「米中首脳会談」とは?

関連ニュース

米国、中国との「対話」維持 首脳会談への地ならし図る 高官協議 - 07月26日(月)17:42 

 米国のシャーマン国務副長官は26日、中国の謝鋒外務次官と天津市内で会談した。同日には王毅国務委員兼外相とも会談する。米側には、中国と激しく対立する中で、対話のチャンネルを維持する狙いがある。その上で、バイデン政権で初となる米中首脳会談に向けた地ならしを図る考えだ。
カテゴリー:

カネ漬けで“中国依存症”国家を量産。習近平「武力を使わぬ」覇権拡大 - 07月19日(月)05:00 

先日掲載の「米軍は台湾にすら近づけず。情報筋が明かした中国人民解放軍『真の実力』」では、今後の米中軍事バランスを大きく左右する「2つのカギ」を挙げその各々について考察した、元国連紛争調停官の島田久仁彦さん。島田さんは今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、かつて中国政府の高官から直接聞いたという、習近平政権がASEAN諸国で行なっている「テスト」の存在を明らかにするとともに、着々と進む中国による世界覇権拡大戦略を分析・考察。その上で、築かれつつある新国際秩序の中心には、良くも悪くも強い中国が存在することになるとの考えを記しています。 【関連】米軍は台湾にすら近づけず。情報筋が明かした中国人民解放軍「真の実力」 国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ   中国は本当に名実ともに超大国になったのか? ここ20年ほどで顕著に実力を伸ばし、覇権拡大への意欲を露わにしている中国。そして【アメリカに追いつき追い越す】可能性について議論されるようになり、アメリカの政府内(議会を含む)では【中国脅威論】が高まる一方です。 トランプ政権時代には、トランプ氏が大統領就任時には蜜月の関係を演出していたようにも見えましたが、初の米中首脳会談の晩餐会時に、シリアに対...more
カテゴリー:

米国務副長官が訪中へ 米中首脳会談実現に向け環.. - 07月22日(木)07:53 

米国務副長官が訪中へ 米中首脳会談実現に向け環境整備
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる