「糖尿病」とは?

関連ニュース

糖尿病の何がやばいって血管を損傷することらしい - 06月07日(日)02:20  news4vip

逆にいうと血管を丈夫にしとけば、糖尿病になっても治療と食事療法でなんとか生きていけるかも ...
»続きを読む
カテゴリー:

糖尿病死亡率ワースト 青森県2年連続 - 06月06日(土)09:00 

厚生労働省が5日公表した2019年の人口動態統計(概数)によると、青森県の糖尿病死亡率(10万人当たりの死亡者数)が18.0で前年を2.2ポイント下回ったものの、2年連続で全国ワーストとなった。がん死亡率は413.2で7年連続ワースト2位だったほか、主な疾患の死亡率も軒並み高い状況が続いている。がんは青森県の死因1位で3割に上る。死亡率413.2は前年を20.0ポイント上回り、過去最高を更新した。死因2位の心疾患(死亡率226.3でワースト7位)、同3位の脳血管疾患(死亡率129.8でワースト…
カテゴリー:

【痛い】「こむらがえり」の正しい応急法…繰り返すなら服薬、注射も - 06月06日(土)04:38  newsplus

森本昌宏「痛みの医学事典」 2020年6月5日 医療・健康・介護のコラム 痛い「こむらがえり」の正しい応急法…繰り返すなら服薬、注射も  「明け方にふくらはぎが 痙攣(けいれん) して、あまりの痛さに飛び起きたんです。家内をたたき起こして、足の親指を引っ張ってもらい、その場はおさまったんですが、昼になってもまだ痛くて」と言って、私の外来を受診される方がおられる。同様の痛い経験をお持ちの方も少なくはないだろう。さて、今回のテーマは、この「こむらがえり」である。 線維のズレが神経を刺激 痛い「こむらが...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】 波平の声優 糖尿病なのに酒を飲み続けていた 「酒を飲んだ方がいい声が出るんだ」 - 06月05日(金)18:59  poverty

古谷徹 永井一郎さんの酒豪伝説明かす  先月27日に虚血性心疾患のため82歳で死去した、 アニメ「サザエさん」の磯野波平の声などで知られる声優・永井一郎さんの通夜が2日、 東京・青山葬儀所で営まれ、声優仲間の古谷徹(60)が駆けつけた。  古谷は永井さんが糖尿病を患いながらもお酒を飲み続けた“酒豪伝説”を明かした。 アニメ「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイの声を務めた古谷は、 同アニメのナレーションだった永井さんに公私にわたり世話になったという。  自身が結婚する時に仲人を務めてくれた永井さ...
»続きを読む
カテゴリー:

「創傷壊死組織切除術の世界市場予測:製品別(酵素、自己溶解(ゲル、軟膏)、メカニカル(医療用ガーゼ)、外科、超音波)、創傷タイプ別(糖尿病性足潰瘍)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始 - 06月05日(金)15:00 

2020年6月5日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「創傷壊死組織切除術の世界市場予測:製品別(酵素、自己溶解(ゲル、軟膏)、メカニカル(医療用ガーゼ)、外科、超音波)、創傷タイプ別(糖尿病性足潰瘍、静脈性脚、褥瘡、火傷)、エンドユーザー別(病院、クリニック)」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「創傷壊死組織切除術の世界市場予測:製品別(酵素、自己溶解(ゲル、軟膏)、メカニカル(医療用ガーゼ)、外科、超音波)、創傷タイプ別(糖尿病性足潰瘍、静脈性脚、褥瘡、火傷)、エンドユーザー別(病院、クリニック)」市場調査レポートの販売を2020年6月5日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。創傷壊死組織切除術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:創傷壊死組織切除術の世界市場予測:製品別(酵素、自己溶解(ゲル、軟膏)、メカニカル(医療用ガーゼ)、外科、超音波)、創傷タイプ別(糖尿病性足潰瘍、静脈性脚、褥瘡、火傷)、エンドユーザー別(病院、クリニック)・英語タイトル:Wound Debridement Market by ...more
カテゴリー:

徳島県の糖尿病死亡率が全国で最も高かったことが判明 理由が思いつかない - 06月06日(土)10:04  poverty

 徳島県の2019年の糖尿病死亡率が全国で最も高かったことが、5日発表された厚生労働省の人口動態統計で分かった。徳島がワーストになるのは2年ぶり。  糖尿病による死亡者数は130人。前年に比べ1人減ったものの、10万人当たりの死亡率(18・0人)は0・1ポイント増え、前年も最下位だった青森県と同率のワーストタイだった。  全国平均は11・2人。  徳島県の糖尿病死亡率は17年、4年ぶりに全国ワーストとなり、18年はワースト2位。  健康づくり課は「厳しい状況だ。シニアだけでなく働き盛りの若い世代に対し、食生活の...
»続きを読む
カテゴリー:

全国糖尿病死亡率 徳島、2年ぶりワースト - 06月06日(土)05:05 

徳島県の2019年の糖尿病死亡率が全国で最も高かったことが…
カテゴリー:

【日刊薬業】アステラス、2型糖尿病の運動療法プ.. - 06月05日(金)21:20 

【日刊薬業】アステラス、2型糖尿病の運動療法プログラム開発  横浜市や横浜市立大と、今年中にサービス開始へ:  アステラス製薬は5日、横浜市、横浜市立大と提携し、2型糖尿病治療のための科学的根拠に基づいた運動プログラムを開発したと発表した。…
カテゴリー:

「withコロナ時代のサウナ」13の注意点 - 06月05日(金)15:00 

「やっと……サウナに行ける……」緊急事態宣言が解除され、止むを得ず営業を自粛していた多くのサウナ施設が、ようやく営業を再開した。すでに“限界”に達し、このときを待ちわびていたサウナーは世に数多いるだろうが、(言うまでもなく)まだまだ油断は禁物だ。安全にサウナを楽しむためには、施設側はもちろん、利用者側のしっかりとした感染対策も求められる。コロナ第2波を防ぐため、ひいては日本のサウナ文化を守るために——。『TABI LABO』ではおなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナにおいて注意すべき点を聞いた。 加藤 容崇(かとう やすたか)慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教・医師、北斗病院・医師、日本サウナ学会 代表理事。サウナ好きが高じて、“ととのう”をはじめとしたサウナの効能を科学的に解明する取り組みをおこなっている。著書『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』が好評発売中。 「将来的に新型コロナウイルス感染症に対する治療薬やワクチンが開発されたとしても、サウナ利用者の衛生意識が高いに越したことはありません。今こそ、一般的な感染予防対策としての衛生意識改革に取り組む...more
カテゴリー:

記事化を知らずに亡くなった男性 コロナで一変した別れ - 06月05日(金)13:15 

■取材考記 ふるさと岩手県の実家から、祖母が末期の糖尿病で入院したと連絡があったのは、2016年12月だった。余命約1カ月なのだという。仕事を同僚に頼んで、10日間の冬休みの全てを使って朝から晩まで付…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「糖尿病」の画像

もっと見る

「糖尿病」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる