「自動管理」とは?

関連ニュース

エフ・アイ・ティー・パシフィック、データセンター管理システム「 VM7 iDC Visual Manager 」 新製品ラインナップ 『 Standard Plus 』を発売 - 07月08日(水)09:30 

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社(本社:東京都台東区浅草橋、社長:笠井 庸正、以下FITP)は、データセンターの運営および運用管理を目的としたデータセンター管理システム「VM7 iDC Visual Manager」の新製品ラインナップとして『 Standard Plus 』(スタンダード プラス)を開発し、本年8月1日より販売開始します。FITPは、24年前より、ファシリティマネージメント製品の分野において、ワールドワイドで多数の導入実績を誇るAT+C社(ドイツ)の国内総代理店として、大手企業や官公庁、大規模施設などを対象に、統合配線管理システム「VM7 ケーブルマネージャ」を多数導入してまいりました。また、12年前から、「VM7ケーブルマネージャ」をベースとして開発したデータセンター管理システム「VM7 iDC Visual Manager」をデータセンター事業者および利用者、通信キャリア、銀行や証券などの金融系企業、電力関連企業、官公庁などに多数導入してまいりました。「VM7 iDC Visual Manager」には、『 Professional 』、『 Standard 』、『 Light 』、『 Viewer 』、『 Web Client 』などの様々な製品ラインナップがありますが、フロア図面上のレイアウト編集を行えるのは、AutoCADのプラグインアプリケーシ...more
カテゴリー:

国内旅行会社最大手のJTB、 競争が激化するツーリズム産業でのイノベーション推進のため、デジタルビジネスを最適化する『Dynatrace』をWeb事業の顧客向けシステムへ導入 - 06月29日(月)17:00 

株式会社アイ・アイ・エム(代表取締役社長:関根 淳、本社:東京都中央区、以下 アイ・アイ・エム)は、株式会社 JTB(代表取締役 社長執行役員:髙橋 広行、本社:東京都品川区、以下 JTB)が、「ユーザーエクスペリエンス」「アプリケーションパフォーマンス」をリアルタイムに一元管理し、デジタルビジネスを最適化するソリューション『Dynatrace』を、Web事業の顧客向けシステムに導入したことをお知らせします。近年、ツーリズム産業においては新規参入、顧客のニーズの多様化により、デジタル化が急進し、旅の購買スタイルが急速に変化しています。その変化に俊敏に対応し、今までにない商品やサービスをスピーディに顧客に届けると同時に、顧客からの要望を即座に反映し、改善し続けることが求められています。JTBではグループ経営ビジョンに“Beyond Imagination”を掲げ、デジタルとヒューマンタッチが融合したソリューションにより、お客様の期待を超える価値を生み出し、お客様にとっての成果をお約束することを目指しています。今回、JTBではWeb事業の顧客向けシステムである同社ホームページ(https://www.jtb.co.jp)に『Dynatrace』を導入したことで、主要サービスの稼働状況の常時可視化、問題発生時の原因調査、影響箇所の早期特定と対応策立案の高速化を実現します。これにより、サー...more
カテゴリー:

「自動管理」の画像

もっと見る

「自動管理」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる