「経済政策」とは?

関連ニュース

西村大臣「22年にはGDPをコロナ前に戻せそう。GOTOイートやGOTOトラベルでアクセル踏む」 - 09月27日(日)01:37  poverty

西村大臣「22年1~3月期にはGDPをコロナ前水準に」 https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000194156.html  西村経済再生担当大臣は新型コロナウイルスの感染防止策を取りながら徐々に経済活動のレベルを上げ、2022年の1月から3月期にはGDP(国内総生産)を感染拡大前の水準に回復させたい考えを示しました。  西村経済再生担当大臣:「2022年の1月から3月期にはコロナ前の水準に戻れるんじゃないかという見通しを持っていますので、そうなっていくようにしっかりと経済運営をしていきたいと思います」  西村大...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】竹中平蔵、かつて「住民税不払い問題」を起こしていた 住民税回避のために住民登録の抹消と再登録を繰り返す - 09月26日(土)22:04  newsplus

1990年代半ば以降、竹中平蔵氏は複数のシンクタンクに関わるようになった。そこを足がかりに政界に接近していく一方、「ビジネスとしての経済学」によって多額の報酬を得るようにもなる。当時公開されていた「高額納税者番付」の常連になったほどだ。彼の旺盛な蓄財意欲は、巧妙な「節税工作」を編み出すまでに昂じていた。 当時の事情を、ジャーナリストの佐々木実氏による竹中氏の評伝『竹中平蔵 市場と権力』より紹介する。 高額納税者の仲間入り シンクタンクという装置は、政治に近づくための手段であると同時に、大きな報酬...
»続きを読む
カテゴリー:

竹中平蔵氏、「住民税不払い問題」を起こしていた - 09月26日(土)10:12  poverty

竹中平蔵氏、かつて「住民税不払い問題」を起こしていた 1990年代半ば以降、竹中平蔵氏は複数のシンクタンクに関わるようになった。そこを足がかりに政界に接近していく一方、「ビジネスとしての経済学」によって多額の報酬を得るようにもなる。 当時公開されていた「高額納税者番付」の常連になったほどだ。彼の旺盛な蓄財意欲は、巧妙な「節税工作」を編み出すまでに昂じていた。 当時の事情を、ジャーナリストの佐々木実氏による竹中氏の評伝『竹中平蔵 市場と権力』より紹介する。 シンクタンクという装置は、政治に近づく...
»続きを読む
カテゴリー:

内閣官房参与に今井前首相補佐官 他4人は再任、「安倍氏への配慮」の声も - 09月25日(金)17:14 

 政府は25日、各分野で首相に助言する内閣官房参与に、安倍晋三前首相の首相補佐官兼秘書官を務めた今井尚哉氏ら5人を任命した。今井氏は安倍氏の側近で、首相官邸で実務を取り仕切る「官邸官僚」の代表格として、経済政策「アベノミクス」をはじめ、官邸主導の政策立案を推進していた。菅内閣ではエネルギー政策を担当
カテゴリー:

投資対象として注目されるビットコインを購入するなら。おすすめの暗号資産取引所3選 - 09月25日(金)10:45 

ビットコインは個人間での送金や、ショッピングなどの支払いに使用できると期待されてきました。しかし、昨今では「ストアオブバリュー(価値の保存)」として、ゴールドと同様の投資対象として存在感を高めつつあります。ここでは、ビットコインの押さえておくべき特徴や、投資をする際におすすめの暗号資産取引所について解説します。これから購入を考えている方はぜひ参考にしてください。 目次 安全資産としてのビットコイン インフレのヘッジとしてのビットコイン ビットコイン投資におすすめの暗号資産取引所 3-1. マネックスグループ傘下の企業が運営するCoincheck 3-2. 貸暗号資産を提供するGMOコイン 3-3. 国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けるbitFlyer まとめ ①安全資産としてのビットコイン 2020年8月に発行されたシンガポールを拠点にするDBS銀行のレポートで、「新型コロナウイルスの感染拡大がビットコイン(BTC)の普及を加速させる」と言及されました。 DBS銀行のチーフエコノミストであるタイムール・バイグ氏は、コロナショック以前のビットコインは投機対象に過ぎなかったものの、「投資対象」に変化しつつあるという見解を示しています。ビットコインは供給量が2,100万BTCに固定されているため「安全資産」となるというのがその根拠です。 ビットコインの発行上限は...more
カテゴリー:

【話題】竹中平蔵、かつて「住民税不払い問題」を起こしていた 住民税回避のために住民登録の抹消と再登録を繰り返す ★2 - 09月27日(日)00:23  newsplus

1990年代半ば以降、竹中平蔵氏は複数のシンクタンクに関わるようになった。そこを足がかりに政界に接近していく一方、「ビジネスとしての経済学」によって多額の報酬を得るようにもなる。当時公開されていた「高額納税者番付」の常連になったほどだ。彼の旺盛な蓄財意欲は、巧妙な「節税工作」を編み出すまでに昂じていた。 当時の事情を、ジャーナリストの佐々木実氏による竹中氏の評伝『竹中平蔵 市場と権力』より紹介する。 高額納税者の仲間入り シンクタンクという装置は、政治に近づくための手段であると同時に、大きな報酬...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】竹中平蔵さん、住民税を支払わないようにするためわざわざ住民登録を抹消し再登録するという作業を繰り返していた - 09月26日(土)17:45  poverty

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75909?page=1&imp=0 1990年代半ば以降、竹中平蔵氏は複数のシンクタンクに関わるようになった。そこを足がかりに政界に接近していく一方、「ビジネスとしての経済学」によって多額の報酬を得るようにもなる。 当時公開されていた「高額納税者番付」の常連になったほどだ。彼の旺盛な蓄財意欲は、巧妙な「節税工作」を編み出すまでに昂じていた。 当時の事情を、ジャーナリストの佐々木実氏による竹中氏の評伝『竹中平蔵 市場と権力』より紹介する。 シンクタンクという装置は、政治に...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】立憲民主党議員「安倍さんに辞められて、元々自民党とは経済政策も一致していて対立軸がない。選挙で勝てる要素がない」 - 09月26日(土)07:51  poverty

どうすんのこれ 消費税、争点化を否定 立憲・枝野代表 https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2020091200295&g=pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

【大統領】「11月3日トランプ圧勝」で始まる米国の大混乱 (東洋経済オンライン) - 09月25日(金)17:00  newsplus

11月3日のアメリカ大統領選挙まで50日を切った。支持率で見たドナルド・トランプ大統領の追い上げはさらに顕著になっている。ラスムセン・レポート社の調査によると、9月16日の時点ではついに民主党のジョー・バイデン氏を1ポイント上回った(トランプ大統領47%、バイデン氏46%)。 ■なぜトランプ大統領の支持率は「逆転」しているのか  2016年の大統領選で、事前に「トランプ氏優勢」を予想していたのは、このラスムセン社とLAタイムス紙など、ほんの数社だった。ラスムセン社は他と調査の仕方が違うが、特に「トランプびいき」と...
»続きを読む
カテゴリー:

菅政権の経済政策ポイント、当面の重要課題は「Go Toキャンペーン」の成功 - 09月24日(木)21:00 

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。毎月第2水曜に、我々が知っているようでよく知らない「お金」や「経済」の仕組みなどを、専門家の方に詳しく解説してもらうコーナー「スカロケ資産運用部」をお届けしています。 9月16日(水)の放送では、愛と経済の伝道師“宗さま”こと三井住友DSアセットマネジメントの宗正彰(むねまさ・あきら)さんに、「菅政権の経済政策ポイントと気になるデジタルトランスフォーメーション(DX)加速」というテーマでお話を伺いました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「経済政策」の画像

もっと見る

「経済政策」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる