「経済格差」とは?

関連ニュース

(ヽ´ん`)「ChatGPT、日本の問題点と改善方を教えて」🤖「超高齢化社会、少子高齢化、経済格差、環境問題、改善方は…」 - 02月02日(木)22:00  poverty

こんにちは こんにちは!どのようにお手伝いできますか? Q.日本社会の問題点を4つ挙げて、その改善方法教えて。 1.超高齢化社会: 日本の人口は高齢化が進む中、将来的に労働力不足が深刻な問題となりそうです。改善方法としては、女性・高齢者・外国人などのタレントを活用する労働力政策を進め、介護分野などでの新しい仕事創出などが挙げられます。 2.少子高齢化: 日本は少子高齢化社会となり、将来的に子育て世帯や高齢者のサポートなどが問題になる可能性があります。改善方法としては、家族や社会のサポートの充実、...
»続きを読む
カテゴリー:

【都立高校】「学校内予備校」に保護者や教員からの意外な評判 - 01月26日(木)00:32  newsplus

「学校内予備校」に保護者や教員からの意外な評判 費用無料の背景に教育費切り詰めの“経済格差” 1/25(水) 18:00 AERA dot. https://news.yahoo.co.jp/articles/81d8a932ea60cb37aca0dcf9d30e951f1bae54b1 東京都教育委員会(都教委)は進学実績の向上を図るため、新年度から民間の塾講師を都立高校に招いて受験指導を行う。いわば「学校内予備校」の開設である。受講費用は全額を都教委が負担する。実施校は一部に限られるが、教育費の捻出に悩む世帯にとっては朗報だろう。今回の受験講座は、都教委が昨春まで都立2校で実施して...
»続きを読む
カテゴリー:

第2の天安門勃発か。3期目迎え神格化を目指す習近平が最も恐れているもの - 01月20日(金)17:30 

「2期10年」というこれまでの慣例を破り、3期目を発足させた習近平国家主席。しかし今後の政権運営は困難を極めることが予想されるようです。その理由を解説しているのは、外務省や国連機関とも繋がりを持ち、国際政治を熟知するアッズーリ氏。アッズーリ氏は今回、習近平氏がアメリカより自国民を恐れている訳を解き明かすとともに、場合によっては天安門事件以上の衝突が起こる可能性も否定できない、との見方を記しています。 1期目2期目以上に習近平3期目は政権運営が厳しくなる理由 2022年10月、習近平政権の3期目が正式にスタートした。2期10年を終え、慣例破りの3期目に突入したことで、おそらく5年で終わることはなく、ここに習近平の金正恩化が実現されたと言えよう。最高指導部など習3期目の人事をみても側近たちは全てイエスマンで固められ、習カラーは一層強まった。それくらい中国、世界にとっては大きな出来事である。 10月の共産党大会での演説で、習国家主席は2035年までに社会主義現代化を確実にし、中華人民共和国建国100年となる2049年までに社会主義現在化強国を進めていく方針を明らかにし、台湾統一については必ず実現するがそのためには武力行使を排除しないという姿勢を改めて鮮明にした。習国家主席は共産党の党規約を改訂し、その中で台湾独立反対、それを抑え込む趣旨の内容を盛り込んだことから、台湾への圧力も3期目に入...more
カテゴリー:

【経済格差】1%の富裕層がコロナ禍で手にした富、残る99%のほぼ2倍 - 01月16日(月)14:26  newsplus

ニューヨーク(CNN) 世界上位1%の富裕層が過去2年間で新たに獲得した資産は、残る99%が獲得した資産のほぼ2倍に上ることが、 国際NGOのオックスファムが15日に発表した経済格差に関する年次報告書で明らかになった。 それによると、上位1%の富裕層の資産は過去2年の間に26兆ドル(約3312兆円)増えたのに対し、 残る99%の層の純資産は16兆ドルの増加にとどまった。 コロナ禍で超富裕層の富の蓄積は加速している。過去10年でみると、新たに創出された富のうち超富裕層が手にした額は約半分にとど...
»続きを読む
カテゴリー:

世界20カ国で平和活動を展開する国際的NGOの創設者が朝鮮半島統一を実現させるビジョンを語る『KOREANDREAM 統一コリアへのビジョン 3・1独立運動100周年記念版』2023年2月2日発売! - 02月01日(水)09:00 

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『KOREANDREAM 統一コリアへのビジョン 3・1独立運動100周年記念版』(ヒョンジン・プレストン・ムン 著)を2023年2月2日に発売いたします。――――――――――――――――――――――――――朝鮮半島統一への第一歩を踏み出すために悲しみと苦悩に満ちた分断の歴史を改めて検証する。1948年、第二次世界大戦後の冷戦を背景に、朝鮮半島は北の朝鮮民主主義人民共和国と南の大韓民国に分割された。以降現在に至るまで、同一民族がふたつの国家に所属するという不自然な状態が継続している。両国の統一は、朝鮮民族にとってアイデンティティーに関わる悲願であり、国際的にも、北朝鮮の世界的孤立や南北の経済格差などは看過できない重要な懸案事項だ。その平和解決は、朝鮮半島のみならず、世界平和を実現するための第一歩となると著者は語る。本書では、国際的NGO活動を通じて長く世界平和に貢献してきた著者が、統一コリアに向けたビジョンとロードマップ、および歴史的背景について解説する。朝鮮人だけではなく日本人にも著者の思想を共有することで、日本と朝鮮半島における新しい調和と平和を築くための礎となる一冊である。2015年の発行から8年が過ぎ、内容に一部変更を加えるとともに、新たに推薦者記事紹介...more
カテゴリー:

プログラミング教育を運営するロジカ・エデュケーション「日本中小企業大賞」でベストプランニング賞を受賞 - 01月23日(月)13:30 

プログラミング教育を運営するロジカ・エデュケーション 「日本中小企業大賞」でベストプランニング賞優秀賞を受賞   全国で「ロジカ式」プログラミング教育を展開する株式会社ロジカ・エデュケーション(本社:大阪府池田市、代表取締役CEO:関 愛、以下 ロジカ式)は、中小企業の挑戦にスポットライトを当てる国内最大級の中小企業の祭典「日本中小企業大賞 2022」において、ベストプランニング賞優秀賞を受賞いたしました。     ■受賞について    日本中小企業大賞のベストプランニング賞は、中小企業の持ち味である発想力・機動力・意思決定スピードを活かした企画立案で、市場の可能性を広げた企業に授与される大変名誉ある賞です。ロジカ式は2018年より、全国に⼦ども向けプログラミング教室「ロジカ式」をFC展開。その後わずか1年で全国30教室以上に拡⼤しました。先進性を創るための取り組みに対する分析を⾏い、組織強化をしていること。今後の展開が⾒込め、経済、社会、教育への影響も⼤きいことが評価され、今回の受賞に至りました。 2022年12月15日に都内で開催された授賞式には、「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」アンバサダーの市原隼人さん・紗栄子さん・滝川クリステルさん・田村淳さん・永作博美さん・藤原紀香さん・前田敦子さん・溝端淳平さん(※50音順)といった...more
カテゴリー:

【差別助長に懸念】「親ガチャ」 「片親パン」・・・若者の間で格差示すネットスラングが先鋭化 - 01月19日(木)13:04  newsplus

今年の大学入学共通テストで「親ガチャ」を想起される問題が出され、注目を集めた。「親ガチャ」は、子供は親を選べず、 家庭環境によって人生を左右されることを、カプセルトイのガチャ(くじ引き)に例えた造語で、令和3年の「新語・流行語大賞」トップ10にも選ばれた。 最近では、ひとり親の食事環境を示す「片親パン」など、家庭の格差を示すネットスラングの先鋭化が進み、 差別の助長につながるとの懸念が広がっている。 筑波大の土井隆義教授(社会学)は、先鋭化の根底には不安があるとし、法に触れるものはしっかり取...
»続きを読む
カテゴリー:

1%の富裕層がコロナ禍で手にした富、残る99%のほぼ2倍 - 01月16日(月)14:05 

世界上位1%の富裕層が過去2年間で新たに獲得した資産は、残る99%が獲得した資産のほぼ2倍に上ることが、国際NGOのオックスファムが15日に発表した経済格差に関する年次報告書で明らかになった。 それによると、上位1%の富裕層の資産は過去2年の間に26兆ドル(約3312兆円)増えたのに対し、残る99%の層の純資産は16兆ドルの増加にとどまった。 コロナ禍で超富裕層の富の蓄積は加速している。過去1...
カテゴリー:

こんなの見てる