「緊張緩和」とは?

関連ニュース

7年前の安倍晋三「鳩山がイラン訪問した?何の役にも立たない外交。ハトがカモになって利用されただけw」 で、今 - 06月15日(土)22:45  poverty

イラン外交、安倍首相訪問前から日本政府関係者の間でささやかれていた「二つのリスク」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190614/k00/00m/010/291000c (抜粋) 外交巧者イランの「カモ」?  もう一つのリスクは、外交巧者のイランに利用されることだった。2015年のイラン核合意は、 離脱した米国を除く主要国が支持している。イラン側が「米国の同盟国である日本も核合意を 支持している。悪いのは米国だ」と対外発信し、日米間にくさびを打ち込んでくるのは 「想定の範囲」といえた。  しかし、ハメネイ師...
»続きを読む
カテゴリー:

タンカーへのテロ攻撃めぐり、米とイラン“真っ向対立” ホルムズ海峡封鎖なら世界経済“大打撃” 識者「日本がリーダーシップを」 - 06月15日(土)10:00 

 イラン沖のホルムズ海峡付近で13日発生した日本などのタンカー2隻へのテロ攻撃をめぐり、米国とイランの主張が激突している。米国は「イランの責任」に言及し、イランは関与を否定した。安倍晋三首相の歴史的なイラン訪問で、世界が期待した緊張緩和が失速しかねない事態だ。「中東の混乱」継続を狙う勢力の存在とは。原油輸入の9割近くを中東に依存する日本にとっては、ホルムズ海峡の情勢不安は原油価格の高騰につながり、日本経済を直撃しかねない。今年秋に予定される消費税増税の最終判断にも影響するのか。
カテゴリー:

【海外】安倍首相、イラン訪問「仲介失敗」と厳しい見方も 各国の反応 ★5 - 06月15日(土)08:02  newsplus

イランをめぐる各国の相関図  安倍晋三首相がイランを訪問し、米国と緊張下にあるイランのロハニ大統領、最高指導者ハメネイ師と相次いで会談した。イラン核合意の当事国は静観姿勢だが、各国メディアでは訪問成果について懐疑的な見方も出ている。  核合意の維持を訴える欧州連合(EU)では首脳らから目立った発言は出ていない。EUにとっては、イラン核合意は多国間外交で、世界の安定につなげた近年の最大の成果の一つだ。その履行は国際ルール順守の象徴で、米国を筆頭に「自国第一主義」が世界で台頭する中、イラン核合...
»続きを読む
カテゴリー:

日本は、なぜホルムズ海峡で標的になったのか 安倍首相の米・イラン仲介外交は台なしに | アジア諸国 | 東洋経済オンライン - 06月15日(土)05:40 

アメリカとイランの緊張緩和に向け、イラン最高指導者アリー・ハメネイ師と安倍晋三首相が会談した13日、…
カテゴリー:

安倍首相、タンカー攻撃「断固非難する!!」うおっしゃあらあああぁあああ!! - 06月14日(金)23:58  news

首相、タンカー攻撃「断固非難」 日米首脳が電話 トランプ氏、イラン訪問に謝意 2019/6/14 23:37 安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と約30分間電話した。 トランプ氏は首相のイラン訪問について謝意を伝えた。 中東ホルムズ海峡近くで日本などのタンカー2隻が攻撃を受けた事件に関して話し合った。 首相は協議後、「いかなる者が攻撃したにせよ、船舶を危険にさらす行動に日本として断固非難する」と強調した。 両首脳は中東地域の安定へ日米で連携する方針を申し合わせた。 首相は「すべての関係国が緊張を高める行...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外】安倍首相、イラン訪問「仲介失敗」と厳しい見方も 各国の反応 ★7 - 06月15日(土)11:17  newsplus

イランをめぐる各国の相関図  安倍晋三首相がイランを訪問し、米国と緊張下にあるイランのロハニ大統領、最高指導者ハメネイ師と相次いで会談した。イラン核合意の当事国は静観姿勢だが、各国メディアでは訪問成果について懐疑的な見方も出ている。  核合意の維持を訴える欧州連合(EU)では首脳らから目立った発言は出ていない。EUにとっては、イラン核合意は多国間外交で、世界の安定につなげた近年の最大の成果の一つだ。その履行は国際ルール順守の象徴で、米国を筆頭に「自国第一主義」が世界で台頭する中、イラン核合...
»続きを読む
カテゴリー:

【海外】安倍首相、イラン訪問「仲介失敗」と厳しい見方も 各国の反応 ★6 - 06月15日(土)09:43  newsplus

イランをめぐる各国の相関図  安倍晋三首相がイランを訪問し、米国と緊張下にあるイランのロハニ大統領、最高指導者ハメネイ師と相次いで会談した。イラン核合意の当事国は静観姿勢だが、各国メディアでは訪問成果について懐疑的な見方も出ている。  核合意の維持を訴える欧州連合(EU)では首脳らから目立った発言は出ていない。EUにとっては、イラン核合意は多国間外交で、世界の安定につなげた近年の最大の成果の一つだ。その履行は国際ルール順守の象徴で、米国を筆頭に「自国第一主義」が世界で台頭する中、イラン核合...
»続きを読む
カテゴリー:

日米電話会談、トランプ氏謝意 - 06月15日(土)07:23 

 安倍総理は14日夜、アメリカのトランプ大統領と電話で会談し、イラン訪問の内容について報告しました。また、ホルムズ海峡で起きたタンカー攻撃も議題になったということです。  「私のイラン訪問・働きかけに対して謝意の表明がございました。今後ともトランプ大統領と米国と緊密に連携をしていく考え」(安倍首相)  安倍総理は電話会談で、イランの最高指導者・ハメネイ師らとの会談結果について報告し、トランプ大統領から感謝の言葉が伝えられたと明らかにしました。イランとアメリカとの対立が続くなか、「緊張緩和に向けた道のりは大変な困難が伴う」としたうえで、今後も中東地域の平和と安定に向け、国際社会と緊密に連携していく考えを示しました。  また、会談ではホルムズ海峡でタンカーが攻撃された問題についても話し合われ、安倍総理は「船舶を危険にさらす行動に対して断固非難する」と強調する一方で、アメリカがイランの関与を指摘するなか、何者から攻撃されたかについては言及しませんでした。(15日01:19)
カテゴリー:

【悲報】安倍「絶対に武力衝突があってはならない」とスピーチ 世界の左派から称賛される - 06月15日(土)00:13  poverty

安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と約30分間電話した。 トランプ氏は首相のイラン訪問について謝意を伝えた。 中東ホルムズ海峡近くで日本などのタンカー2隻が攻撃を受けた事件に関して話し合った。 首相は協議後、「いかなる者が攻撃したにせよ、船舶を危険にさらす行動に日本として断固非難する」と強調した。 両首脳は中東地域の安定へ日米で連携する方針を申し合わせた。 首相は「すべての関係国が緊張を高める行為は厳に慎むべきだ」と訴えた。 「地域の平和と安定、世界の繁栄のために今後とも国際社会と緊密に連...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】トランプ「イランがタンカー攻撃した」 - 06月14日(金)22:53  poverty

トランプ氏「イランがタンカー攻撃した」 イランは否定 6/14(金) 21:14配信 日本の海運会社が運航するタンカーなど2隻が原油輸送の要衝、 中東ホルムズ海峡付近のオマーン湾で攻撃された事件で、トランプ米大統領は14日、 「イランがやった」と述べた。国連安全保障理事会は13日、米国の要請で緊急会合を開き、事件を非難した。 一方、イラン側は「米国の根拠なき主張は認めない」と全面否定。対立している両国の緊張がさらに高まるのは必至だ。 ポンペオ米国務長官も13日の会見で、収集した情報や使用された武器な...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「緊張緩和」の画像

もっと見る

「緊張緩和」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる