「自分自身」とは?

関連ニュース

企業の働き方改革は「冬眠人脈」の掘り起こしがカギを握る - 01月17日(木)12:00 

高齢化、少子化による労働人口の減少が見込まれることを背景に、政府の主導する「働き方改革」による生産性向上を目指す取り組みが、すでに多くの企業で始まっている。ところが、これまでのところ必ずしもそうした取り組みが期待通りの成果を上げているとは限らないようだ。法人向けクラウド名刺管理サービスを展開するSansan株式会社は2019年1月16日、ビジネスパーソンにおける「人脈の重要性」や「人脈の活用」について調査した結果を公表した。それによると、日本全国20~50代の男女1000人のビジネスパーソンのうち、社内で働き方改革に取り組み始めている人は88.5%と大多数を占めた。しかし一方で、その効果を感じられないとする人も49.1%に上るという。およそ半数の人たちが働き方改革を目指すための手法に疑問を感じている、と言えそうだ。ハフポストでも、Twitterを通じて「働き方改革」に関するアンケートを実施した。その結果、働き方改革の取り組みが進んだことで社内システムにポジティブな変化があったという人、働き方改革の前後で特に変わらないと思う人、先行きに不安を感じる人と、人あるいは企業によって温度差があることがわかった。【HUFFPOSTアンケート①】 あなたの会社の"働き方改革"、現状は?🤔 "働き方改革"の実情やご意見なども、リプライで教えてください✍️✨ — ハフポスト日本版 (@H...more
カテゴリー:

バンタン卒業修了制作展「VANTAN STUDENT FINAL 2019」 東京校3/3、大阪校2/17に開催決定 - 01月17日(木)11:30 

即戦力人材を育成するスクール運営事業を行っている株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己 以下、バンタン)は、バンタン卒業修了制作展『VANTAN STUDENT FINAL 2019』(バンタン スチューデント ファイナル 2019)を、大阪校は2019年2月17日(日)、東京校は同3月3日(日)に開催致します。■バンタン卒業修了制作展『VANTAN STUDENT FINAL 2019』とは バンタンで学んできた学生たちの集大成の場であるバンタン卒業修了制作展 『VANTAN STUDENT FINAL 2019』。クリエイティブを学ぶ学生による成果発表の場として、これまで培ってきた感性、知識、技術、経験・・・その全てを、ありったけの情熱を持って表現します。8スクールが参加する当イベントには、例年2500名以上が来場いたします。また、産学協同プロジェクトなど、企業とのコラボレーション企画を多数実施。企業やバイヤー、業界関係者にもお越し頂き、若きクリエイター発掘の場所としても活用いただいています。■バンタン卒業修了制作展『VANTAN STUDENT FINAL 2019』特設ページhttps://www.vantan.co.jp/studentfinal2019/■コンテンツ紹介(一部) 収容人数約600名のランウェイ会場にてファッションショーやヘアメイク...more
カテゴリー:

元横綱稀勢の里、>5へ転向 - 01月16日(水)22:26  livejupiter

大相撲を引退した元横綱稀勢の里関が>5へ転向することを明らかにした。 会見では「現役時代から漠然とした憧れがあった」話し、早ければ来週にも>10へ向けて>15を開始する予定だという。 「自分自身かなり悩みましたが>20から『>25』と言われて決心がついた」と決断に至るまでの裏話も披露した元横綱。会見の終わりには「相撲で培った>30を活かしたい。目標は>35です」と笑顔で締めくくった。 なお、この件に関して横綱白鵬関は「>40」とコメントした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

“暑苦しくない男2人”が魅力!? 光石研、岡山天音に「グルーブ感じてる」 - 01月16日(水)18:12 

光石研が主演のドラマ『デザイナー渋井直人の休日』(テレビ東京系、1月17日スタート、毎週木曜25:00~)の記者会見が16日、都内で行われ、光石をはじめ、黒木華、岡山天音、松本佳奈監督が登壇した。映画にもなった「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」などを手がけた漫画家・渋谷直角の同名最新コミックを原作に、光石が演じる中年デザイナーの渋井直人が、次々に現れるヒロインたちに右往左往する日常を描いていく。光石は冒頭「仕事はできるんですが、恋のデザインが苦手な渋井です」と挨拶。さらに「僕も雑誌が売れている時代に多感な時期を過ごし、それに乗っかった世代。渋井直人のように、洋服や音楽にも興味があって……。だから、自前のチノパンから衣装チノパンに着替える、みたいなことがあるんですが、それぐらい自分自身にも似た所がいっぱいある」と役について語った。デザイナーの日常を描くということで、劇中に登場するインテリアや店などはどれもおしゃれなものが並ぶ。光石は「撮影部、照明部、録音部、みんなこだわって作っています。ロケ場所も厳選して渋井直人にピッタリな所を探してくださって。細かい所まで世界観を作ってくださってる。僕はセリフを覚えて、風邪を引かずに現場に行けば、周りの方々が準備しているので、なんの心配もないです」とスタッフへの感謝の意を示した。そして今回、渋井の恋人となる三浦カモメを演じる...more
カテゴリー:

【相撲】稀勢の里、朝青龍らに感謝「モンゴルの横綱のおかげ」で成長 引退会見 - 01月16日(水)17:28  mnewsplus

1/16(水) 17:18配信  大相撲の横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、都内で引退会見を開いた。若手時代に鍛えられた元横綱朝青龍(ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏)の名を挙げ、「横綱朝青龍関をはじめ、モンゴルの横綱のおかげだと思っています」と感謝した。以下、一問一答の要旨【その2】。  -先代の師匠(元横綱隆の里)の教えで心に残っていることは。  「そうですね…。稽古場というものは非常に大事に先代はしていましたので。稽古場というものを、今後、次世代の力士に、(その)大事さを教えていきたいです」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

人生100年時代・生涯現役時代を謳歌 「森が家」がコンセプトの“都市ストレスを軽減する家”1月19日誕生 - 01月17日(木)12:00 

2019年1月17日 大和ハウス工業株式会社 予防医学研究者・石川善樹氏と共創人生100年時代・生涯現役時代を謳歌「森が家」をコンセプトにした“都市ストレスを軽減する家”1月19日(土)誕生ー 生涯現役を支える鍵は、「五感のゆらぎ」と「人とのつながり」—  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)は、現在、50歳~75歳世代向け、「森が家(もりがいえ)」をコンセプトにした都市なか3階建ての木造モデルハウス「xevoGranWood都市暮らし森が家コンセプトモデル」を開発し、2019年1月19日(土)より品川シーサイド展示場(東京都品川区東品川4-4)にて展示・販売を開始いたします。 本住宅は、人生100年時代・生涯現役時代に向け、予防医学研究者・石川善樹氏と共に「都市ストレスから解放され、健康で充実した人生を謳歌できる家」を目指して開発したモデルハウスです。URL:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoGranWood/morigaie/index.html?ad=pr20190117都市ストレスの解放のために、「五感のゆらぎ」と「人とのつながり」に着目 人生100年時代、心身ともに健やかな暮らしを営むためには、「都市ストレスからの解放」が鍵と考えます。今回、予防医学研究者である石川氏の知...more
カテゴリー:

「できない」と考えるな。「できる」と思え。 - 01月17日(木)06:34  news4vip

長文だが今生きることを悩んでる人はしずかな集中できる場所で読んでほしい。 32になってようやく気づいた。 体が不自由でもない、脳もちゃんと動く。 なのにできないと一点張りをして嫌なことをやらない人が多い。 嫌なことをミリでも取り組んでみて、成功すれば初めて自分の潜在能力を見出だすことができる。 完全に合わないとわかればそこから逃げればいい。 そうしたらホームレスになってしまうと考えてはいけない。 何が言いたいかというと、ネガティブ思考をやめろということ。 そう簡単に言ってもすぐには無理だろう。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

稀勢の里、>5への転向を表明 - 01月16日(水)20:10  livejupiter

大相撲を引退した元横綱稀勢の里関が>5へ転向することを明らかにした。 会見では「現役時代から漠然とした憧れがあった」話し、早ければ来週にも>10へ向けて>15を開始する予定だという。 「自分自身かなり悩みましたが>20から『>25』と言われて決心がついた」と決断に至るまでの裏話も披露した元横綱。会見の終わりには「相撲で培った>30を活かしたい。目標は>35です」と笑顔で締めくくった。 なお、この件に関して横綱白鵬関は「>40」とコメントした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

キャリア官僚がコピペミスで自殺未遂。自分の「異常性」に気付かないのは何故か - 01月16日(水)17:40 

 たった一つの単純なコピペミスに責任を感じ、自殺未遂を起こしてしまう。「そんなまさか」と思えることが、現実に起きている。そして何よりも、当事者は自分自身が「異常な行動を取っている」とは思っていない...
カテゴリー:

稀勢の里引退会見 引退に涙も「土俵人生に悔いなし」 - 01月16日(水)16:56 

 --今の心境は 「横綱として皆様の期待に沿えず、非常に悔いが残るが、私の土俵人生において一片の悔いもございません」 --現役に別れを告げる思いは 「たくさんの人に支えられ、一人一人の顔を思い出し、感謝の思いです」 --昨日の取り組みを終えて、引退を決意するまでの心の動きは 「やりきったという気持ちが最初に出た」 --17年の土俵人生を振り返って 「色々な人に支えられ、1人ではここまで来られなかった。感謝の気持ちでいっぱいです」 --心に残っていることは 「ありすぎて、なかなか思い出せないが、稽古場が僕を強くしてくれた」 --(途中休場した九州場所の後に)横綱審議委員会から「激励」の決議を受けて、どんな思いで臨んだか 「覚悟を持って、場所前からすごく稽古をした。自分の中では良い稽古をしていて、その結果、初日から3連敗した。自分の中では一片の悔いもありません」 --体の調子は 「自分の中では一番良い動きをしていたので、自信を持って臨んだ」 --左胸のけがの回復具合は 「自分の相撲が取れなくなっている。けがの前の自分に戻ることができなかった」 --横綱の地位はどういうものか 「自分自身を変えてくれました」 --土俵人生で貫いた信念は 「絶対に逃げない。その気持ちです」 
カテゴリー:

もっと見る

「自分自身」の画像

もっと見る

「自分自身」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる