「維持管理費」とは?

関連ニュース

即戦力クラウド学習システムが塾講師・学校教師に代わり年中無休で働き、塾講師・学校教師の負担を軽減 - 03月20日(水)16:00 

デジタル教材開発と円弧動エンジン開発を行っている株式会社日本ソフトウエアアプローチ(所在地:埼玉県さいたま市、代表取締役 真下 速美)は、塾講師・学校教師に代わり年中無休で働き、塾講師・学校教師の負担を軽減する即戦力クラウド学習システム(https://www.jsain.co.jp/gsystem/index.html)を2019年3月20日(水)に提供開始しました。【クラウド学習システムの概要】クラウド学習システムは、塾講師・学校教師による黒板授業と同様に制作した学習機能と学習理解度を深めるための演習機能により構成されており、超基礎レベルからトップレベルの学力を育成するためのデジタル学習教材です。【学習塾の用途】1.公立トップ高校・私立難関高校に合格させるためのデジタル学習教材。2.パソコン管理者1人あたりで生徒200人までの実力育成が可能になり、塾講師に頼らない塾経営が可能。3.生徒は自宅パソコンでの学習が中心になりますので、通塾困難地域の生徒にも対応することが出来ますので、生徒の募集範囲を大きく広げることが可能。4.クラウド学習システムの使用料金は、生徒1人あたり月額2000円(税抜き)なので、格安授業料(例えば税抜き月額12000円)でも利益は増大。5.生徒集めは塾の最も重要な仕事であり最も大変な仕事ですが、安い授業料を宣伝することにより、人が大勢集まるモールでの無料配布...more
カテゴリー:

630ヘクタール未活用、維持費重荷も 被災市町、移転跡地の企業誘致に差 - 03月11日(月)08:08 

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県では、市町村が高台や内陸などに移転する住民から買い取った集団移転跡地のうち、少なくとも計約630ヘクタールで用途が決まらず足踏みが続いている。仙台市やその周辺で企業誘致が進む一方、岩手県沿岸部では空き地が広がるなど地域差も鮮明だ。土地の賃料が発生しないのに維持管理費はかかるため、将来的に財政を圧迫しかねない問題をはらむ。
カテゴリー:

「維持管理費」の画像

もっと見る

「維持管理費」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる