「米中貿易戦争」とは?

関連ニュース

大手夏のボーナス2.17%減 90万1147円 2年連続減は20年ぶり 冬はさらに… - 08月05日(水)19:02 

 経団連は5日、大企業の今夏の賞与・一時金(ボーナス)の最終集計を発表した。製造業と非製造業を合わせた組合員の総平均は、前年夏比2・17%減の90万1147円だった。製造・非製造ともに2年連続で減額になったのは、金融危機を受けた1999、2000年以来。米中貿易戦争の激化や、新型コロナウイルスの感染
カテゴリー:

春闘の大手賃上げ率2.12% 経団連最終集計 コロナ影響は来春反映へ - 08月03日(月)20:36 

 経団連は3日、2020年春闘の最終集計を公表した。大手企業の定期昇給と、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は前年比で0・31ポイント下落し、2・12%となった。引き上げ額は1104円減の7096円。7年連続で「2%超、7000円以上」を達成したが、米中貿易戦争の影響などで急速
カテゴリー:

米中対立激化で一気に進む開戦シナリオ。その時日本はどうする? - 07月29日(水)17:07 

米中で互いの総領事館が閉鎖される事態となり、両国の関係悪化は一段と深刻さを増しています。ここへきて急速に対立が先鋭化してきた2つの大国。これからどのようなシナリオが待ち受けているのでしょうか。元国連紛争調停官で国際交渉人の島田久仁彦さんは、自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、さまざまなケースをシミュレーション。世界を巻き込むことになる米中の対立を危惧しています。国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ 米中対立─Point of No Return?! このところ米中対立の激化が止まりません。これまでは、米中貿易戦争に代表されるような経済的な権益を争う“新”覇権国同士の争いや、南シナ海における制海権を争う安全保障上の利権争いというように、リーダー間の協議を通して改善可能なレベルでしたが、ここにきてアメリカにおける対中批判がついに共産党そのものへの批判を行う“政治的な戦争”にエスカレートしているようです。 中国もアメリカから矢継ぎ早に出される批判に対して直接的に応じ反抗していますが、北京の複数の情報筋によると『アメリカからの批判はすべて言いがかりであるが、正直なところどう対処していいか非常に困惑している』ようです。 とはいえ、南シナ海におけ...more
カテゴリー:

日米中の関係はなぜ複雑になったのか?アパレルの視点で読み解く - 07月22日(水)19:06 

日本とアメリカは同盟国ですが、経済分野においては貿易摩擦の問題があり、それぞれが中国との関係を強化する一因になっていました。中国はそんな日米両国を利用し、経済発展を果たしましたが、日米それぞれが中国に近づくきっかけにもなった日米繊維交渉以来の流れをファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、自身のメルマガ『j-fashion journal』で振り返ります。そしていま、中国による香港国家安全維持法の制定施行や海洋進出の動きにより、変化の見える3ヶ国の関係を紐解きます。 日・米・中の複雑な関係 1.日本企業は中国と付き合うべからず 米中貿易戦争が始まり、コロナ禍とマスク問題があり、中国の人権問題が明るみに出て、香港国家安全維持法による民主化デモ弾圧が起きた。米国は中国への経済制裁や金融制裁を強めている。一方、台湾はコロナウイルス防疫でも見事な対応を見せ、日本に対する支援も行った。中国で提唱する一国二制度を拒否し、独立の姿勢を示し、米国も台湾をバックアップしている。 日本にとって米国は同盟国、中国は反日教育を行い、尖閣諸島の海域で挑発行動を繰り返す反日国、台湾は親日国というレッテルが貼られた。こうなると、なぜ、日本企業は中国と離れないのだ。中国に依存することは悪だという論調が目立つようになった。しかし、実際にはもっと複雑な状況である。親日・反日二元論の前に歴史を振り返ってみたい...more
カテゴリー:

【重要ニュースまとめ(7/16~7/31)】Twitterハッキング事件をブロックチェーンで追跡。米国では銀行がついに暗号資産市場に参入 - 08月05日(水)11:34 

今回は、7月後半(7月16日〜7月31日)の暗号資産・ブロックチェーン業界の重要ニュースの振り返りについて、田上智裕氏(@tomohiro_tagami)から寄稿していただいたコラムをご紹介します。 目次 MUFGがブロックチェーンによる独自通貨を発行 Twitterの大規模ハッキング事件に暗号資産を使用 日本銀行がCBDC専門組織を立ち上げ 米国の銀行、暗号資産市場に参入へ イーサリアム2.0のローンチが現実的に Synthetix Foundationが“予定通り”解散を発表 まとめ・著者の考察 7月後半(7月16日〜7月31日)の暗号資産・ブロックチェーン業界は、7月前半に続き日本銀行によるCBDCへの取り組みが度々報じられました。また、米国の銀行による暗号資産市場への参入状況が伺えたり、イーサリアム2.0のローンチが現実味を帯びてきたりといった明るいニュースも多数出ています。本記事では、7月後半の重要ニュースを解説と共におさらいしていきます。 MUFGがブロックチェーンによる独自通貨を発行 2017年に「MUFGコイン」の発行計画を公表し話題となった三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が、独自のデジタル通貨「coin(コイン)」を2020年度内に発行する方針を明らかにしました。なお、coinはブロックチェーンを使って発行されます。 今回発行が予定されているco...more
カテゴリー:

市場もネットも米中が二分。動き出せない日本を待つ暗すぎる明日 - 07月30日(木)18:04 

世界がコロナ禍に喘ぐ中にあって、覇権を手中に収めようと虎視眈々の中国。もちろんアメリカも黙っているはずがなく、サプライチェーンからの中国企業の排除に向けた動きを加速させています。米中に二分されつつある今この時、日本は何を羅針盤とし、どこに向け舵を切るべきなのでしょうか。今回のメルマガ『j-fashion journal』ではファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さんが、岐路に立つ日本が進むべき方向について考察しています。 米中がインターネットと世界市場を二分する時代へ みなさん、こんにちは。米中貿易戦争は、米中人権戦争になり、米中5G戦争になろうとしています。そして、世界のコロナ禍は全く収まりません。1週間で目まぐるしく状況は変わっていきます。しかし、日本のマスコミは世界の動きを伝えず、内向きです。 もし、日本企業の経営者が何も考えずに、コロナ禍が収まるのを待っているだけなら、日本の将来は暗いと思います。しかし、もし、大きな可能性に賭けるという思いがあれば、中国を凌駕できるかもしれません。 1.中共の5Gと監視パッケージ 次世代通信網の5Gは、通信性能がPREMIUM 4Gの約20倍に高速化され、同時接続端末数は約10倍になり、通信の遅延はほとんどなくなるという。ドコモが紹介する5Gがある未来はこんなイメージだ(「第5世代移動体通信システム「5G」が創る近未来」)。 ショベル...more
カテゴリー:

アメリカが習近平の敬称を「国家主席」ではなく「総書記」と呼ぶようになっている その理由は…… - 07月25日(土)14:02  news

ここ最近、アメリカの高官が習近平の敬称を「習近平国家主席(president)」ではなく「習近平総書記(General Secretary)」と 呼ぶ頻度が増えている。 米中貿易戦争、香港国家保安法、ウイグル族に対する人権問題、南シナ海領有権紛争などとともに、 先日はテキサス州ヒューストン中国総領事館の閉鎖などで葛藤が高まっており、それらと全く無関係ではないという。 香港のサウスチャイナモーニングポストはこの異変に気づき「米国の高官が習近平を“主席”の代わりに“総書記”に変更して呼んでいる」と 分析した。 敬称の呼称の...
»続きを読む
カテゴリー:

「米中貿易戦争」の画像

もっと見る

「米中貿易戦争」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる