「米トランプ政権」とは?

関連ニュース

米トランプ政権のコロナ対策、身内の共和党も不安視 - 02月28日(金)00:05 

米国疾病管理予防センター(CDC)が米国内での感染拡大は避けられないと警告を発する一方で、トランプ大統領は株式市場を気にしている。この状況を、身内である共和党も政府の対応に不満を示す。米国疾病管理予防センター(CDC)は2020年2月25日・・・
カテゴリー:

日米台の安保対話に期待 シュライバー前米国防次官補 - 02月19日(水)20:20 

 【台北=田中靖人】米トランプ政権で昨年末までインド太平洋の安全保障を担当したシュライバー前国防次官補が19日、台北市内で講演し、米台の軍事関係の強化と日米台の安全保障対話に期待を示した。
カテゴリー:

【朝日新聞】安倍長期政権は「時間稼ぎ」世界を覆う権威主義の波 - 02月16日(日)08:59  newsplus

※週末政治 近年、民主主義の危機が盛んに指摘されるようになった。確かに世界を見渡すと民主主義の旗色が悪そうだ。成熟した欧米民主国家では不平等や移民問題を背景に排他的なポピュリズム政党が伸長する一方、経済発展に自信を深める中国など新興国では、独裁的な権威主義が台頭している。国内に目を向けると、政権にとって不都合な公文書の改ざんが露見するなど、民主主義の基盤自体がぐらついている。民主主義は限界を迎えているのか。欧州政治に詳しい吉田徹・北海道大教授の話をもとに現状を整理し、先進国で民主主義が揺らいで...
»続きを読む
カテゴリー:

「がっかりだ」中国政府、新型コロナで米専門家チーム派遣を拒否 - 02月15日(土)23:10  news

sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif 米トランプ政権の国家経済委員会ラリー・クドロー(Larry Kudlow)委員長は2月13日、新型肺炎COVID19が蔓延する中国に、世界保健機関(WHO)調査団の中に米国の専門家たちを組み入れることを拒んだことに「がっかりだ」と述べた。 大統領府で記者団に答えた。 米国は、米国疾病管理予防センター(CDC)の専門家を派遣することを中国に提案していた。「米国で最も聡明な人々を送る計画は、アジール保健長官と大統領がオーバルオフィス(大統領執務室)で会議した結果と推測する」「公衆衛生チー...
»続きを読む
カテゴリー:

米独の情報機関、有力な暗号機メーカーに秘密裏に出資し他国の機密を半世紀ほど収集していた - 02月14日(金)12:08 

Anonymous Coward曰く、多くの国で使われていた暗号化装置を開発していたスイスのCrypto社を米国およびドイツの諜報機関が1970年代に秘密裏に買収、同社の暗号化装置を使った外交公電などの通信内容解読していたことが判明した。同社の暗号装置は2000年代まで120か国以上に販売されており、一時は各国政府の暗号通信の約40%で使われるほどのシェアがあったという(Washington Post、BBC、東京新聞、Slashdot)。実際、これによって1979年のイラン米大使館人質事件時にイラン当局の動きを監視したり、1982年のフォークランド紛争でアルゼンチン軍の機密情報を入手する、といった成果が上がっていたそうだ。ただ、ソ連(現ロシア)や中国、北朝鮮はCrypto社の暗号機器を導入していなかったという。なお、Crypto社の機器が人気だったのは、スイスが精密機器に強いとされており、また永世中立国であることから信頼できるという点も大きかったようだ。 すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 暗号 | アメリカ合衆国 | 関連ストーリー: 米上院議員、AppleやFacebookがバックドアを作らないなら法律で規制すると迫る 2019年12月17日 米トランプ...more
カテゴリー:

米トランプ政権のコロナ対策、身内の共和党も不安視 - 02月28日(金)00:05 

米国疾病管理予防センター(CDC)が米国内での感染拡大は避けられないと警告を発する一方で、トランプ大統領は株式市場を気にしている。この状況を、身内である共和党も政府の対応に不満を示す。米国疾病管理予防センター(CDC)は2020年2月25日、コロナウイルスは米国内でも流行の兆しがあると警告した。「米国内では感染拡大の恐れがないとはもはや言えない状況ですが、問題はいつ起きるかです」と、国立予防接種・呼吸器疾患センターのナンシー・メッソニエ博士はニューヨークタイムズ紙のインタビューに答えている。「米国民の皆さんには、状況は悪化する可能性があるという前提で準備して欲しいと思います」とメッソニエ博士は言う。昨年2019年に中国で発生し、その後アジア、ヨーロッパ、中東へと拡大し続け、現時点で8万人以上が感染し3000人近くが死亡しているとされる現状を見れば、米当局による警告も不思議ではない。しかしコロナウイルスに関するトランプ米大統領の発言からは、そういった危機感は読み取れない。「(コロナウイルス)問題は収束に向かっていると思う」と大統領は、2月25日に滞在先のインドで行った記者会見で述べている。「米国内でコロナウイルスは完全に管理下に置かれている」とトランプ大統領はツイッターでも発言している。「関係する人間や各国とも連絡を取り合っている。CDCとWHOはとてもよくやってくれている。株式市場...more
カテゴリー:

和平案が映さない現実 「もう併合されたようなものさ」 - 02月17日(月)15:30 

 米トランプ政権が1月末、新たな中東和平案を発表した。公表された「地図」をみると、パレスチナ自治区の一部だったヨルダン渓谷が「イスラエル領」になっている。大きな賛否を呼び起こした和平案の注目ポイントだ…
カテゴリー:

米政権、EUへの航空機関税を引き上げへ 対抗措置 - 02月15日(土)23:25 

 米トランプ政権は14日、欧州航空機大手エアバスへの補助金で米ボーイングが受けた損害への対抗措置として欧州連合(EU)にかけてきた追加関税のうち、航空機への関税10%を3月18日から15%に引き上げる…
カテゴリー:

米高官「がっかりだ」中国が米国専門家の招待を拒否 感染情報の不透明さにも苦言 - 02月15日(土)16:00 

米トランプ政権の国家経済委員会ラリー・クドロ委員長は2月13日、新型肺炎COVID19が蔓延する中国に、世界保健機関(WHO)調査団の中に米国の専門家たちを組み入れることを拒んだことに「がっかりだ」と述べた。大統領府で記者団に答えた。
カテゴリー:

イラン・ソレイマニ司令官殺害は自衛行動か 米トランプ政権、揺らぐ説明 - 02月13日(木)06:55 

 米軍がイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官をイラクで殺害したことに関し、同司令官が画策していたとされる攻撃をめぐるトランプ米政権の説明に不信の目が向けられている。政権は「差し迫った脅威があった」とするが具体的な証拠を示しておらず、説明にも揺らぎがみられる。殺害が薄弱な根拠に基づいていたとの見方が強まっていることは、イラク駐留米軍に対する反発にもつながる恐れもある。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米トランプ政権」の画像

もっと見る

「米トランプ政権」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる