「米中貿易戦争」とは?

関連ニュース

GSOMIA破棄目前。文在寅の反日政策が「日本に有利」という皮肉 - 11月19日(火)04:45 

米国の再三の「再考要求」にもかかわらず、GSOMIAの破棄に向けてひた走る文在寅大統領。その先には「脱日米、北朝鮮主導の朝鮮半島統一」があるとされていますが、隣国がもたらす混乱は日本にどのような影響を与えるのでしょうか。今回のメルマガ『国際戦略コラム有料版』では著者の津田慶治さんが、マイナス要素が強調される一連の動きを「日本の大チャンス」としその判断理由を記すとともに、日本が今すぐ取り組むべき「課題」を列挙しています。 韓国問題を考える 韓国の文政権は、23日に迫るGSOMIA破棄撤回をしないと米国防長官に表明した。韓国は米国の反対を押し切り、北朝鮮主導の朝鮮統一に向かう。何が起きるのか、今後を検討しよう。 米国株価 NYダウは、とうとう11月15日に222ドル高で史上最高値28,004ドルと28,000ドル台に乗せた。PERは18倍台に乗せて、非常に割高な水準になっている。 その理由は、1つに10月アメリカ小売売上高は、前月比+0.3%と好調な消費者性向があるし、もう1つが、トランプ大統領は、弾劾調査で不利な状況になっているので、株高を進めて、不利な状況を覆したいようで、このため、米中通商協議が、うまくいっているとクドローNEC議長に言わせている。 しかし、トランプ大統領が中国に求めていた500億ドルの農産物購入の取引条件として、すべての関税の撤廃を中国が求めたが、トランプ大統領...more
カテゴリー:

【悲報】 中国 半年で504万社が倒産 - 11月14日(木)13:45  poverty

2019.10.30 中国経済危機、半年で倒産件数504万社に  米中貿易戦争に臨む米国は、「経済繁栄よりも国家安全保障を最優先させる」と不退転の決意である。 その一端は、2回にわたるマイク・ペンス副大統領の演説で露呈している。   貿易戦争を超えて、国防権限法、並びに付随した諸法律、さらには非常事態宣言により、 中国の経済、金融、そして軍事力の拡大阻止という「総合戦」に移行した。 まず、枢要部品の輸出禁止は効果的だった。 インテルがZTE(中興通訊)への半導体供給をやめた途端、同社は倒産しかけた。 米国が...
»続きを読む
カテゴリー:

「ブラジルのトランプ」がいつの間にか中国を批判しなくなった理由 - 11月13日(水)18:34 

 新興5カ国(BRICS)首脳による一連の会議(13、14日)のため習近平・中国国家主席ら各国首脳が12日、ブラジルの首都ブラジリアに到着した。ブラジルは主要農作物の大豆輸出が好調で、米中貿易戦争の「漁夫の利」を得る形となっている。極右のボルソナロ大統領は、貿易や投資の促進を狙い、習氏と両国関係の強
カテゴリー:

仮想通貨ビットコインと金の相関関係が急降下 "安全資産”説に深い疑義【ニュース】 - 11月13日(水)07:25 

今年5月頃には米中貿易戦争が激化する中で安全資産として「デジタルゴールド」ビットコインが買われているという説がもてはやされた。しかし、コインメトリックスによると、とりわけ最近、データ的にビットコイン安全説が一貫性のない主張であることが分かった。
カテゴリー:

明暗くっきり日本株、上方修正幅&下方修正幅が大きい14社--来期回復に期待 - 11月12日(火)10:06 

9月中間決算の発表が終盤に入っている。これまでの発表を総括すると、米中貿易戦争の影響により中国を中心に世界景気が減速した影響を受け、製造業(自動車・設備投資関連株)の業績悪化が目立つ。
カテゴリー:

SONGWON Industrial Groupが2019年第3四半期の決算を発表 - 11月14日(木)14:00 

・ 第3四半期の総売上高は2,083億8,800万韓国ウォン・ 純利益は73億200万韓国ウォン・ 売上総利益率は19.7%ウルサン・韓国 - 2019年11月14日 - SONGWON Industrial Groupは、本日、2019年第3四半期の決算を公開しました。2019年第3四半期のグループ総売上高は、2,083億8,800万韓国ウォンを達成し、前年同四半期の売上高(2,044億300万韓国ウォン)に比べ1.9%の収益増を記録しました。一方、第3四半期のグループ売上総利益率は19.7%まで下降したと報告されています。2018年9月の年度累計連結売上高(5,927億1,600万韓国ウォン)に比べ、SONGWONの2019年9月の年度累計連結売上高(6,172億7,200万韓国ウォン)は4.1%増、純利益は12%(289億500万韓国ウォン)減少しました。グローバル市場は先が見えない状態が続いていますが、グループの報告によれば、全体的な需要は良好な水準を維持しており、組織の期待にも沿っている模様です。とりわけ、今四半期の最初の2か月間、SONGWONのインダストリアルケミカルズ部門は好調な業績を残しましたが、最終月には失速しました。第3四半期を通じて、SONGWONのパフォーマンスケミカルズ部門は、強い値下げの圧力、韓国の大型連休、韓国ウォン安傾向、海外からの原材料調達需要を...more
カテゴリー:

香港デモや米中貿易戦争は序の口。習近平を追いつめる貿易法改正 - 11月13日(水)20:39 

GDPで世界第2位となった後、一旦は通信やAIの世界首位も射程にとらえた中国に、米中貿易戦争や香港デモなどで急ブレーキがかかったことは明白と言えますが、国内外からの反発はそれだけではないようです。数々のメディアで活躍中の嶌信彦さんは今回、自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』で、中国が強硬に推し進める数々の政策と、それらに対する各国の反応を紹介。さらに中国の「強硬路線」の今後についても言及しています。 強硬路線変えない習近平政権 香港市民の反発に習近平政権は、少したじろいだかにみえる。 香港市民で犯罪を起こした人物を中国本土に送り裁判にかける、という香港行政府の発表した「逃亡犯引き渡し」条例は市民の大デモの反発に遭い、香港政府が遂に引っ込めた。このところ強硬路線で中国を引っ張ってきた習政権にとっては珍しい妥協的対応だった。ただ建国70周年を祝った今年の軍事パレードでは数十万人の軍と民衆を動員して過去最大級の規模で盛り上げ、習氏は「中国は70年で世界が目を見張る偉大な成果を成し遂げた。建国100周年には世界一流の軍隊を建設しアメリカに匹敵する大国を築く」と演説、共産党を核とした“中国の夢”を追い求め続けている。 中国は2010年にGDPで日本を抜き世界第2位となった。1950年代は300億ドル(約3兆2,400億円)程度だった中国のGDPは、2018年に400倍以上...more
カテゴリー:

米中通商合意、トランプ氏「第1段階に近づき、まもなく実現」 - 11月13日(水)10:17 

 トランプ米大統領は12日、ニューヨークで開かれた経済団体のイベントで講演し、米中貿易戦争収束に向けた通商合意について「我々は重要な第1段階の合意に近づいており、まもなく実現する可能性がある」と述べた。ただ、合意に至らなければ「対中関税を大幅に引き上げるだろう」と改めて中国側をけん制した。
カテゴリー:

世界にデフレ輸出する中国の工場-米中貿易戦争の.. - 11月12日(火)17:48 

世界にデフレ輸出する中国の工場-米中貿易戦争の緊張高める恐れも
カテゴリー:

世界にデフレ輸出する中国の工場-米中貿易戦争の.. - 11月12日(火)07:47 

世界にデフレ輸出する中国の工場-米中貿易戦争の緊張高める恐れも
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米中貿易戦争」の画像

もっと見る

「米中貿易戦争」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる