「米政権」とは?

関連ニュース

イスラエル野党とも会談へ 米大統領、中東和平で27日 - 01月26日(日)08:22 

 イスラエル最大野党の中道政党連合「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長は25日にテレビ演説で、トランプ米大統領の招待に応じ、ワシントンを訪問すると明らかにした。米政権が策定を進めてきたイスラエルとパレスチナの中東和平案を巡り、27日にトランプ氏と会談する。
カテゴリー:

米トランプ政権、妊婦に「短期ビザを発給しない」 出産ツアー抑制で  - 01月24日(金)15:30 

トランプ米政権は、子どもの米国籍取得を目的とした出生に関する商業「出産ツアー」を抑制するため、査証(ビザ)条項の修正を進めている。大紀元は最近、当局者に確認した。
カテゴリー:

トランプ米政権、妊娠している女性への査証発行を.. - 01月24日(金)12:06 

トランプ米政権、妊娠している女性への査証発行を制限へ
カテゴリー:

【新・悪韓論】“反米・反日”全面! 韓国・文政権「米韓同盟解消、半島赤化」も視野か 日系のハリス米大使に“人種差別”まがいの批判も - 01月22日(水)15:30 

ドナルド・トランプ米政権が、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の“裏切り”に怒りをためている。在韓米軍駐留費の負担増に抵抗しているうえ、北朝鮮が「非核化」に後ろ…
カテゴリー:

セルビアとコソボ、21年ぶり直行便再開 「歴史的合意」EU加盟へ一歩前進 - 01月21日(火)19:47 

 東欧のセルビアとコソボは20日、両国によるコソボ紛争が勃発した1998年以来、21年ぶりに直行便を再開することで合意した。両国は欧州連合(EU)加盟の条件である関係正常化に向けて一歩前進した形だ。トランプ米政権の仲介によるもので、交渉に関わったグレネル駐独米大使は「歴史的合意だ」と強調した。
カテゴリー:

米の和平案、パレスチナ反発強める 交渉の可能性極めて低く - 01月24日(金)20:47 

 トランプ米政権の新中東和平案が近く発表される見通しとなったことを受け、パレスチナ側は反発を強めている。和平案が示されても、当面はパレスチナ側が交渉のテーブルに着く可能性は極めて低いとみられる。
カテゴリー:

米政権、外国人妊婦の入国制限へ 「出産旅行」を懸念 - 01月24日(金)13:30 

トランプ米政権は24日、新規則を施行し、外国人妊婦が子どもに米国籍を取得させる目的で米国に渡航する「出産旅行」を制限する。CNNが入手した米国務省の公電で明らかになった。 この公電は22日に世界各地の大使館に送信された。 ホワイトハウスも23日、「出産旅行」を目的に入国を試みる外国人に対しては今後、短期滞在用のビザ「B-1」と「B-2」を発給しないと発表した。 国務省の新規則によると、米国内で...
カテゴリー:

米政権、妊婦へのビザ制限 子どもの国籍取得狙い防止「移民の抜け穴ふさぐ」 - 01月24日(金)09:32 

 トランプ米政権は23日、生まれる子どもの米国籍取得を目的に妊婦が米国に入国する「出産ツアー」の根絶に向け、妊婦への査証(ビザ)発給を24日から制限すると発表した。11月の大統領選を控え、移民対策の強化を保守的な支持層にアピールする狙いとみられる。
カテゴリー:

日米安保条約60年 真の安定へ体制再定義を - 01月22日(水)05:15 

日本と米国の相互協力をうたった現行の日米安全保障条約は、19日で署名から60年を迎えた。 戦後日本の外交・安全保障政策の「基軸」と位置付けられ、アジア太平洋地域の安定に貢献してきた安保条約は今、重要な課題に直面する分岐点に立っている。 「米国第一主義」を掲げて国際秩序の混乱を招いているトランプ米政権、中国の台頭など地域環境の変化―。不安定さを増す情勢の下で、国際社会の真の安定と繁栄のために日米両国がどう協力し、役割を果たしていくのか。
カテゴリー:

アフガン和平交渉 タリバンが米に譲歩 主要都市で停戦含む「暴力削減」合意 - 01月21日(火)17:20 

 アフガニスタンの和平合意に向けたトランプ米政権と旧支配勢力タリバンの協議が加速している。タリバン幹部によると、米側が合意の条件としている事実上の「一時停戦」について、これまで拒否してきたタリバンは方針を転換し、アフガン国内の主要都市で停戦を含む「暴力の削減」をすることまで歩みよったという。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米政権」の画像

もっと見る

「米政権」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる