「緊急事態」とは?

関連ニュース

ひょう、カミナリ...道がない? 田中律子は最強のマドンナだった! 「バス旅」神回の名シーンを完全プレイバック! - 02月26日(水)12:16 

2月19日(水)、水バラ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編!新宿~新潟ふれあい珍道中」を放送。今回は、太川陽介が厳選した第13弾「新宿→新潟」編を秘話と共にお届けした。バス&宿がない! 暴風&豪雪...超絶トラブルの連続! 太川&蛭子を待ち受ける衝撃のラストとは...? 「テレ東プラス」では、神回と呼ばれたバス旅の名シーンを振り返る。今回は、太川陽介&蛭子能収が、マドンナに田中律子を迎え、3泊4日で東京・新宿から新潟を目指す。冒頭太川は「路線バひょう、カミナリ...道がない? 田中律子は最強のマドンナだった! 「バス旅」神回の名シーンを完全プレイバック!スの旅で何が一番難しいか...。やはり県境をどうやって越えるか。しかも峠越えの時どうするか! これがとても難しいんです。あの峠を上手く越えられるのか? (宿に)泊まれるのか? ハラハラドキドキ始まります!」とコメント。まずは新宿駅で待ち合わせた太川、蛭子、田中だが、田中は「歩く気満々ですよ!」と爽やかにスノーブーツで登場し、接着剤でとめ、今にも壊れそうな蛭子の靴を心配。旅の途中、腹ごしらえにラーメン店で「揚げ餅 つけ麺」を頬張る蛭子。袖には汁が飛び、餅が伸びすぎてなかなか切れない蛭子を優しい笑顔で見守る田中。もちろんバス内でも積極的に行動。マドンナ自らバスルートをリサーチします! 1日目は、バスの乗り継ぎでミラクルを起こしたもの...more
カテゴリー:

コロナ発熱で「休め」と言われても非正規には補償もない もうウイルステロを覚悟で出社するしか - 02月26日(水)11:04  news

発熱で「休め」と言われても 新型肺炎、非正規労働の減収の不安 2020/2/26 https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=616611&comment_sub_id=0&category_id=256 「生活を考えると安易に休めない」―。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)19)の拡大を防ぐため、 発熱した場合などに仕事を休むよう国が促す中、広島県内の非正規労働者からも不安の声が上がっている。 自主的に休む場合は賃金が補償されるとは限らないからだ。 国は企業に収入に配慮した対応を呼び掛けている...
»続きを読む
カテゴリー:

中国に屈せず。安倍首相が見習うべきプーチンの新型肺炎への対応 - 02月25日(火)18:08 

感染症内科教授の告発動画により一部明らかになった、新型肺炎への正しい対処がなされず混乱するクルーズ船の内部の様子は、世界に衝撃を与え、さらに安倍政権に対する批判をも高めているようです。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、新型ウイルスの水際対策に成功しているとされるロシアの事例を紹介し、日本政府が国民の命を守るため今すぐすべきことを記しています。 安倍総理は、プーチンの“ここ”を見習うべき 神戸大学病院感染症内科教授、岩田健太郎さんの動画。昨日夜時点で110万回ぐらい再生されていたので、ごらんになった方もいるでしょう。今日見てみると、すでに削除されていました。しかし、毎日新聞で一部見ることができるので、まだの方は、こちらをごらんください。 ● 「船内はものすごく悲惨な状態」クルーズ船立ち入りの医師、ネット動画が波紋 詳細は、ご自分でごらんになってほしいですが、要は、 岩田先生は、ダイヤモンドプリンセスに入ってみた 専門家から見ると、中はアフリカや中国よりもひどい悲惨な状態だった 中は、(危険な)レッドゾーンと(安全な)グリーンゾーンがわけられていない。ぐちゃぐちゃになっている 感染対策のプロは一人もいない! 感染対策のプロが進言しても聞いてもらえない なんというか、ダイヤモンド・プリンセスにいる方はお気の毒です。適切な言葉が見つかり...more
カテゴリー:

【自動車】日産 ルークス 新型 大人4人がくつろげる室内空間…3月19日発売、価格は141万5700円より - 02月25日(火)15:00  bizplus

(画像は >>2 にまとめてあります) 日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。 新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。着座時の膝回りスペースも十分に確保。後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。ま...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国71年の歴史】習近平氏「1949年の建国以来、最大の緊急事態」 新型コロナを受け - 02月25日(火)13:32  newsplus

 中国の習近平国家主席は23日、同国で2400人超が亡くなった新型コロナウイルスの感染拡大について、 1949年の建国以来、共産中国にとって「公衆衛生の分野における最大の緊急事態」だと述べた。  習国家主席は、新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」対策の調整会合の場で、同国の指導部としては異例にも、「あらわになった明白な欠点」から学ぶ必要があると指摘。  中国中央テレビ(CCTV)によって報じられた今回のコメントで、「伝染が最も早く、感染が最も広範囲にわたり、予防および制御が最も難しい」とし、「これ...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍さん「緊急事態条項さえあればコロナウイルスの感染拡大防げたのに…無念だ…」 - 02月26日(水)11:47  news

sssp://img.5ch.net/ico/samurai.gif 緊急事態条項は「魔法のつえ」か 新型肺炎と憲法改正 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO55907380R20C20A2000000 ...
»続きを読む
カテゴリー:

4月末までに新型肺炎の完全収束がなければ東京五輪は絶望的な訳 - 02月26日(水)05:00 

感染拡大に歯止めがかからない新型肺炎。政府は2月25日にようやく基本方針を発表しましたが、遅きに失した感は否めません。なぜ安倍政権の対応は、ここまで後手に回ってしまったのでしょうか。ジャーナリストの高野孟さんは今回、自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、このような事態を招いた根本に政権の「緩み」があったと指摘。さらに厚労省の医系技官がダイヤモンド・プリンセス号の「隔離失敗」の原因となったとして厳しく批判しています。 4月一杯に新型肺炎を完全終息させないと五輪開催が危うくなる!──なのに何の危機感もない安倍政権の緩みっ放し 東京五輪の開会式は7月24日で、その2カ月前の5月半ば、大型連休明けになってもまだ新型肺炎に収まりがつかず燻っているようであれば、五輪そのものの開催が危うくなる。 第1に、その時期には早くも、各国のチームが続々と来日し、ホストタウンとなる全国約480の市町区に散ってトレーニング・キャンプに入る。その前に安心して来日できる環境を整えておかなければ、急遽キャンプ地を自国かアジア近隣で新型肺炎から安全なところに振り替えるとか、それも難しいので五輪参加そのものを諦めるチームが出てくるとか、大混乱が始まる。 第2に、事前のキャンプ入りを予定していないチームや選手も、7月までに本当に収まっているのかどうか、正確な情報を得た上で参加するかどうかの判断を迫られる...more
カテゴリー:

【疑問】なぜ政府は新型インフルエンザ等対策特別措置法を発動しないのか、なぜマスコミは頑なにこの法律を口にしないのか🤔 - 02月25日(火)17:07  poverty

全国的かつ急速なまん延により、国民の生活及び経済に甚大な影響を及ぼし、又はそのおそれがあるものとして政令で定める要件に該当する事態となった場合、内閣総理大臣は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」を行う(第32条)。 緊急事態宣言がなされると、都道府県知事は住民に対し外出の自粛を要請できる(第45条第1項)。 また、罰則はないものの、原則1,000平方メートルを超える体育館や映画館、劇場などの使用制限を要請することができる(第45条第2項)。 外出自粛や使用制限の期間は、新型インフルエンザ発生後の最初の1-2...
»続きを読む
カテゴリー:

米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への加盟企業の取り組みに関する声明を発表 - 02月25日(火)15:00 

米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への加盟企業の取り組みに関する声明を発表“コロナウイルスに影響を受けるすべての人々を支援するために”研究開発、関係当局との連携、資金・物資援助、サプライ・チェーン確保など、多面的な支援に注力2020年2月25日米国研究製薬工業協会※当資料は、米国研究製薬工業協会米国本部が、現地時間2020年2月20日に米国本部ウェブサイト内のブログ”the Catalyst”で発表したスティーブ・J・ユーブル理事長による投稿を日本で抄訳したものです。米国研究製薬工業協会(PhRMA)スティーブ・J・ユーブル理事長は、2月20日、同協会のウェブサイトにおいて、現時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への同協会加盟企業の取り組みに関する声明を発表しました。「米国のバイオ製薬企業は現在、中国・武漢で発生した新型コロナウイルスCOVID-19の診断・治療に役立つソリューションを開発すべく、全力を注いでいる。自らの科学的専門知識を応用して新型ウイルスの診断・治療及び感染防止に寄与する方法を見つけることに加え、関連する団体や組織を通じて、財政面及び物資面での支援を行い、この世界的な公衆衛生の緊急事態に対処すべく米国、中国そして各国の健康問題関連機関と協力している。PhRMA加盟企業の半...more
カテゴリー:

【調査報告】コロナウイルスはいつから報じられた?WHOはいつから対応していた?コロナウイルスに関する報道まとめ - 02月25日(火)13:00 

株式会社トドオナダ(代表取締役社長 松本泰行)は、自社開発モニタリングクラウドサービス「Qlipper」を使用したコロナウイルスに関する調査し、2月25日に発表いたしました。【サマリー】・コロナウイルスの報道は2019年12月31日13時41分が最初・死者の話題は1月20日発生、現在までのピークは2月14日だった・WHOに関する記事は1月8日から目立ち始め、1月23日からより活発化・1月30日まで武漢の話題が多く、以降は中国の他の地域の話題に広がる・クルーズ船は1月21日より記事が出現する。当初は中国当局が発行する「健康カード」をクルーズ船に適用するというもの・プリンセスクルーズの記事は2月2日に香港の感染者がクルーズ船で来日したことから始まり、その後増え続け2月20日には1日の記事数が1000を超えている・アメリカについてはインフルエンザの話題と同時に掲載されることが多く、株価や円安など経済の話題も多い・マスクについては、1月15日から中国国内のマスク不足が報じられ、その後日本からの支援物資に対する感謝の記事へ変遷した1月31日から日本国内のマスク不足が目立つようになり、その後転売に関する記事が増えている・リモートワークについては、1月26日IT企業の在宅勤務報道を皮切りに増加。それまでは小泉環境省の育休に伴うリモートワーク対応など、コロナウイルス以外の話題が多かったコロナウイル...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「緊急事態」の画像

もっと見る

「緊急事態」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる