「純米吟醸」とは?

関連ニュース

盛田庄兵衛が「青系79号」で純米吟醸酒 - 07月15日(月)11:00 

青森県七戸町の酒造会社・盛田庄兵衛は6日に県産酒造好適米「青系79号」を県内で初めて使用し醸造した純米吟醸酒「sakuta REBOOT79」のお披露目会を同社で開いた。青系79号は黒石市の県農業試験場(現・県産業技術センター農林総合研究所)で1973年に誕生。「山田錦」の系統の米を掛け合わせて本県で初めて作られたが耐冷性が低く、背丈が高く倒れやすかったことなどから、県内で栽培されることはなかった。同社は今回、青森市の「山田ふぁーむ」(山田正樹代表)に協力を依頼し栽培してもらった。REBOOT…
カテゴリー:

「Matured by Onkyo」新商品発売のお知らせ(佐々木酒造) - 07月10日(水)13:00 

オンキヨー株式会社(所在地:大阪市中央区、代表取締役社長:大朏 宗徳、以下「当社」といいます。)は、音響機器ビジネスにおいて長年培ってきた音に関する技術やノウハウを異業種に展開し、新しいビジネスを創造することを目指して協業を進めております。その中で進めている、醸造酒や食品への音楽加振による熟成を目的とした、音楽食品ビジネスにつきまして、「Matured by Onkyo」を掲げた商品の拡大を行っております。このたび、公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団(理事長:堀場 厚)が運営する京都市交響楽団の協力のもと、佐々木酒造株式会社(所在地:京都市上京区、代表取締役:佐々木 晃、以下「佐々木酒造」といいます。)と共に当社の加振技術を用いた音楽振動発酵の日本酒を開発し、新商品として2024年7月から発売されますことをお知らせ致します。この商品には、当社技術の証である「Matured by Onkyo」が付されています。当社ECサイトのONKYO DIRECTでの販売も予定しております。ONKYO DIRECT 加振酒特設サイト https://onkyodirect.jp/shop/pages/mbo.aspx本商品は、2023年4月に常任指揮者に就任した沖澤のどか氏の指揮のもと、京都市交響楽団によって演奏され、収録された楽曲を聴かせることによって発酵されています。2024年7月27日(...more
カテゴリー:

「青系79号」50年ぶり復活、純米吟醸酒に - 07月06日(土)11:00 

「青系79号」-。1973年に青森県で誕生したものの、寒さに弱いため県内で栽培されることはなかった酒造好適米が約50年ぶりに復活した。このお米を使った純米吟醸酒が20日、デビューする。商品名は「青系79号の再起動」を意味する「sakuta REBOOT79」。醸造した七戸町の酒造会社・盛田庄兵衛の盛田平治兵衛社長(58)は「思っていたよりもふくよかで緻密な味わいになった。淡泊な料理と合わせて特別な味と香りを楽しんでほしい」と話す。同社は県産米を使った酒造りにこだわっており、華吹雪の親に当たる青…
カテゴリー:

<佐賀のお酒>純米吟醸 生 White/Black 多久市・東鶴酒造 - 06月27日(木)21:17 

焼酎で使われる麹(こうじ)を使用した日本酒。Whiteは白麹を、Blackは黒麹を使用しています。梅雨のじめじめした時期に、酸味が心地よいです。Whiteは舌の横に広がる柔らかい酸が特徴で、野菜や鶏・豚料理と合います。Blackは鼻に抜ける縦のキリッとした酸が特徴で、牛肉に合わせるのがおすすめ。水、米、蔵は同じで、麹だけが違うこの二つを飲み比べてみては。(山田酒店・山田晃史店主)。
カテゴリー:

<佐賀のお酒>「竹の園 還ル 山廃 純米吟醸」鹿島市・矢野酒造 - 07月11日(木)19:30 

「竹の園 還ル 山廃 純米吟醸」鹿島市・矢野酒造(720ミリリットル1606円) ほのかで上品なメロン系の吟醸香が目立ちすぎず心憎い。軽快なうま味の中に、山廃独特の丸みのある酸がサポート。すっきりと爽やかで後口のキレの良さが格別。サッパリ飲める、夏にぴったりのお酒です。 暑さが増すこれからの季節に冷酒で、しっかり漬かった南蛮漬けや夏野菜のぬか漬けと合わせると杯が進みそうなお酒です。(しめなわ 新ヶ江一守店主)。
カテゴリー:

鳩正宗×北里大獣医学部のコラボ日本酒が完成 味わいまろやか、12日発売 - 07月08日(月)10:37 

青森県十和田市の酒造会社「鳩正宗」と北里大学獣医学部(同市)学生有志らのコラボレーションによる純米吟醸酒「アスナロ」が完成し、4日、小山田久市長にお披露目された。市産「まっしぐら」を100%使用し、精米歩合は55%。12日から市内をはじめ県内の酒販店で販売する予定。市役所で発売報告会が行われ、田淵彰彦さんと半澤拓海さん(いずれも6年)、林光太郎さん(5年)、中山和彦さん(大学院博士課程4年)と筏井宏実教授が出席。鳩正宗からは、杜氏(とうじ)の佐藤企さんと蔵人の斗澤雅樹さんが出席した。鳩正宗では…
カテゴリー:

<佐賀のお酒>「万齢 純米吟醸薄にごり無濾過生原酒/雄町」 唐津市・小松酒造 - 07月04日(木)19:17 

毎年大人気の暑い夏にピッタリの爽やかな味わいが特徴のお酒です。軽い微発泡の薄にごりと青いラベルの清涼感。スッキリとした喉ごしで、若干、口の中でうまみを感じる口当たりです。 最初の一杯にピッタリ。冷ややっこにショウガ、ミョウガ、ネギなどをプラスして。夏の酒を飲んで暑い夏を乗り切っていきましょう。(酒のナガタ 永田政嗣店主)。
カテゴリー:

こんなの見てる