「総合司会」とは?

関連ニュース

NHK年内退社説の裏で垣間見える桑子真帆アナの意外な素顔 - 01月17日(木)22:03 

「紅白の総合司会を2年連続でやり遂げたことで、燃え尽きてしまったのかもしれません」(NHK関係者) NHKが揺れている。有働由美子が退社した現在、局の期待を一身に背負う桑子真帆...
カテゴリー:

島崎和歌子の存在価値を魔法少女ちゅうかないぱねま以外に見いだせない - 01月10日(木)14:20  poverty

わずか18歳で司会に抜擢! オールスター感謝祭の裏側からプライベートまで島崎和歌子の魅力に迫る トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、1月12日午前7時半~8時)のゲストは、タレントの島崎和歌子さん。  高知県から上京し、16歳の時にアイドル歌手としてデビューした島崎さんは、魔法使いの少女役で特撮ドラマにも出演。一躍脚光を浴びたのは、18歳のときに大抜擢されたTBS「オールスター感謝祭」の総合司会だった。 「答え言っちゃうし、噛むしで…。もうひどかった」と当時を振り返る島崎さん。同番組にサワコが...
»続きを読む
カテゴリー:

広瀬すずが大ピンチ!紅白MCで叩かれてる!ヤバい、俺がすずを守ってやらなきゃ - 01月09日(水)11:28  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000009-n やはりムリだったのか――。  平成最後の「NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めた広瀬すず(20)に批判と落胆の声が上がっている。  リハーサルでの囲み取材からすでに極度の緊張に襲われていたのか、表情はガッチガチだった。  前日のリハでは、aikoの紹介中、広瀬が「私、aikoさんがデビューした98年に生まれたんです」とカンペ通りに発言し、 総合司会の内村光良が「ブッこんできたね~」とアドリブで受けると、一瞬ムッとした表情で「だって(カン...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】紅白「大惨敗」広瀬すずに不安なNHK『なつぞら』スタッフ苦肉の策は - 01月07日(月)19:55  mnewsplus

昨年大みそかに放送された『第69回紅白歌合戦』で、紅組司会の大役を務めた広瀬すずは、 来る4月から放送予定のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に主演することがすでに決まっている。 しかし、彼女の紅白での司会に不安を募らせた多くのスタッフが、苦肉の策を考えざるを得なくなっているという。 「紅白での広瀬の司会のヘタさは、ある程度予想されていました。例えば天童よしみの出番の際に『今、注目の』『今、注目の』と2回繰り返したのですが、 結局、時間内で何を言いたかったのか分からなかった。 声のトーンやアドリブが効...
»続きを読む
カテゴリー:

【紅白】<サザンが“究極の大トリ”を務めたことに異論はない>特別企画枠が増えていくと「歌合戦」という意義も希薄になりかねない★2 - 01月05日(土)14:04  mnewsplus

「第69回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。平成最後の紅白にふさわしい出場歌手らが熱唱を繰り広げ、35年ぶりに同ホールに帰ってきたサザンオールスターズが破天荒なステージを展開しフィナーレを迎えた。 午後11時25分頃。最終歌唱者のサザンがステージに登場すると、舞台裏にある楽屋口の通路にあるモニター周辺に、「サザンが見たい」と50人ほどの人だかりができた。 ボーカルの桑田佳祐(62)が平成の名曲「希望の轍(わだち)」を歌い始めると、通路に並んでいた乃木坂46のメンバ...
»続きを読む
カテゴリー:

(桑子真帆)(広瀬すず)(極小Tバック)(ノーブラ)(食い込み)(巨乳化)(露出)(ピチピチ)...「パパー!」 - 01月15日(火)22:26  news

『紅白』をピンクにした 桑子真帆のTバックと広瀬すずのノーブラダンス  「正直、アドレナリンが凄くて鮮明に覚えていないところもあったり…夢見てるみたいなふわふわな感じ」と緊張ぶりを正直に語ったのは、『NHK紅白歌合戦』で初めての紅組司会を務めあげた女優・広瀬すず(20)だ。 「前年を上回る視聴率を記録し、平成最後を飾るにふさわしい放送となりましたね」(放送担当記者) 米津玄師やサザンオールスターズといったサプライズ出場も好評で、紅白は大盛り上がりを見せた。出場歌手の力はもちろんだが、番組への注目度を引き...
»続きを読む
カテゴリー:

わずか18歳で司会に抜擢!島崎和歌子が『オールスター感謝祭』の裏側を明かす - 01月09日(水)15:07 

島崎和歌子が、1月12日に放送される『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)に出演。わずか18歳で司会に抜擢された『オールスター感謝祭』(TBS系)の当時の裏側を明かす。高知県から上京し、16歳の時にアイドル歌手としてデビューした島崎は、魔法使いの少女役で特撮ドラマにも出演。そんな中、18歳のときに『感謝祭』の総合司会に大抜擢され、一躍脚光を浴びた。島崎は当時について「答え言っちゃうし、噛むしで……。もう酷かった」と、失敗だらけだったと振り返る。同番組に出演した経験のある阿川佐和子は、爆笑の珍エピソードを披露。当時の映像と共に振り返りながら、28年にわたって司会を務める『感謝祭』の裏側を紐解いていく。また、記憶の中で今もきらめく1曲は、中山美穂の「50/50」。初めてのオーディションで歌った大切な曲だというこの曲とデビュー当時の思い出を振り返る。プライベートでは、芸能界屈指の酒豪としても名高く、実は母親譲りだという豪快な笑い方とユーモアに富んだ軽快なトークで多くのファンを笑顔にする島崎。地元・高知県の話をはじめ、これからの結婚観も聞きながら、デビュー30周年の軌跡をたどっていく。 関連リンク 遠藤憲一、敏腕マネージャーの妻から「家を出て行って!」三行半を突き付けられた理由とは? ...more
カテゴリー:

内村光良:初の書き下ろし長編小説3月発売 人生観、家族や友人への思いも - 01月08日(火)14:50 

 お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんが、初の書き下ろし長編小説「ふたたび蝉の声」(小学館)を3月に発売することが分かった。昨年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」で2年連続総合司会…
カテゴリー:

【芸人】内村光良 初の長編小説書き下ろし!3月発売 朝方に「噛み締めながら書きました」 - 01月07日(月)17:07  mnewsplus

昨年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」総合司会も好評を博したウッチャンナンチャンの内村光良(54)が長編小説を初めて書き下ろしたことが7日、分かった。 自身の人生観など、さまざまな思いを込めた群像小説「ふたたび蝉の声」(小学館)で、3月1日発売予定。 文筆業も話題を呼びそうだ。 読売新聞夕刊に連載した長編「金メダル男」(2016年)など、過去に小説は執筆しているが、長編小説を書き下ろしたのは今回が初。 50歳を目前に控えた進は、役者という職業を細々と続けながら、東京で暮らしている。 最近...
»続きを読む
カテゴリー:

【紅白】ユーミン 打ち上げでゴーン発言!テレビに映らない紅白舞台裏 - 01月05日(土)06:52  mnewsplus

「あいみょんさん(23)から北島三郎さん(82)まで老若男女楽しめるラインナップ。また、チコちゃんや『筋肉体操』の武田真治さん(46)には出演者も大盛り上がり。ネットでは“神回”と呼ばれるなど、近年まれにみる人気ぶりでした」(NHK関係者) 大好評のうちに幕を閉じた『第69回NHK紅白歌合戦』。平均視聴率は41.5%。平成最後を飾るにふさわしく、2年ぶりに40%代の大台を記録した。そんな夢の舞台裏に本誌記者が密着。リハーサルから本番までの3日間、テレビに映らない仰天ハプニングの数々をキャッチした! まず最大の見せ場...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「総合司会」の画像

もっと見る

「総合司会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる