「経済連携協定」とは?

関連ニュース

【貿易】TPP参加5カ国への輸出は前年同月比13・5%減、輸入は9・7%増 - 02月20日(水)19:29  newsplus

https://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/190220/ecn19022013490006-n1.html  財務省は20日発表した1月の貿易統計で、昨年12月30日に発効した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加5カ国への輸出額は前年同月比13・5%減の4698億円だったと明らかにした。政府はTPPで輸出が増え日本経済が底上げされるとみているが、発効直後の輸出はマイナスでのスタートとなった。  5カ国は、日本と同じくTPP発効までに国内承認の手続きを終えたカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、メキシコ、シンガポール。...
»続きを読む
カテゴリー:

TPP参加5カ国への輸出は前年同月比13・5%減 - 02月20日(水)13:49 

 財務省は20日発表した1月の貿易統計で、昨年12月30日に発効した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加5カ国への輸出額は前年同月比13・5%減の4698億円だったと明らかにした。政府はTPPで輸出が増え日本経済が底上げされるとみているが、発効直後の輸出はマイナスでのスタートとなった。
カテゴリー:

アサヒビールがワイン事業売上高3%増を目標に - 02月19日(火)19:46 

 アサヒビールは19日開いたワイン事業の説明会で、欧州産ワインや国内製造ワインなどラインナップの拡充し、ワイン輸入・販売のエノテカ(東京)を含めた平成31年の事業売上高で前年比3%増の435億円を目指す方針を示した。30年の国内市場は前年比3%減とマイナスに転じたが、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効で欧州産ワインの値下げなどワインに関する話題も多く、市場は伸長が予想されている。
カテゴリー:

米国酪農輸出評議会「TPP11と日欧EPAのせいで乳製品の対日輸出半減しそう」「日米交渉を加速させろ」 - 02月18日(月)08:54  newsplus

2019年2月18日 7時0分 日本農業新聞  米国抜きの環太平洋連携協定(TPP11)と日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)によって、2027年までに米国乳製品の対日輸出が半減し、最終的に累計54億ドル(約5900億円)の損失が出るとする報告書を米国の酪農団体が公表した。日米貿易協定交渉で他の協定と「同程度」の成果が必要としており、日本市場の開放を目指し焦りを募らせる米国側の姿勢が改めて浮き彫りとなった。  米国酪農輸出評議会(USDEC)が日欧EPAの発効に合わせ、チーズ、ホエー(乳清)...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】事実上の「韓日FTA」加速か…CPTPP加盟国と協議へ - 02月17日(日)15:21  newsplus

2019年02月15日06時46分 https://japanese.joins.com/article/251/250251.html?servcode=A00&sectcode=A10 韓国政府が事実上の「韓日自由貿易協定(FTA)」と評価される包括的および先進的な環太平洋経済連携協定(CPTPP)の主要加盟国と非公式協議に入ることにした。CPTPP加盟に一歩近づいたという分析が出ている。 洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は14日、「不確かな通商環境に積極的に対応するためCPTPP主要加盟国と非公式予備協議を進めることにした」と明らかにした。 この日、政府ソ...
»続きを読む
カテゴリー:

【BBC解説】 日本はイギリスへの信頼を失ったのか ホンダが英工場閉鎖 理由はブレクジットだけにあらず ★2 - 02月20日(水)15:00  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47288102 【解説】 日本はイギリスへの信頼を失ったのか ホンダが英工場閉鎖へ 2019年02月19日 企業が大きな決断を下すとき、その理由がひとつしかないということは、滅多にない。 ホンダが2022年に英イングランド・ウィルトシャー州スウィンドンの生産工場を閉鎖するという報道に、多くの人はすぐさまブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)のせいだと槍玉に上げるだろう。 しかし、閉鎖の原因は他にもある。 2月1日に施行された日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(...
»続きを読む
カテゴリー:

【BBC解説】 日本はイギリスへの信頼を失ったのか ホンダが英工場閉鎖 理由はブレクジットだけにあらず - 02月20日(水)00:00  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47288102 【解説】 日本はイギリスへの信頼を失ったのか ホンダが英工場閉鎖へ 2019年02月19日 企業が大きな決断を下すとき、その理由がひとつしかないということは、滅多にない。 ホンダが2022年に英イングランド・ウィルトシャー州スウィンドンの生産工場を閉鎖するという報道に、多くの人はすぐさまブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)のせいだと槍玉に上げるだろう。 しかし、閉鎖の原因は他にもある。 2月1日に施行された日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(...
»続きを読む
カテゴリー:

日本が「FTAではない」とする日米TAG交渉、アメリカではFTA交渉の見出し どっちだよ - 02月19日(火)14:53  poverty

5月の首脳会談前にTAG交渉入り 日本政府方針 政府は5月下旬のトランプ米大統領の来日前に閣僚間での日米物品貿易協定(TAG)交渉に臨む方針を固めた。米国で4~5月に協議する日程を想定する。 物品関税の引き下げを中心に議論し、今後の交渉の範囲も決める見通しだ。日本政府関係者が19日、明らかにした。 日本側は茂木敏充経済財政・再生相、米国側は米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が担… 続き https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41440210Z10C19A2EAF000/ TAGは「実質FTA」でなく「FTAそのもの」【...
»続きを読む
カテゴリー:

スーパー不振の中、「成城石井」が絶好調であり続ける納得の理由 - 02月18日(月)05:00 

大型スーパーの不振が叫ばれて久しい昨今ですが、そんな逆風を跳ね返しているのが、現在ローソン傘下のスーパー「成城石井」です。その高級感のある品揃えと、駅ビル・駅ナカにある便利さが評判の同店は、いかにして世田谷・成城学園前から全国へと展開していったのでしょうか。フリー・エディター&ライターでビジネス分野のジャーナリストとして活躍中の長浜淳之介さんが、現地に直接足を運んで取材を重ね、その人気の秘密について詳しく紹介しています。 成城石井は「高級スーパーではない、高品質なスーパーです」 成城石井(本社・横浜市西区、原昭彦社長)は1927年創業の老舗食品スーパーながら、商品のSNSでの人気は流通業界トップクラス。おしゃれで、おいしくて、幸せになれる商品が揃った店というイメージが浸透して、常に話題を提供している。伝統があって、かつ新しいという稀有な企業文化を有している。 現在、同社はローソン傘下にあるが、ローソンの2019年2月期第3四半期決算によれば、営業総収入630億6,000万円(前年同期比6.0%増)、セグメント利益は48億5,000万円(同7.5%増)となっており、スーパー不振と言われる状況下、逆風を跳ね返し客足は好調だ。 今の消費者は価格に敏感、1円の値上げにも目を光らせているように見える。ところが成城石井の商品は、全般に決して安くはないにもかかわらず、買うに値する価値があると消...more
カテゴリー:

ANA、東京/羽田〜ウィーン線開設 羽田発欧州深夜便は2路線に - 02月17日(日)05:17 

全日本空輸(ANA)は2月17日、東京/羽田〜ウィーン線を開設した。 ANAとして欧州では7番目、世界では44番目の就航都市となり、欧州路線は7路線週112便体制に拡大する。東京/羽田を深夜に出発し、ウィーンには同日早朝に到着。折返し便はウィーン線を昼に出発し、東京/羽田に翌日の早朝に到着する。ウィーンではオーストリア航空をはじめとしたルフトハンザグループ便で、ヨーロッパ68都市へのスムーズな乗り継ぎができる。機材はビジネスクラス48席、エコノミークラス167席の計215席仕様のボーイング787-9型機を使用する。 例えば、東京/羽田発の場合、ウィーンでは40分でプラハやミラノ行き、1時間10分でコペンハーゲン行きに乗り継ぎことができ、朝のうちに各都市に到着できる。ANAのヨーロッパの就航都市では一番東に位置しており、ブカレストやソフィア、ザグレブなどの東欧やミラノ、ジュネーブ、リヨン、ストックホルム、コペンハーゲン、プラハなどへのスムーズなアクセスを提供する。 出発前に開かれたセレモニーで、ANAの平子裕志代表取締役社長は、「日本とオーストリアの国交樹立150年の節目の年に直行便を開設できることを心から喜ばしく感じている。ウィーンと聞けば、音楽と芸術の都。多くの美術品、クラシック音楽、オペラ、バレエなどの芸術作品いたるところで観ることができる。加えて、昨今、教育や安全、医療、イ...more
カテゴリー:

もっと見る

「経済連携協定」の画像

もっと見る

「経済連携協定」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる