「米国全体」とは?

関連ニュース

新型コロナ時に不可欠なVRのトレーニング施設を製造工場の現場にもたらすTransfrが12億円調達 - 11月22日(日)13:30 

新型コロナウイルスにより米国全体で何百万人もの労働者が職場を追われた。企業が業績を回復するためには、良く練られた、持続可能な方法で従業員に再びスキルを身につけてもらう必要がある。ただし、トレーニングと採用は企業にとって数十万ドル(数千万円)の費用がかかる可能性があり、不安定な時期には正当化が難しい多額の投資になる。 Transfr(トランスファー)の創業者であるBharani Rajakumar(バラニ・ラジャクマール)氏にとって、職場を追われた労働者のジレンマは仮想現実テクノロジーを使う完璧なケースだ。Transfrは仮想現実(VR)を活用して、トレーニングのために製造工場の現場や倉庫のシミュレーションを作る。同社のプラットフォームの入門レベルでは、労働者には安全かつ効果的に作業を学ぶ方法が提供され、企業には大人数のスキルアップのニーズに対するソリューションが提供される。 Transfrはその中核に「教室からキャリアへのパイプライン」を構築しているとラジャクマール氏はいう。企業は必要なトレーニングに影響力を持っており、学生は職業訓練学校、現場、トレーニング施設内で入門レベルの従業員になることができる。以下は、研修生の体験についての同社のプレゼンテーションだ。 Transfrのコアテクノロジーはソフトウェアだ。ハードウェアに関しては、同社はFacebook(フェイスブック)のOc...more
カテゴリー:

マリファナ以外の合法化も加速、薬物問題は「犯罪ではない」という国民の選択に揺れる米国 - 11月17日(火)09:00 

一部の州でマリファナが非合法化されている米国。大統領選と同時に各地で実施された住民投票によって、こうした流れが全米へと広がっている。なかでも注目はオレゴン州で、コカインや覚せい剤の一種であるメタンフェタミンなどの少量の保持が住民投票で非犯罪化された。薬物問題を「犯罪」ではなく「公衆衛生」の問題として取り組むべきという判断は、米国全体の政策にも影響する可能性が高い。
カテゴリー:

ニューヨーク市の電動スクーター参入競争が開始 - 11月17日(火)10:28 

マイクロモビリティシェアリング業界が非常に期待している市場の1つであるニューヨーク市は、電動スクーターの試験運用に関する情報提供依頼書(RFI)を公布し、同市内での事業運営の機会をめぐる企業間の競争が正式に始まった。 同市はまた、データの集計や分析、路上充電や駐車場、安全運転のトレーニングコース、スクーターの回収・保管サービスなど、電動スクーター業界に付随するサービスを提供する企業に対して、関心表明依頼書(「RFEI」)も公布した。 ニューヨーク市は、住民が移動するための新しい方法を提供し、その過程で急成長する業界をサポートしようとしている。Bird(バード)、Lime(ライム)、Spin(スピン)、Voi(ヴォイ)などのほぼすべての大手eスクーター会社や、知名度があまり高くない他のいくつかの企業が許可の申請を計画しており、各企業がベストプラクティスと独自の特別な運営ブランドを公約として打ち出して同市を説得しようとしている。TechCrunchに電子メールで送られてきた声明により、今回の競争がどのように繰り広げられるか予測できる。ライムやヴォイのような企業は自社の経験を売り込んだ。 ライムの政府関係担当シニアディレクターであるPhil Jones(フィル・ジョーンズ)氏は、電子メールでの声明で「当社はニューヨーク市と協力して、安全性、アクセシビリティ、公平性を優先する世界トップクラ...more
カテゴリー:

「米国全体」の画像

もっと見る

「米国全体」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる