「臨床現場」とは?

関連ニュース

世界が注目するアビガン投与の期待と不安 【RISWE.. - 04月06日(月)08:27 

世界が注目するアビガン投与の期待と不安 【RISWEB限定記事】臨床現場に求められる副作用への丁寧な説明 #新型コロナウイルス #アビガン | 医薬経済社
カテゴリー:

【新型コロナ】「1人からうつる二次感染者数」東京都が突出 専門家会議 - 04月03日(金)12:26  scienceplus

新型コロナウイルスの感染者数が最多の東京都では2日、新たな陽性患者が97人増えて、684人になった。感染経路がわからない人は37人、10歳未満の子供も2人報告されている。  安倍首相が「緊急事態宣言」を出すか関心が高まる一方、政府は「宣言を出す状況ではなく、ギリギリ持ちこたえている」という認識だ。その根拠となったのは、厚生労働省の専門家会議の現状分析だが、臨床現場では疲弊の声が上がっている…。 ■1人がうつす二次感染者数 今月1日、厚労省専門家会議は3月中旬以降の国内の感染状況について分析結果を発表した。感...
»続きを読む
カテゴリー:

カリスマ皮膚科医が「本当に驚いた」 - カシオの皮膚観察用デジタルカメラ - 03月31日(火)11:00 

昨年5月にカシオ計算機が皮膚観察用デジタルカメラ「ダーモカメラ DZ-D100」を発売して、間もなく1年が経とうとしている。DZ-D100は皮膚科医の臨床現場でどのように使われているのだろうか。今回は実際にクリニックでダーモカメラを使用している皮膚科の先生に生の声を聞いてみた。
カテゴリー:

なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 ★3 - 03月21日(土)19:26  newsplus

3月14日、安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の対応について記者会見を開き、「感染者は増加傾向だが、急激なペースで増加する諸外国に比べて増加のスピードを抑えられている」と現状認識を述べました。 【図表】無意味なのは数字で明らか……「感染確率0.1%の集団1000万人」にPCR検査を実施したら  これに対して、ツイッターで様々な反応がありました。その中には、「感染者数が諸外国に比べて持ちこたえているのは検査数が少ないだけだ」として、実態を暴くためにも検査数を増やさなくてはいけないとする主張...
»続きを読む
カテゴリー:

【週刊文春】 なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 - 03月21日(土)13:15  mnewsplus

3月14日、安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の対応について記者会見を開き、 「感染者は増加傾向だが、急激なペースで増加する諸外国に比べて増加のスピードを抑えられている」と現状認識を述べました。 これに対して、ツイッターで様々な反応がありました。 その中には、「感染者数が諸外国に比べて持ちこたえているのは検査数が少ないだけだ」として、 実態を暴くためにも検査数を増やさなくてはいけないとする主張が散見されました。 確かに安倍政権下では、公文書の改ざんや廃棄が平然と行われてきまし...
»続きを読む
カテゴリー:

【専門家会議】新型コロナ「1人からうつる二次感染者数」東京都が突出 - 04月04日(土)23:37  newsplus

■1人がうつす二次感染者数 今月1日、厚労省専門家会議は3月中旬以降の国内の感染状況について分析結果を発表した。感染症の流行には、1人の感染者からうつった二次感染者数の平均値を目安とするが、3月上旬の「実効再生産数」は1未満だった。しかし同15日には1を超え、特に東京都では推定値「1.7」まで上昇した。 都市部では、若い世代に対して行動を見直す声が高まっているが、最近では、中高年世代が、夜の歓楽街や、合唱・ダンスサークル、高齢者・福祉施設などでクラスター(感染者集団)発生の原因になってきている。 特に...
»続きを読む
カテゴリー:

迅速簡易検出法(イムノクロマト法)による血中抗SARS-CoV-2抗体の評価 - 04月01日(水)17:00 

迅速簡易検出法(イムノクロマト法)による血中抗SARS-CoV-2抗体の評価 令和2年4月1日国立感染症研究所   2020年3月現在、COVID-19 のウイルス学的診断には主に遺伝子増幅法によるSARS-CoV-2の遺伝子検出が行われているが、それに加えて血清中のウイルス特異的抗体を検出するイムノクロマト法や酵素抗体法(ELISA)を利用した血清学的診断法が検討されている。一般的な急性ウイルス感染症の場合、血中の抗体は、発症後1週間ほど経過した後に誘導される。そのため血清学的診断では、疾患の急性期および回復期の血中抗体価を測定し、抗体の推移を比較する必要がある。よって、発症後速やかに検査を実施し診断する必要がある急性ウイルス感染症の診断法に血清中の特異抗体検出法を取り入れることは比較的難しい。しかしながら、COVID-19は、多くの症例において感染から発症までの潜伏期間が長いと考えられている。また、発症から1週間程度経過した後に症状が急速に悪化して重症肺炎に至るなど、臨床経過が長い症例も報告されている。そのため、COVID-19の診断において血清学的診断が有用となることが期待されている。血清学的診断に必要な血液検体は、採取が比較的簡単で、検体採取時の医療従事者への二次感染リスクが比較的低い。さらに、イムノクロマト法によるウイルス特異抗体検出法は、目視判定による定性分...more
カテゴリー:

5分間で陽性がわかる米食品医薬局が新たに認可したAbbottの新型コロナ検査 - 03月28日(土)16:30 

ヘルスケアテクノロジーのAbbottが開発した新しいCOVID-19の検査方法は、結果が出るまでの時間がこれまでで最速で、しかもその場でできるため検査機関への往復がする必要がない。現在、全世界的なパンデミックを起こしている新型コロナウイルスを検査するこの方法は、米国のFDA(食品医薬局)から緊急時使用許可を受けており、来週から生産を開始する。毎日50000セットも生産できるという。 このAbbott ID NOW COVID-19という検査は、診断プラットフォームAbbott ID NOWを使用する。検査装置は小さな台所用品ほどのサイズで、陽性の結果は5分間、陰性は15分間以下で出る。臨床の現場や診療所などでも検査できるようになること、また検査とその結果が出るまでの時間が短くなることから、非常に有用な手段になる。 他の国で使われてきた高速検査や、結果の精度を確認しないFDAの新しいガイドラインによる高速検査方法と違い、この検査は患者から採取した唾液や粘液を使う分子検査法を利用する。 この検査が利用可能になった良いニュースであるのは、検査に使用するAbbottのハードウェアID NOWが、米国ではすでに臨床現場即時遺伝子検査用として広く普及しているためだ。ID NOWは医師のオフィスや救急病院、集中治療室などの医療施設に設置されていることが多い。 Abbottによると、この新しい迅速...more
カテゴリー:

なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 ★2 - 03月21日(土)15:01  newsplus

3月14日、安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の対応について記者会見を開き、「感染者は増加傾向だが、急激なペースで増加する諸外国に比べて増加のスピードを抑えられている」と現状認識を述べました。 【図表】無意味なのは数字で明らか……「感染確率0.1%の集団1000万人」にPCR検査を実施したら  これに対して、ツイッターで様々な反応がありました。その中には、「感染者数が諸外国に比べて持ちこたえているのは検査数が少ないだけだ」として、実態を暴くためにも検査数を増やさなくてはいけないとする主張が散...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由 - 03月21日(土)12:10  newsplus

 3月14日、安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)の対応について記者会見を開き、「感染者は増加傾向だが、急激なペースで増加する諸外国に比べて増加のスピードを抑えられている」と現状認識を述べました。 【図表】無意味なのは数字で明らか……「感染確率0.1%の集団1000万人」にPCR検査を実施したら  これに対して、ツイッターで様々な反応がありました。その中には、「感染者数が諸外国に比べて持ちこたえているのは検査数が少ないだけだ」として、実態を暴くためにも検査数を増やさなくてはいけないとする主張...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「臨床現場」の画像

もっと見る

「臨床現場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる