「自動車事故」とは?

関連ニュース

自動車事故被害者への慰謝料を拒否し、債務整理に至った高齢ドライバー<不動産執行人は見た42> - 10月12日(土)15:31 

不動産執行の現場でも無関係ではない「高齢者運転事故」 「高齢ドライバーの引き起こす交通事故」  超高齢化社会を迎える現代日本が直面する社会問題であり、特効薬的単純明快な解決方法があるわけでもない。  以前にもテーマとして […]
カテゴリー:

【国際】カンガルー肉をペットフードに、オーストラリアの州が狩猟解禁 - 10月02日(水)12:52  newsplus

(CNN) オーストラリア南東部のビクトリア州は1日、ペットフードへの使用を目的としたカンガルー猟を正式に解禁すると発表した。 同州の「カンガルー狩猟プログラム」は、5年間の試行期間を経て正式に発足する。 カンガルーは、外国人から見ればオーストラリアを象徴する可愛いシンボルだが、国内では作物を荒らしたり自動車事故を引き起こすなどの被害が深刻化している。 そこで州は、狩猟免許を持つハンターによるカンガルー猟の解禁に踏み切った。死骸はペットフードの材料として、事業免許を持つ業者に販売できる。 同...
»続きを読む
カテゴリー:

『カメ止め』上田慎一郎監督、騙されて借金200万円。返済してもまた借金…ホームレス生活も経験 - 10月01日(火)21:05 

©テレビ朝日2017年、製作費わずか300万円で作られ、興行収入31億円を超える大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』。当初2館から始まった上映館数は300館以上に拡大され、リピーターが続出し、社会現象にまでなったこの映画で一躍その名を知られる存在となった上田慎一郎監督。中学生の頃からハンディカメラで映像を撮り始め、数々の映画祭で入賞経験を持ち、筆者が一次審査委員をつとめている「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」でもその才能は早くから話題を集めていた。さぞかし順風満帆な人生だったろうと思いきや、これまでにマルチ商法に足を突っ込んで借金を背負ったり、ホームレスになったこともあるという異色の経歴の持ち主。度重なる失敗も「ネタ」にして昇華し、数々の困難を乗り越えてきた上田慎一郎監督にインタビュー。©テレビ朝日小学校高学年ぐらいから映画が好きになり、中学生のときには父親のハンディカメラで友だちと一緒に自主映画を撮り始め、初めてオリジナル脚本を書いたのは、中学1年のときだったという。「中学1年のときに班ごとに劇をするという国語の授業があって、みんなは『桃太郎』とか『金太郎』のような既存のやつをやっていたんですけど、僕が『オリジナルを書きたい』って先生に言って、そのときに初めてオリジナルの脚本を書いて授業でやったんですよ。そうしたら、それをすごい褒めてもらえて、全校の生徒の前でやろうとい...more
カテゴリー:

ユーブロックス、LTE-M VoLTEによる通話を欧州のネットワーク・インフラで実現 追加のセルラー技術不要、LPWANを介した音声サービスを提供 - 09月27日(金)12:00 

ユーブロックス、LTE-M VoLTEによる通話を欧州のネットワーク・インフラで実現追加のセルラー技術不要、LPWANを介した音声サービスを提供2019年9月26日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表仲哲周)は、通信事業大手のSwisscom社と連携し、LTE-MセルラーLPWAN(省電力広域)ライブ・ネットワークを使用したVoLTE(Voice over LTE)による音声通話に成功したことを発表しました。これにより欧州初のVoLTE通話が実現しました。VoLTE通話は、u-blox LTE-M評価キットを使用し、Swisscom社のLTE-Mネットワーク上で行われました。これに先立ち、Swisscom社の研究所とライブ・ネットワークで行われた予備テストでは、さまざまな音声関連のアラームと緊急通報機能のすべてが検証されました。テスト構成には、携帯電話から固定電話への通話、固定電話から携帯電話への通話、携帯電話間の通話、複数のLTE-M基地局間のハンドオーバー(切り替え)が含まれていました。VoLTEは、パケット交換方式の4Gネットワークで音声通話を可能にする技術です。LTE-Mを介して直接、音声通話が行えるため、産業界にとっては大きな技術的進歩となっています。このLPWANネットワークは、IoTデバイスのバ...more
カテゴリー:

【滋賀】白鬚神社の大鳥居、日本遺産認定後に観光客急増 横断禁止の国道(車道幅約11m)を横断 有効な対策打てず - 09月24日(火)14:08  newsplus

国道「危険横断」有効な対策打てず 日本遺産認定後に観光客急増  滋賀県高島市鵜川の観光スポット・白鬚(しらひげ)神社の琵琶湖上にある大鳥居を見ようと、同神社付近の国道161号を横断する観光客が目立つ。一帯は交通量が多く、横断歩道がないことから、歩行者を巻き込む事故の発生が懸念されている。国や自治体、警察が安全対策に乗り出しているが、事故防止への有効策は見いだせていない。  9月初旬の週末、観光客が境内から湖岸に向かって、車が激しく往来する国道(車道幅約11メートル)を横断する姿を多く見かけた...
»続きを読む
カテゴリー:

スズキとNTTコムが高齢者の電動車椅子での移動をIoTで見守る実験を開始 - 10月03日(木)12:30 

スズキとNTTコミュニケーションズは、高齢者向けの電動車椅子を対象に、利用者の転倒などを感知して家族に知らせるサービスの実証実験を開始した、と発表した。 高齢化が進み、電動車椅子に対するニーズが増える中、IoTでリアルタイムに電動車椅子の利用状態を見守り、高齢者が安心して移動できる仕組みの構築を目指す。 ・車椅子の傾きを検知 実験は、スズキの電動車椅子「セニアカー」にNTTコムがGPSや車載器センサー、SIMカードなどを搭載して行う。これらセンサー類により、電動車椅子の位置情報はもちろん、傾きなども検知できるようになる。 具体的には、車椅子が転倒するなど異常が検知されたら、家族にメールで通知するようになり、こうした仕組みが適切に作動するかを検証する。 ・実験後はサービス拡大も 実験は数十台規模で10月末まで全国で行われる見込み。両社によると、実験終了後は、電動車椅子が登録エリア外に出た事実や異常走行も検知・通知するなど、サービスの拡充を検討する。 高齢化社会が進み、また近年、高齢者の運転による自動車事故が相次いでいることから、電動車椅子は脚光を浴びている。 セニアカーは最高時速6キロで、高齢者が座って楽に移動できる乗り物だが、操作を誤り転倒する、外出したまま戻らない、というのはあり得ることだ。今回のIoT技術ではそうした動きを素早く把握できるようになる。 今後一層高齢化が進んで、電...more
カテゴリー:

カンガルー肉をペットフードに、オーストラリアの州が狩猟解禁 - 10月02日(水)11:50 

オーストラリア南東部のビクトリア州は1日、ペットフードへの使用を目的としたカンガルー猟を正式に解禁すると発表した。 同州の「カンガルー狩猟プログラム」は、5年間の試行期間を経て正式に発足する。 カンガルーは、外国人から見ればオーストラリアを象徴する可愛いシンボルだが、国内では作物を荒らしたり自動車事故を引き起こすなどの被害が深刻化している。 そこで州は、狩猟免許を持つハンターによるカンガルー猟...
カテゴリー:

Google Play 残高2000円、これで買えるオススメアプリおしえろ - 10月01日(火)20:00  news

GoogleのスマートフォンPixelを使用しているユーザーは、近い将来自動車事故を起こした(起こされた)場合に命拾いをするかもしれません。 Google Playにわずかな時間だけ公開されたのち引っ込められた「Personal Safety」と名付けられたアプリはGPSなどの情報を監視して、自動車事故を検出したときに通報するなどの機能を備えます。 https://japanese.engadget.com/2019/10/01/google-play-pixel/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

英2部ダービー、2選手が飲酒運転事故で起訴…同乗のキャプテンは負傷でシーズン絶望に - 09月27日(金)08:46 

 ダービー・カウンティ(英2部)は26日、ダービー市内でクラブの選手が起こした自動車事故について、クラブ公式サイトで公式声明を発表した。同日、イギリスメディア『BBC』が報じている。  24日、ダービ
カテゴリー:

「自動車事故」の画像

もっと見る

「自動車事故」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる