADAS)の後付け可能な衝突防止補助装置として活用するもので、国内で6万台に導入されている。車種や年式を問わず後付けできるため、全拠点・全車両統一の安全運転支援が実現できるとしており、年式の新しい衝突被害軽減ブレーキ搭載車では、併用運行で安全性をさらに強化できるとした。出入り口付近には乗客へ周知するステッカーを掲出する。 帝産観光バスは、東京、名古屋、京都、大阪、奈良、神戸に拠点を置く、大手貸切バス事業者。1946年に帝産オートとして発足し、進駐軍向けのバス輸送を開始した。 投稿 帝産観光バス、後付け衝突防止補助システム「モービルアイ」を全車両に導入 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

Amazon、電気自動車Rivianの資金調達7億ドルを主導 - 02月17日(日)10:26 

3カ月前に初の製品となる車2種をデビューさせた電気自動車メーカーのRivianは、Amazonが主導するラウンドで資金7億ドルを調達した。 このニュースは、GMとAmazonが電気自動車への投資の話し合いをしているというReutersの報道に続くものだ。 「我々は、電動交通の未来についてRivianが描いているビジョンに感激した」とAmazonのワールドワイド・コンシューマー担当CEO、Jeff Wilkeは声明で述べた。「RJはプロダクトのポートフォリオとテクノロジーをマッチさせることで、素晴らしい組織をつくった。そのようなイノベーティブな企業に投資できることに興奮している」。 Rivianは、設立以来ずっと鳴りを潜めていた興味深い会社だ。創業者でCEOのRJ Scaringeが2009年にMainstream Motorsとして設立し、2011年に社名をRivianに変え、フロリダを後にした。現在、同社は米国内4カ所の開発拠点と英国のオフィスに従業員750人超を抱えている。従業員のほとんどは、拡張力のある自動車サプライチェーンに近いミシガンにいる。 Rivianはまた、カリフォルニア州のサンノゼとアーバインにも拠点を置いていて、そこではエンジニアが自動運転車のテクノロジーに取り組んでいる。Rivianは、三菱自動車がDiamond-Star Motorsというジョイントベンチャ...more
カテゴリー:

【セミナーご案内】車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開 3月12日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ - 02月19日(火)20:00 

[CMCリサーチ] 自動運転車技術では、Daimlerが提唱した「CASE」が業界全体のTrend となっています。それは、Connected、Autonomous、Shared、Electricであります。この中、Electricでは世界の多くの地域で既に火力や原子力発電...
カテゴリー:

全国初、愛知県で国産完全自動運転車を使った試験運用がまもなくスタート - 02月19日(火)10:52 

ティアフォーは2月19日、4人乗りの完全自動運転EVなどを使ったモビリティサービス「One Mile Mobility」(OMM)の試験運用を開始する。対象地域は愛知県で、2019年春頃より開始。アイサンテクノロジーと岡谷鋼機と共同で実施し、自治体と一体となった新たなビジネスモデルの創出を目指すという。 ティアフォーは今回の試験運用に、完全自動運転EVの「Milee」(マイリー)と、そのモビリティサービス用ウェブプラットフォーム「Web.Auto)」(ウェブ・ドット・オート)を提供する。Mileeは、電動ゴルフカートをベースとし、車体に3次元レーザースキャナ(LiDAR)と単眼カメラを搭載。認知・判断・操作のすべてをオープンソースの完全自動運転ソフト「Autoware」で自動化した車両だ。 Web.Autoは、同社が開発を手がけるウェブプラットフォーム。配車管理や遠隔操縦のほか、3次元地図配信、人工知能(AI)のオンライン学習、走行データ管理、サポートセンター接続といった完全自動運転車両の運行に必要なウェブサービス機能が備わっている。MileeとWeb.Autoはモバイル回線を利用して接続する。 今回の試験運用では、Web.Autoが備える、配車管理(Autoware FM)、遠隔操縦(Autoware Drive)、3次元地図配信(Autoware Maps)を利用。Autowa...more
カテゴリー:

グーグルの自動運転Waymoが大きくリード。自動運転開発競争に終止符か。 | YUTAの米国株投資ブログ - 02月17日(日)19:33 

グーグルの自動運転Waymoが大きくリード。自動運転開発競争に終止符か。 | YUTAの米国株投資ブログ1歩も2歩も先をいくGoogleの自動運転車Waymo 少々早いですが、自動運転技術の開発競争はすでに勝負がついている可能性が高いです。 そのトップに立ったのは、やはりGoogleでした。 Google(の親会社アルファベット)傘下で自動運転車を開発しているWaymoが2018年に世界初の自動運転配車サービスを開始し、量産化にむけ...
カテゴリー:

<自動運転車>過疎に光「常時走ってくれると助かる」 - 02月17日(日)14:17 

「ハンドル操作はしてないよ」。運転手役の男性(74)が両手を上げてアピールしてくれた。今月上旬まで、国土交通省が豪雪地帯の秋田県上小阿仁村で実証実験を行っていた自動運転車に体験乗車した。 7人乗りの車
カテゴリー:

損保ジャパン日本興亜、自治体の自動運転導入を支援 - 02月15日(金)14:18 

 損害保険ジャパン日本興亜は15日、公共交通機関の自動運転車導入を目指す自治体を支援する事業を立ち上げたと発表した。自動運転技術を持つベンチャー企業など2社と業務提携。自動運転車導入に向けた実証実験に必要な自動運転車やシステム、事故時の補償などを一括支援することで、実験にかかる期間やコストを大幅に削減する。来年度後半に試験提供し、自治体での自動運転普及を促す。
カテゴリー:

もっと見る

「自動運転車」の画像

もっと見る

「自動運転車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる