「自動運転車」とは?

関連ニュース

テスラは役員数を2020年までに大幅に減らす - 04月21日(日)09:30 

米証券取引委員会(SEC)が4月19日公開した書類によると、Tesla(テスラ)は2020年までに役員の数を3分の1ほど減らして7人とする。この削減には、CEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏の初期アドバイザーや盟友の何人かが含まれる。 この書類は、Teslaにとって忙しくなりそうな週が始まる前に明らかにされた。4月22日には自動運転車両テクノロジーの進歩にフォーカスしたイベントが開かれ、4月24日には四半期決算発表、そしてマスク氏のTwitter使用による法廷侮辱をめぐってマスク氏とSECが問題解決に至ることができるかどうかが決まる判事によるヒアリングがある。 長らく役員を務めているBrad Buss氏と、独立取締役として2年前に役員会に加わったLinda Johnson Rice氏は今年、再任について模索しないようだ。2人の任期は次の株主総会で満了となる。役員会は委任の書類で2人の後任は置かないとしている。 Antonio Graciasの任期は2020年に切れ、そしてベンチャーキャピタリストSteve Jurvetson氏も2020年に役員会を去る見込みだ。 役員会に独立取締役を加え、Teslaとマスク氏のSECとの昨年の和解合意に従うというのが最新の役員会の動きだ。和解では、Teslaは独立取締役2名を役員会に加え、マスク氏が会長職を3年間離れることに同意していた...more
カテゴリー:

ウーバーに1千億円超出資 ソフトバンクとトヨタ - 04月19日(金)18:52 

 ソフトバンクグループとトヨタ自動車、トヨタ系の自動車部品大手デンソーは19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転技術の開発部門に合計10億ドル(約1100億円)を出資すると正式に発表した。自動運転車の開発や量産で協力し、次世代の移動サービス事業に向けた体制を強化する。
カテゴリー:

Uberに1000億円超出資 ソフトバンクとトヨタ 自動運転技術の開発に - 04月19日(金)11:43 

 ソフトバンクグループとトヨタ自動車、自動車部品大手デンソーは19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転技術の開発部門に合計10億ドル(約1100億円)を出資すると正式に発表した。自動運転車を使った移動サービス開発に向け、協力体制を強化する。
カテゴリー:

ウーバーに約10億ドルの追加出資検討 ソフトバンクやトヨタ - 04月18日(木)23:22 

 ソフトバンクグループとトヨタ自動車が、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに追加出資する方向で最終調整していることが18日、分かった。自動運転技術の開発部門が対象で、投資額は約10億ドル(約1100億円)に上る見通し。自動運転車を使った移動サービスの実用化に向けて研究開発を加速する。
カテゴリー:

アウディの自動運転車はアップルとニコンの出身者が作ったAevaのセンサーを採用 - 04月18日(木)17:00 

Audi(アウディ)の自動運転車部門は、ユニークなライダー(LIDAR)を開発しているスタートアップと手を組んだ。自律走行可能なSUVタイプの電気自動車、e-tronに搭載して、ミュンヘン市内でのテストを拡大する。 Audiの子会社となっているAID(Autonomous Intelligent Driving)は、Aevaによって開発されたライダーセンサーを採用したことを、水曜日に明らかにした。AevaはAppleとNikonの出身者によって、わずか2年前に設立されたスタートアップだ。 Aevaは、カリフォルニア州のマウンテンビューを拠点とする会社で、Soroush Salehian氏とMina Rezk氏によって設立された。同社が開発した「4Dライダー」は、距離はもちろん、かなり遠くのものまで瞬間速度も計測できる。また太陽光や他のセンサーによる干渉を受けないのも特長だ。「4D」というネーミングはともかくとして、この技術には説得力がある。 ライダー(「ライト」と「レーダー」を組み合わせた造語)は、光線によって距離を測定するレーダーの一種だ。勃興する自動運転車業界では(Teslaは例外だが)重要かつ不可欠なセンサーと考えられている。そして何年もの間、その市場はVelodyneの独壇場だった。 今日では、Velodyneよりも高解像度で精度も高く、そのうえ低コストのセンサーを提供する...more
カテゴリー:

Uberの自動運転部門がスピンアウトを前にトヨタやソフトバンクから1100億円超調達 - 04月20日(土)09:00 

Uberは、トヨタや自動車部品メーカーのデンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドから計10億ドル(約1119億円)を調達し、自動運転部門をスピンアウトすることを明らかにした。 自動運転部門のスピンアウトは昨年10月ごろから推測されていたことだった。このスピンアウトは、Uberの主要事業から利益を上げていない部門を切り離して損失を縮小するのに貢献する。そしてUberのAdvanced Technologies Group(Uber ATGとして知られている)が、自動運転車両をマーケットにもってくるという難しい課題に専念することにもつながる。 今回の資金調達により、Uber ATGの企業価値は72億5000万ドル(約8114億円)になるとUberは発表した。出資の内訳は、トヨタとデンソーが6億6700万ドル、ビジョンファンドが残る3億3300万ドルを拠出する。 この出資は今年第3四半期に完了する見込みで、これは間もなく行われるUberのIPOにおいて投資家に新たな展望を提供する。Uberは2018年に18億5000万ドルの損失を計上していて、自動運転車や空飛ぶ車といった「ムーンショット」にかかったR&D費用4億5000万ドル超は損失の数字を大きなものにした。そうした資金を多く必要とするR&D部門を新会社として切り離すのは、Uberの決算数字を実際的なものにするのに役立...more
カテゴリー:

ウーバーに1千億円超出資 ソフトバンクとトヨタ - 04月19日(金)18:44 

 ソフトバンクグループとトヨタ自動車、トヨタ系の自動車部品大手デンソーは19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転技術の開発部門に合計10億ドル(約1100億円)を出資すると正式に発表した。自動運転車の開発や量産で協力し、次世代の移動サービス事業に向けた体制を強化する。
カテゴリー:

トヨタ・デンソー・ソフトバンクのファンド、ウーバーに計10億ドルを出資 - 04月19日(金)10:07 

トヨタ自動車とデンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は米国時間18日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]の自動運転開発部門に合計10億ドルの出資を行うと発表した。自動運転車両の開発と実用化が目的。
カテゴリー:

ウーバーに約10億ドルの追加出資検討 ソフトバンクやトヨタ - 04月18日(木)23:08 

 ソフトバンクグループとトヨタ自動車が、米配車大手ウーバー・テクノロジーズに追加出資する方向で最終調整していることが18日、分かった。自動運転技術の開発部門が対象で、投資額は約10億ドル(約1100億円)に上る見通し。自動運転車を使った移動サービスの実用化に向けて研究開発を加速する。
カテゴリー:

テレビ東京プロデューサーが「けものフレンズ2」への批判に対し挑発を繰り返していた事を謝罪 - 04月18日(木)07:00 

あるAnonymous Coward曰く、 監督が変更となり製作された人気アニメ「けものフレンズ」の続編「けものフレンズ2」だが、視聴者からの批判の声に対して、配信元のテレビ東京のプロデューサーがSNS上で挑発行為を繰り返し、テレビ東京が謝罪するという異例の事態となっているようだ(公式のお知らせ、ITmedia、オリコン)。 この社員について、公式のお知らせでは個人名は挙げられていないが、報道によれば同局のアニメプロデューサーの細谷伸之氏とみられている。「けものフレンズ2」では、人気の高かった1期とは方向性などが大きく変わっていたということで、ファンからの批判が殺到。それに対して、氏は批判を受け入れず、Twitter上で視聴者を煽る様な行為を続けていたという。テレビ東京側は謝罪文の中で「作品に対する評価につきましては、視聴者の方々に委ねられており、制作者は、その結果を真摯に受け止めなければなりません。」と述べている。 また謝罪文では言及されていないが、氏が別名義のアカウントで前監督やファンに対して荒らし行為を繰り返していたのではないかとの声も出ている(まとめ記事)。公式の謝罪で幕引きとはならないかもしれない。 すべて読む | ITセクション | Twitter | アニメ・マンガ | インターネット | 関連ス...more
カテゴリー:

もっと見る

「自動運転車」の画像

もっと見る

「自動運転車」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる