「米中貿易摩擦」とは?

関連ニュース

焦点:米中貿易摩擦が曇らす米小型株の「回復シナリオ」 - 05月20日(月)18:33 

深刻化する米中貿易摩擦によって、米国の小型株は大型株を上回る株価下落に苦しんでおり、経済成長の見通しが改善しなければ、年後半の先行きはさらに厳しくなる恐れがある。
カテゴリー:

GoogleのHuawei向けサポートが停止すると何が変わるのか? 発売済み端末への影響は?(本田雅一) - Engadget 日本版 - 05月20日(月)16:08 

GoogleのHuawei向けサポートが停止すると何が変わるのか? 発売済み端末への影響は?(本田雅一) - Engadget 日本版米中貿易摩擦の影響や、米トランプ政権の保護主義的方針などもあり、国家安全保障を脅かす存在として名指しされてきたHuawei。先週、米政府は事実上、Huaweiを標的とした大統領令に署名し、米国籍の企業に取引を禁ずる企業のリストへHuaweiを入れました。 この行政命令を元に、米ロイターが5月19日、GoogleはHuawei向け...
カテゴリー:

【経済】GDP 2期連続プラスも国内需要はふるわず 輸入の大幅な減少が、計算上、成長率を押し上げ★2 - 05月20日(月)12:08  newsplus

GDP 2期連続プラスも国内需要はふるわず NHK 2019年5月20日 8時53分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922061000.html ことし1月から3月までのGDP=国内総生産は、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.5%、年率に換算してプラス2.1%と2期連続のプラス成長でした。輸入の大幅な減少が、計算上、成長率を押し上げましたが、設備投資と個人消費はマイナスとなり、国内需要はふるいませんでした。 内閣府が発表したことし1月から3月までのGDPの速報値は、物価の変動を除い...
»続きを読む
カテゴリー:

【内閣府】20日発表 1~3月期GDP、年率2.1%増 公共投資など寄与 - 05月20日(月)09:10  newsplus

1~3月期GDP、年率2.1%増 公共投資など寄与 内閣府が20日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.5%増、年率換算では2.1%増だった。2四半期連続のプラス成長となった。10~12月期は年率換算で1.6%増だった。住宅投資や公共投資の増加がプラス成長に寄与した。QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.1%減で、年率では0.3%減だった。 生活実感に近い名目GDPは前期比0.8%増、年率では3.3%増だった。名目でも2四半期連続のプラスになった。 実質GDPの内訳は、内需が0.1%分のプラス、外...
»続きを読む
カテゴリー:

小売りが決算発表、米中貿易摩擦の影響に注目=今週の米株式市場 - 05月20日(月)07:01 

20日に始まる週の米国株式市場は、ホーム・デポ、ノードストローム、コールズ、ターゲットなど小売り企業が決算発表を予定しているが、米中貿易摩擦の影響が注目されそうだ。
カテゴリー:

東証続伸、令和で初 米中貿易摩擦で伸び悩む - 05月20日(月)17:17 

 週明け20日の東京株式市場は、円安進行が買い材料となって、日経平均株価(225種)は続伸した。令和に入っての続伸は初めて。終値は前週末比51円64銭高の2万1301円73銭。上げ幅は一時180円に迫ったが、その後は米中貿易摩擦の先行き懸念から売りが出て、伸び悩んだ。
カテゴリー:

【米中貿易戦争】中国ネットに「米中貿易戦争が停戦した!」“流言”が流れる 中国、火消しに躍起 - 05月20日(月)15:31  newsplus

米中貿易戦争巡りネットに流言 中国、火消しに躍起  【北京共同】米中貿易摩擦が激化する中、中国のインターネット上で20日までに「米中貿易戦争が停戦した」といった“流言”が流れ、対米徹底抗戦で世論統一を図る当局や、動揺の広がりを防ぎたい企業側が火消しに躍起となっている。  中国メディアによると、20日朝に複数の情報サイトで「貿易戦争が停戦!」という“速報”が流れた。  国営通信の新華社が配信元とされた。  しかし、すぐに各メディアは「2018年5月の古いニュースだった」と報道。  新華社は声明を出し「新華...
»続きを読む
カテゴリー:

【10%増税へ】1~3月GDP、年率2.1%増 公共投資など寄与 - 05月20日(月)09:20  seijinewsplus

内閣府が20日発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.5%増、年率換算では2.1%増だった。2四半期連続のプラス成長となった。10~12月期は年率換算で1.6%増だった。住宅投資や公共投資の増加がプラス成長に寄与した。QUICKが集計した民間予測の中央値は前期比0.1%減で、年率では0.3%減だった。 生活実感に近い名目GDPは前期比0.8%増、年率では3.3%増だった。名目でも2四半期連続のプラスになった。 実質GDPの内訳は、内需が0.1%分のプラス、外需の寄与度は0.4%分のプラスだった。 項目別に...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 政府、氷河期世代の支援開始へ みずほ総研「10年遅かった」 - 05月20日(月)07:34  poverty

今後も多くのフリーターや無業者を抱え続ければ、高齢の貧困者や生活保護受給者が急増する恐れがある。 総合研究開発機構(NIRA)の試算では、氷河期世代のフリーターや無業者が高齢化して生活保護を受けるようになった場合、追加で必要な給付額は累計20兆円にのぼるという。 こうした不安から政府は氷河期世代の就労支援に動く。 ハローワークや大学、職業訓練機関、経済団体が一体となって支援する仕組みを探り、今夏にまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に盛り込む。 ようやく腰を上げた政府に対して「氷河...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】ファーウェイ「今年は良い成長ない」 米が輸出規制発動 - 05月19日(日)07:28  bizplus

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の任正非(レンチョンフェイ)最高経営責任者(CEO)が18日、深?市の本社で日本のメディアなどと会見した。米トランプ政権が17日に発動した同社への輸出規制について、「大きな影響ではないが、それほどよい成長にもならない」と述べ、業績への影響はあるものの限定的だとの見方を示した。  輸出規制について、任氏は「ファーウェイは法律を犯していない」と反論した。米国からスマートフォンなどの高性能部品が調達できなくなるが、生産への具体的な影響については明言を避け...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「米中貿易摩擦」の画像

もっと見る

「米中貿易摩擦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる