「米中貿易戦」とは?

関連ニュース

常に中国の逆を行け!スーパー数量政策学者と無敵のチャイナ通が崩壊国家の哀れな末路を書籍初顔合わせで大激論!!『髙橋洋一&石平のデータとファクトで読み解くざんねんな中国』 - 12月12日(木)10:00 

株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『髙橋洋一&石平のデータとファクトで読み解く ざんねんな中国』を2019年11月18日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。◆習近平は頭が悪いのに自分が全知全能だと信じている――石平時価会計を導入したら、中国の不動産バブルは即弾ける――髙橋洋一★香港問題の行く末 ☆数値と統計のからくり ★日本経済の未来像 ☆米中貿易戦争の内情 ★朝鮮半島とのかかわり ☆不動産バブル問題などなど、中国の知られざる現状と未来像を、髙橋洋一氏と石平氏が初の徹底激論。メディアが絶対に伝えない隣国の真実がわかる1冊の登場です。<本書の内容>第1章 米中貿易戦争の裏側で起きていること第2章 中国の実力を検分する第3章 粉飾の大国第4章 異形の国の不動産バブルと国際ルール第5章 香港は中国の支店になった第6章 台湾を守れ! 韓国は見放せ!第7章 中国の本質第8章 日本経済に浮上の目はあるのか?高橋洋一(たかはし よういち):株式会社政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授。1955年、東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。80年に大蔵省(現・財務省)入省。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年、『さらば財務省』(講談社)で第17回山本七平賞受賞。『「日経新聞」に...more
カテゴリー:

PPI大幅低下、世界の“デフレ工場”中国 過剰供給のツケが再び拡散か - 12月11日(水)07:05 

 中国の工場が世界中の物価を再び押し下げようとしている。ほぼ30年ぶりの低成長とエネルギー価格の下落で中国の生産者物価指数(PPI)は7~10月まで4カ月連続で前年の水準を割り込み、10月の下げ幅は2016年以来で最大となった。海外の消費者にとって中国製品が安くなるのは朗報だが、世界各地の企業が利益を上げるために中国勢に対抗しなければならない。世界中で物価が下落し続ける事態を招く危険もはらんでおり、米中貿易戦争の緊張が一段と高まる可能性もある。
カテゴリー:

【中国経済】アナリストがズバリ回答「中国バブル、崩壊する?」 ★2 - 12月10日(火)17:29  newsplus

今日のポイント 摩訶不思議な中国GDP:景気実態はかなり悪いのに「6%成長」? 2007年以降の中国の景気実態を振り返り 李克強指数、生産者物価指数に見る中国の実態 2つの顔を持つ中国 中国バブルは崩壊するか?  これら5点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。  読者の方から「中国バブルはいつ崩壊する?」という質問を受けた。今回は、中国景気の現状および先行きについて筆者なりにお答えする。世界景気および日本株に大きな影響を及ぼす中国経済の現状からは目が離せな...
»続きを読む
カテゴリー:

中国、3年以内に政府機関から海外製コンピュータおよびソフトウェアを締め出しへ - 12月10日(火)15:23 

中国政府が、公的機関や政府機関から海外製のコンピュータやソフトウェアを締め出す方針を固めたと報じられている(日経新聞)。 ただ、置き換えの期限は3年以内とされているが、対象とされる機関では数千万台の海外製ハードウェアが動作しているとも推測されており、完全な置き換えが可能なのかどうか疑問の声も出ている。 すべて読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | IT | アメリカ合衆国 | 中国 | 関連ストーリー: 中国・兆芯が新たなx86互換CPUを開発、IntelやAMDのCPUに匹敵する性能? 2017年03月22日 中国企業によるDDR4 DRAM生産、遅くとも来年には量産開始へ? 2019年09月27日 米中貿易戦争の影響で躍進する中国のオープンソースデータベース開発企業 2019年06月28日 Huawei、エンティティリスト入りの逆風にもかかわらず66%もの成長 2019年11月06日 中国、10月までに国産OSをリリースへ? 2014年08月26日 Huaweの最新スマホ「 Mate 30」シリーズでは米国製部品が使われていない 2019年12月04日
カテゴリー:

中国大崩壊へ。安易な「仮想通貨支配」が失敗に終わる当然の理由 - 12月10日(火)05:00 

今年10月末、仮想通貨技術を中国がリードすると発言し、「仮想通貨の父」とまで呼ばれ始めた習近平国家主席でしたが、1ヶ月も経たないうちに取り締まりに転じ、中国国内で混乱が生じています。突然の方向転換の裏にはどんな事情があるのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんがメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、その背景を探っています。 ※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年12月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 【中国】中国の仮想通貨支配は自己過信して自滅するパターン ● 中国の仮想通貨交換業者に早くも影響、最近の業界取り締まりで 中国政府は、仮想通貨の取締りを強化しており、最近、国内の仮想通貨交換業者の少なくとも5つが、営業を停止したか、国内利用者へのサービス提供をやめると発表したそうです。 中国の取締り強化によって、処分対象となる可能性が噂されてい...more
カテゴリー:

中国 国有企業のデフォルト相次ぐ過去最多 でも大丈夫なんだろ - 12月11日(水)07:34  news

[上海/香港 9日 ロイター] - 中国の内モンゴル自治区の国有企業が私募方式で発行した約10億元 (約1億4210万ドル)の債券の一部が先週末、デフォルト(債務不履行)に陥った。中国地方政府では 国有企業のデフォルトが相次いでおり、景気が減速する中で連鎖リスクが懸念されている。 フフホト市政府が所有するフフホト経済技術開発区の投資会社は9日、返済期限が6日に過ぎた債務の 返済手続きを進めていると発表した。 格付け会社ムーディーズによると、中国の地方政府は2018年時点で7兆6000億元の財政...
»続きを読む
カテゴリー:

【高論卓説】米中対立…アメリカの究極目的は中国共産党の壊滅? 日本の役割は - 12月11日(水)05:00 

 昨年3月に始まった追加関税を相互に引き上げる米中貿易戦争は、徐々にエスカレートして同10月のペンス副大統領演説により、アメリカは中国との対決姿勢を明確にした。またアメリカは昨年末に華為技術(ファーウェイ)の副会長をカナダで拘束し、アメリカで裁判にかけるという動きをする一方、今年に入りファーウェイ製品の禁輸を決めて、これを同盟国にも呼び掛け、貿易戦争は、ハイテク分野の覇権争いに発展している。
カテゴリー:

桜を見る会の裏で…どこがWinWin?不満だらけの日米貿易交渉 - 12月10日(火)16:54 

「桜を見る会」の話題ばかりに終始した印象がある臨時国会が、9日閉幕した。野党側が会期の延長を求めるものの、与党は拒否。疑惑は何ら解明されていない。そんな中、政府が最優先課題に掲げていた日米貿易協定が、与党などの賛成多数で承認された。あまり大きく報じられていないが、実は日本にとってとても大きな意味を持っている。 毎日新聞によると、「米国産牛肉で現行38・5%の関税を段階的に9%、豚肉は低価格品の関税を1キロあたり482円から段階的に50円までそれぞれ引き下げる」とし、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)並みの水準に段階的に引き下げられるという。 政府・与党が今国会の最重要課題と位置付ける日米貿易協定案が4日午前の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決し、承認されました。https://t.co/xx3vGjtIUv — 毎日新聞 (@mainichi) 2019年12月4日 一方で、日本産の工業品の関税は削減・撤廃されるものの、アメリカは日本車の関税撤廃を見送る形となった。これについて、ネット上では「これが安倍首相のいうウィンウィンの関係ということか?」「日本全部で負けている」など疑問の声が挙がっている。 桜を見る会の裏で行われていた日米貿易協定。米国産の農産物の関税は引き下げ、日本の自動車の関税の引き下げ交渉はこれからという。これが安倍首相のいうウィンウィンの関係という...more
カテゴリー:

【中国経済】アナリストがズバリ回答「中国バブル、崩壊する?」 - 12月10日(火)15:08  newsplus

今日のポイント 摩訶不思議な中国GDP:景気実態はかなり悪いのに「6%成長」? 2007年以降の中国の景気実態を振り返り 李克強指数、生産者物価指数に見る中国の実態 2つの顔を持つ中国 中国バブルは崩壊するか?  これら5点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。  読者の方から「中国バブルはいつ崩壊する?」という質問を受けた。今回は、中国景気の現状および先行きについて筆者なりにお答えする。世界景気および日本株に大きな影響を及ぼす中国経済の現状からは目が離せな...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】対中感情が欧米で悪化、米加は過去最悪(米調査) 「アメリカ人の中国に対する見方はどんどんネガティブになっている」 - 12月09日(月)21:14  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191209-00010007-newsweek-int <最も親中的な国はロシア、中東・アフリカ、中南米にも中国びいきの国が多い>  この10年、中国は政治的にも経済的にも影響力を増してきたが、世界の中国に対する視線は必ずしも好意的ではないことが、 ピュー・リサーチセンターの調査で明らかになった。 調査は34カ国の3万8000人以上を対象に、今年5月13日から10月2日にかけて行われた。 中国を好ましくない国と考えている人の割合(各国の中央値)は41%、好ましい国だと考えている人の割合(同)は4...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米中貿易戦」の画像

もっと見る

「米中貿易戦」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる