「米中貿易摩擦」とは?

関連ニュース

【自民党】2019年度の国の税収は見通しを下回る可能性 #麻生太郎財務相が言及 - 11月19日(火)15:44  newsplus

 麻生太郎財務相は19日の閣議後記者会見で、2019年度の国の税収について「(当初の見通しを)下回る可能性は十分にある」と語った。 米中貿易摩擦の影響で法人税収が低迷しているのが主因。19年度の税収は過去最高の62.5兆円が見込まれていたが、9月分までの実績は前年を下回っている。 2019年11月19日12時51分 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17402834/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

不二精機---2019年12月期通期の連結業績予想を上方修正 - 最新株式ニュース - 11月18日(月)13:58 

<6400>  不二精機  292  -3不二精機<6400>は14日、2019年12月期連結通期業績予想の上方修正を発表した。連結の売上高は前回予想比10.4%増の69.02億円、営業利益は同9.1%増の3.96億円、経常利益は同14.8%増の3.56億円、親会社に帰属する当期純利益は同30.4%増の2.70億円にそれぞれ上方修正した。米中貿易摩擦の影響で、中国市場における精密成形品事業が減収減
カテゴリー:

上場企業、2年連続減益へ 米中摩擦で苦境鮮明 - 11月15日(金)18:36 

上場企業の令和2年3月期の最終利益合計が前期比4.9%減の27兆7656億円と、2年連続で減益になる見通しであることが15日、分かった。米中貿易摩擦に伴う世界経…
カテゴリー:

大手銀、三井住友除く4グループ減益 超低金利で細る収益、経費削減が鍵 - 11月14日(木)23:32 

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が14日、2019年9月中間連結決算を発表し、大手銀行5グループの業績が出そろった。三井住友トラスト・ホールディングスを除く4社が減益となった。日銀の超低金利政策で貸出金から得る収益が細り、米中貿易摩擦による市場の先行き不透明感も逆風となった。経費削減が反転の鍵
カテゴリー:

三菱UFJ、三井住友が減益 投資商品の販売振るわず 19年9月中間 - 11月14日(木)20:15 

 三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行3グループは13日、2019年9月中間連結決算を発表した。三菱UFJと三井住友フィナンシャルグループの2社が前年同期比で最終(当期)利益を減らした。米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資商品の販売が振るわなかった。
カテゴリー:

アングル:在任歴代最長へ、アベノミクスの成績は - 11月18日(月)16:16 

20日に首相在任期間が歴代最長となる安倍晋三首相だが、経済運営では試練に直面している。米中貿易摩擦で世界経済の経済が減速する中、2019年7─9月実質国内総生産(GDP)の成長率は前期比0.1%増(年率換算0.2%増)とほぼ横ばいにとどまった。10─12月期は10月の消費税率引き上げ直前の駆け込み需要の反動に加え、台風などの被害の影響もあり、マイナス成長は避けられない見通しだ。
カテゴリー:

楽天カードマンになりたいのに審査落ちた・・・・ 銀行口座も審査で作れなかったし俺なんも悪いことしてないのにふざけんな! - 11月15日(金)22:46  poverty

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12274-466898/ 大手5銀行中間決算、4社が最終減益、低金利で収益力低下、投資信託なども振るわず 大手銀行5グループの令和元年9月中間連結決算が14日、出そろった。最終利益は合計で、前年同期比10・8%減の1兆5125億円だった。三井住友トラスト・ホールディングス(HD)を除く4社が最終減益となった。 超低金利の長期化による利ざや(貸出金利と預金金利の差)の縮小に加え、米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資信託などの販売低迷も利益を押し...
»続きを読む
カテゴリー:

関電化---通期計画の上方修正が評価される - 最新株式ニュース - 11月15日(金)12:47 

<4047>  関電化  1090  +123しっかり。前日に第2四半期決算を発表している。営業利益は前年同期比18.8%減の40.31億円だったが、通期計画の上方修正が評価されている。米中貿易摩擦及び日韓関係の緊張が今後の業績に及ぼす影響は依然として不透明ではあるものの、今期の業績への影響は足元の受注状況等から限定的であると判断した。
カテゴリー:

【賞与】大手企業の冬のボーナス、過去最高更新 96万円 建設は172万円 ★2 - 11月14日(木)22:40  newsplus

 経団連は14日、大手企業の年末のボーナス(賞与・一時金)妥結額の第1回集計を発表した。回答した12業種82社の平均は前年冬から1・49%増の96万4543円だった。第1回集計としては2年連続で過去最高を更新し、5年連続で90万円を超えた。  業種別では、建設が1・81%増の172万3818円で最も多かった。東京五輪・パラリンピックに向けた建設需要の高まりが影響したとみられる。  次いで自動車が2・31%増の102万3057円で、造船が4・09%増の92万3円と続いた。  第1回集計は、...
»続きを読む
カテゴリー:

大手5銀行中間決算、4社が最終減益、低金利の長期化で収益力低下 - 11月14日(木)18:21 

 大手銀行5グループの令和元年9月中間連結決算が14日、出そろった。最終利益は合計で、前年同期比 10・8%減の1兆5125億円だった。三井住友トラスト・ホールディングス(HD)を除く4社が最終減益となった。超低金利の長期化による利ざや(貸出金利と預金金利の差)の縮小に加え、米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資信託などの販売低迷も利益を押し下げた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米中貿易摩擦」の画像

もっと見る

「米中貿易摩擦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる