「緊張緩和」とは?

関連ニュース

日・イラン外務次官級協議、17日に開催 - 08月16日(金)20:58 

 外務省は、17日、森外務審議官とイランのアラグチ外務次官がテヘランで次官級協議を行うと発表しました。  外務省の森外務審議官は、日本時間の17日午後、イランの首都・テヘランでアラグチ外務次官との次官級協議を行います。協議では、日本とイランの2国間関係や中東地域における緊張緩和などについて、幅広く意見が交わされる予定です。  また、アメリカが参加を呼びかけるホルムズ海峡などでの「有志連合」構想についても、議題にのぼるものとみられます。  外務省によりますと、日本とイランの次官級協議は1991年以降、ほぼ毎年行われていて、前回は去年3月、テヘランで開催されています。(16日19:33)
カテゴリー:

英側、拿捕したタンカーを解放 対イラン緊張緩和に期待 - 08月16日(金)06:29 

 英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の制裁に違反してイランからシリアに原油を運ぼうとした疑いで7月に拿捕(だほ)したタンカーを解放した。自治政府トップのピカード首席閣僚は声明で、解放後…
カテゴリー:

仏外相「緊張緩和目指す 誰の指図も必要とせず」.. - 08月10日(土)07:52 

仏外相「緊張緩和目指す 誰の指図も必要とせず」イラン情勢で #nhk_news
カテゴリー:

自民部会、ホルムズ有志連合に賛否両論 外務省は「回答期限ない」 - 08月05日(月)17:47 

 自民党は5日、外交部会などの合同会議を開き、米国が参加を呼びかける中東ホルムズ海峡などの航行の安全確保に向けた「有志連合構想」について議論した。外務省の担当者は、日本の参加について「(米国側が)回答期限を設けていることはない」と述べ、緊張緩和に向けた外交努力を優先する考えを示した。
カテゴリー:

米・ポンペオ国務長官、日韓の緊張緩和に期待 - 08月02日(金)01:52 

米・ポンペオ国務長官、日韓の緊張緩和に期待
カテゴリー:

英領ジブラルタル、拿捕したイランのタンカー解放 - 08月16日(金)18:00 

 英領ジブラルタル自治政府は15日、欧州連合(EU)の対シリア制裁違反の疑いで7月に拿捕(だほ)したイランの大型タンカーを解放したと発表した。イランは報復として英国のタンカーを拿捕しており、今後はホルムズ海峡の緊張緩和に向け、イラン側が英タンカーの解放に踏み切るか否かが焦点。膠着(こうちゃく)してい
カテゴリー:

鬥呎クッ諠?兇繧帝撼蟶ク縺ォ諞よ?縲∽クュ蝗ス縺ッ諷朱?縺ェ蟇セ蠢懊r?昴き繝翫ム鬥也嶌 - 08月13日(火)10:20 

[オタワ 12日 ロイター] - カナダのトルドー首相は12日、香港情勢を非常に憂慮しているとし、中国当局に抗議活動への慎重な対応を求めた。 香港には30万人ほどのカナダ市民が暮らす。トルドー氏はテレビ中継された記者会見で「緊張緩和が必要で、中国市民が示した非常に深刻な懸念に耳を傾ける姿勢が地元当局に求められる」と述べた。 平和と秩序、対話を呼び掛けたほか、現地で正当な懸念を持つ人々に対し中国側が
カテゴリー:

中東・有志連合 緊張緩和へ外交努力を - 08月08日(木)05:15 

来日した米国のエスパー国防長官が岩屋毅防衛相と会談し、中東・イラン沖ホルムズ海峡を航行する船舶の安全確保に向けて、米国が結成を呼び掛けている「有志連合」への参加を求めた。 岩屋氏は「米国とイランとの関係などを総合的に判断する」と述べるにとどめたが、エスパー氏は会談前に「日本は参加を強く検討すべきだ」と言明しており、強い要請があったとみられる。
カテゴリー:

ホルムズ海峡の有志連合 政府 自衛隊派遣には法的課題 - 08月02日(金)21:08 

アメリカが参加を求めている中東のホルムズ海峡の安全を確保するための有志連合について、政府は、野党側の会合で、仮に自衛隊を派遣する場合、現在の法律では課題があると指摘したうえで、イラン情勢の緊張緩和に向けて外交努力を重ねる考えを示しました。
カテゴリー:

タンカー防衛有志連合に参加しなければ尖閣が中国に取られる理由 - 08月01日(木)04:30 

イランとの友好関係崩壊や国内の反発を懸念してか、タンカー防衛有志連合に参加表明ができない日本。ついに米国から名指しで参加要請がなされ始めています。日本はこの先、どの方向に舵を切るべきなのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、日本の国益のために必ず参加しなければならないとし、その理由を記しています。 歴史の岐路~タンカー防衛拒否で日米同盟は崩壊へ??? 私たちは、「歴史の中」で生きています。その私たちは、「嗚呼、今歴史的なことが起こっている」とは、なかなか自覚しにくいものです。後になって、「嗚呼、あれは『歴史的』だったのだ…」と気づくことになる。 いえいえ。後になっても気がつかないことも多いのです。たとえば2012年11月、ある歴史的事件が起こりました。中国の代表団がモスクワで、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線をつくろう!」と提案したのです。 ● 証拠→「反日統一共同戦線を呼びかける中国」 私は、「嗚呼、日中戦争がはじまった!」と嘆きました。2015年3月、「AIIB事件」が起こりました。イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、イスラエル、オーストラリア、韓国などなどいわゆる「親米諸国」が、中国主導の「AIIB」に参加した。アメリカが制止したにも関わらずです。私は、「嗚呼、米中覇権戦争がはじまる…」と思いました。 さ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「緊張緩和」の画像

もっと見る

「緊張緩和」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる